グッド・ウィル・ハンティング [DVD]

  • 189人登録
  • 4.08評価
    • (46)
    • (30)
    • (25)
    • (2)
    • (3)
  • 20レビュー
監督 : ガス・ヴァン・サント 
出演 : ロビン・ウィリアムス  マット・デイモン  ベン・アフレック 
制作 : マット・デイモン  ベン・アフレック 
  • 松竹ホームビデオ (2007年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105054844

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天才が故に苦悩する繊細な青年をマット・デイモンがうまく演じていて好きです。ロビン・ウィリアムズの演技も相変わらず暖かくて大好き。
    地味なんだけどいい映画だよね。

  • 良い話やった

  • マットデイモンの若き日の映画。名作です。
    脚本、主演を兼ねてるっていうのは、見てる側としてはすごく入り込みますね。

    人と深く関わらないように生きてきた青年が、人との出会いを通じて変わっていく話。
    彼が、人前で泣くことができてよかったなと、思った。

  • いい友達、うちも欲しい。

  • すごく好きな映画。ベン・アフレックがよい。友情は近くにいることだけじゃないんだ。

  • 年末に見てよかったな。
    来年へ旅立とう。

  • 考えさせれれた。というより励まされた。
    最近何かと励まされっぱなしです。
    自分も殻を破ってかないとなあ。って思った。
    見終わった後、友達と連絡取りたくなった。
    月並みですが、持つべきものは友。その他はいらん。それは言い過ぎか。でもそんな気分にさせられる映画。

  • いくら天才でもその才能の使い方や、それを認めてくれる人との出会いがないとうまく利用できないのだなと思いました。
    人とのつながりがあらためて大事だと思いました。

  • 天才がせっかくのその才能を無駄にしているのを見るのはつらい。私も「もったいない」と思うタイプの人間だし。そんな私の心にも、何かあたたかいメッセージをくれる作品でした。何を優先するか。本当に人それぞれだもんね。

  • 自分の嫌なところを受け止める。傷つくことを恐れない。素顔の自分を隠さない。そうすれば、道は開ける。

    この映画が伝えたいメッセージと思う。主人公のウィルの心理を読み解いていくアメリカらしい映画。

    一見、欠けていることがないように見えても、それは見せかけ。そう見せようとしているから、他人にもそう見える。自分自身にもそうだまし続けている。しかし、それでは本来ある幸せに気がつくことができない。

    それはもったいないことである。しかし、誰にでもあり、誰にとってもつらいことでもある。それを乗り越えてはじめて、人は成長し、リスクをとり、新しい一歩を踏み出せるようになる。

    この映画は人間の心理を、あらゆる角度・キャラクターから描いている。本心をさらけ出せない自分、本当の自分が見えない、そんな悩みを持つ人に薦めることができる映画である。

全20件中 1 - 10件を表示

ロビン・ウィリアムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]を本棚に登録しているひと

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする