生きものの記録<普及版> [DVD]

  • 49人登録
  • 4.19評価
    • (12)
    • (7)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 黒澤明 
出演 : 三船敏郎  三好栄子  清水将夫  千秋実  青山京子 
  • 東宝 (2007年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104044785

生きものの記録<普及版> [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/7/4

  • 黒澤明監督 三船敏郎主演 1955年作品

    原水爆をどうとらえるか?
    地球を破壊することができるほどの 原水爆をニンゲンは
    手にしている。
    広島、長崎についで 1954年 第5福竜丸事件が起こった。
    その事件の1年後にこの作品は製作されている。

    ニンゲンを破壊尽くす 原爆
    そのことを考えると いてもたってもおられない
    鉄工所で成功した 中島喜一(三船敏郎)は、
    原爆の影響の少ない 南米への移住を真剣に考える。
    この老経営者、老人役をやっている三船敏郎は 
    35歳という若さだったというから、驚く。
    服からはだけた胸は肋骨が浮かび上がり
    歩き方やそのたち住まいはまさに老人である。
    三船敏郎 ここまでやるのかぁ と感心する。

    家族から猛反対を受けても、その考えを変えることはしない
    裁判所まで提訴され・・・
    そのことを街の歯医者である 志村喬は、
    裁判所の委託を受けて調停委員をしている。
    志村喬も 次第次第に 原爆について考えるようになる。

    原爆という題材を 狂気のような熱心さで 周りを引っ張っていく
    そして 
    三船敏郎は言う
    『死ぬのはしょうがないが 殺されるのはいやだ。』
    原爆への恐れ 家族、そして自分の血縁への想い
    それが、噴出する・・・
    そして、自分の鉄工所を放火さえして、
    南米へ移住を決心させようとする・・・

    三船敏郎の中で 原爆の恐れが どんどん膨らんでいく・・・

    提起されている問題は大きい
    いつの間にか 「核の脅威やおそれ」よりも、
    それは、北朝鮮の問題だけになっている・・・・
    「地球温暖化」が大きな話題になっていることに・・・
    時代がどこで変化したのだろう
    と考えた。

    核兵器が 小型化しているというのも
    戦略の大きな変化なのだろう

  • 放射能汚染の恐怖を、恐怖から目を背ける人々へ突き付けた野心作です。
    この映画は1954年の第5福竜丸被爆事件をきっかけに製作されました。
    放射能被爆に揺れる今年、終戦も意識しましたが、リアルに重く迫る作品でした。

    ワンマン経営者・中島喜一は、繰り返される核実験のニュースに命の危機を感じ
    家財を売り払い、一族郎党を引き連れての南米避難計画を進めます。
    しかし今の生活を変えたくない家族は家裁に申し立て親父の財産を差押えてしまいます。
    新聞は、今日もどこかで核実験が行われていることを伝えます。
    親父は心配で心配でしょうがありませんが、経済力を失い、最早どうもできません。
    「頼むからワシと一緒に逃げてくれ」
    家族を救いたい一心で、遂に土下座して懇願しますが、応えるものはいません。

    見えている危機から逃げようとしない家族を、必死に説得するが受け入れられず、
    見る見る憔悴していく親父は、遂に精神的に参ってしまいます。
    でも狂っているのはどちらなのでしょう。

    日本人は体制批判を好みません。インテリもマスコミも体制寄りです。
    多くの人が、自分は大丈夫、危機が及ばないと思っています。
    果たしてそうでしょうか。

    残念ながら、公開当時、興行的には失敗したそうです。
    今なら公開自体出来るでしょうか。
    体制の意見も、体制批判の意見も皆で「考える」。
    これが大切です。
    それが太平洋戦争に突入し、多くの家族・仲間を殺された教訓を活かすという事でしょう。
    (110817鑑賞)

  • 1955年。原水爆と放射能に対して強い恐怖を抱く主人公。
    この60年間は、映画の中同様、誇大妄想と一笑に付され、黒澤の訴えもあまり効果もなく、この映画さえあまりおもしろくない。
    特殊メイクと演技力で黒澤組役者を使い回ししているのも、予算の関係だろうか。
    映画監督というより、舞台の演出家という感じがする。
    それにしても、2011年の福島原発事故を受けて、再び三船敏郎扮する主人公の思いが現実味を帯びてくる・・・・。

  • 水爆に対する不安に駆られ狂人と化した老人を通じて、核で溢れた世界に生きるということについて問う作品。個人の力ではどうにもならないことを心配するのはナンセンスにも思えるが、不安について考えずに、忘れて生活することが当たり前という状況こそが異常なのではないかと問いかける。

  • 黒澤作品の現代劇。
    痛烈な核兵器批判をした傑作。

    工場経営者(三船)が、
    核兵器の恐怖に怯え、
    狂人となる様が描かれていく。

    果たして、
    狂っているのは、
    彼だろうか、世の中だろうか。

    ラストの
    静かな狂気を描いた
    緊張感ある演出。

    震える作品。
    さすが、黒澤。
    やっぱ、5つ星。

    以下↓ウィキペディアより抜粋。

    歯科医の原田は家庭裁判所の調停委員をやっている。
    彼はある日変わった事件を担当した。
    鋳物工場を経営している中島喜一は核兵器の脅威から
    逃れるためと称してブラジルに移住を計画し、
    そのために全財産を投げ打とうとしていた。

    喜一の家族は彼を準禁治産者とする申し立てを提出した。
    計画を阻まれた喜一は倒れる。夜半に意識を回復した喜一は工場に放火した。
    精神病院に収容された喜一を原田が見舞いに行くと、喜一は明るい顔をしていた。
    彼は地球を脱出して別の惑星に来たと思っていたのだった。
    病室の窓から太陽を見て彼は原田に「地球が燃えとる」と叫んだ。

全6件中 1 - 6件を表示

生きものの記録<普及版> [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

生きものの記録<普及版> [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

生きものの記録<普及版> [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする