BRICK‐ブリック‐ [DVD]

  • 56人登録
  • 3.05評価
    • (2)
    • (2)
    • (13)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
監督 : ライアン・ジョンソン 
出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィット.エミリー・デ・レイヴィン.ノラ・ゼヘットナー.ルーカス・ハース.ノア・フレイス.マット・オリアリー 
  • video maker(VC/DAS)(D) (2007年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571169961847

BRICK‐ブリック‐ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カルフォルニア探偵物語

  • 今公開している「ルーパー」の監督ということで観てみる。

    一生懸命知恵を絞って考えて作っている映画でした。
    アングル、セリフ、演出など行き当たりばったりではなく
    微に入り細に入り監督の指紋がついている。
    これから世に打って出ようとしている新進気鋭の監督のほとばしる情熱が伝わってきます。

    「荒削り」「若さ・青さ」のようなものが出てしっくりしない場面や
    ちょっとこねくり回し過ぎかなという感も否めないけれど
    随所にセンスの光るカットがあり感心します。

    設定と役者の年齢層のバランスがちょっと単調かな。
    高校で起きてる事件に思えない点や、高校生が挑む問題にしては
    突飛というか恐ろしすぎ。現地アメリカだと説得力もてるのかな?

    若きジョセフ・ゴードン=レヴィットが良い。

  • 若かりし日のジョセフゴードンヴィレット
    音楽がよかった

  • 愛していたけれど、閉じた世界に暮らす恋人・ブレンダンの束縛に耐えられなくなり危ない世界へと離れていったエミリー。そんな彼女からある日、助けを求める電話をもらうが、謎の言葉をつぶやいた翌日彼女は忘れて、と言う。その翌日、変わり果てた状態で見つかり...。犯人は校内や街にはびこる麻薬組織やその客の誰かか付き合ってた男か、ブレンダンは友人の助けを借りて、探り始める。

    オタクっぽいのに、喧嘩がやたら強くて勇気があって肝の据わり方が高校生とは思えない...まるで漫画の主人公みたいなジョゼフ・ゴードン=レヴィットがひたすら格好良いけど、ホント漫画みたい。
    謎解きと、やたらとハードボイルドだけど学園モノなストーリーに映像が綺麗なちょっと暗めの映画だった。

  • 謎解きを前面に押して宣伝されていたようだけど、そうでもない。
    基本、ブレンダンがひとりで解決してゆきますから。

    いい話ではないけれど、なぜか観終わった後スッキリ。

    -----
    謎。

  • ジョセフ主演。暗いのも似合う。

  • 天然ぽい所がときめく。

  • なんちゃって高校生ハードボイルド。
    「エミリーは誰とランチを食べるんだ…!」なんて凄む台詞があるハードボイルドなんて、私は知らないです(笑)
    シリアスなのに、なんか笑えるのはこの監督の持ち味なんだろうか。

    このレヴィットはメガネレヴィット。ガス・ヴァン・サント監督が好みそうな容姿の彼がそこにいました。

  • こういうのをB級映画というのかな。
    主人公のキャラはかなり格好良かったけど、
    全体的にはもっちょい面白くできたんじゃないかなぁ
    という気が。オチもへぇ〜程度でしたので。

    宣伝されているほどサスペンスでもミステリーでもなく、
    日本とは社会的文脈の異なる国での単なる学園ものです。

  • 監督が学生時代に撮ったショートムービーの方が面白かったです。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

BRICK‐ブリック‐ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

BRICK‐ブリック‐ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

BRICK‐ブリック‐ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする