東京物語 [DVD] COS-024

  • 435人登録
  • 4.09評価
    • (86)
    • (78)
    • (51)
    • (6)
    • (1)
  • 89レビュー
監督 : 小津安二郎 
出演 : 笠智衆  東山千栄子  原節子  杉村春子  山村聡 
  • Cosmo Contents (2007年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4582297250444

東京物語 [DVD] COS-024の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小津安二郎監督
    笠智衆、原節子主演の「紀子三部作」の三作目。

    この作品、2012年「映画監督が選ぶベスト10」で堂々の第1位!!

    興行収入や上映期間などの数字などではなく、映画を作る人達から「最高だ!」と言われる評価こそ一番ではないだろうか。

    物語はゆっくり進み、カメラも動かない。ただ、一つ一つのシーンがとても緊張感がある。例えるなら枯山水のような美しさ。そこにジャポニズムを感じるのか…説明しづらい芸術がこの映画にはあるんだと思う。

    そして、家族の関係は時間と共に変化していく人と変わらない人がいて、そのどちらも悪くない、むしろ変わらない人はこれから変わらなければならないんだよ、と背中を押すように形見の時計をもらう。

    原節子の瞳は日本人の奥ゆかしさを表現するかのように、じっと画面からこちらを見つめて動かない。
    それとは対照的に日本の背景…老夫婦が息子家から娘家、さらに熱海へと転々と動く様は、時代は変わっていくのだというように感じさせられる。

    変わらない素晴らしさと、変わる勇気、どちらも尊重しながらどちらにもなれた原節子はとても魅力的で、僕はそんなところに心を打たれた。

  • 素晴らしい!!
    思わず涙がぼろぼろ溢れた。こんな素晴らしい作品が日本から生まれたという事に日本人として誇りに思います。
    美貌も心も美しい原節子さんが演じるふみさんはまさしく美しい日本の化身のようで彼女の台詞や動作を見ているとなんだか自分含め現代の日本女性はこれを学ぶべきだと思った。なんだか申し訳ない気持ちになる。
    日本だなーというゆるい言葉の流れと比例して映画の流れもひじょうに穏やかでゆるい。ゆるい中にたしかな鋭さがあります。とくに台詞。
    本作は印象に残って胸にじーんと響く言葉、台詞が沢山です。
    とくに最後ののりさんが京子さんを説得するときの台詞はすごい。
    あと終わり方にすごく日本を感じました。
    外国の映画だったらのりさんが形見の時計を握りしめてfinで終わるだろうなぁ・・と思いました。わかんないけど洋画ばかり見てた私が、あぁここで終わるのかと思ってしまったところでもあります。

    この作品を機に古い邦画名作も観漁ろうと決意致しました。

  • アマゾンプライムで見たが、昔の日本、昭和20年代後半から30年代の日本であった。両親が年を取り、子供が成長して、徐々に昔の家族がバラバラになっていき、その哀愁と年を取ってからの寂しさが良く出ていた。子供たちも自分の生活が忙しくて、徐々にバラバラに、あるいは、過ぎ行く昔の家族の思い出、名残りが出ていた。おそらく、戦死した次男の妻の紀子、原節子もこのころを境に相手を見つけて、離れていくのだろうと思う。過ぎ行く家族、昔の時代という感じがする。でも、年を取り私もこのような映画好きになってきた。

  • 意外といい話だった。子供たちに看取られる、理想の最期。子供も親孝行の機会が与えられてよかったね。言うほど厄介者扱いしてなくない?子供なりに親に感謝して気遣ってるのに。

  • 1953年公開
    監督 : 小津安二郎
    ==

    尾道から東京に、子ども家族を訪ねてきた老夫婦を取り巻く、家族づきあいの息遣いを描いたお話。

    丁寧で、リアルだなあと。あの、祖父母が家に来たときに距離感わからなくてすねちゃう孫たちの描写とか、すげーなと。わずらわしさと愛おしさと難しさと、そういうものが混然一体のなりつつも、何とかその距離感に折り合いをつけて向き合わないといけないのが親戚づきあいというものなのですよと言われているような気もしつつ、それが面倒だという気持ちがどちらかという勝って、今の世の中のこのような状態が起こっているような気もするし。

    「東京は人が多すぎて、上がつっかえているせいだとか、情けない言い訳をうちのせがれは言いよる」

    とか
    今の時代でもそのまんまいえそうなことをこの時点でセリフにしていて、繰り返すというか、引き続くものだなと思った一本。

  • 昔の日本人の家族関係、振舞い方ってこんな感じだったのかなあ、と初めは自分の感覚との違いに戸惑う。だけど観ているうちに、昔も今も本音と建前を使い分ける人間の汚さ(汚さ、と言っていいのか分からないけれど)は変わらないなと思った。お母さんが気持ち悪くなった段階でこれは死亡フラグでは?と感づいてしまった。案の定死んでしまって、葬式の場面でまず泣いた。それから、ラスト近くでもう一度号泣。あんまりストーリー性のある話じゃないけれど、人間の本質が細部の台詞などで描き出されてる感じがあって、「分かるなあ」と思いながら見ていた。とにかく原節子がきれい。

  • 会話も話の展開もとにかく遅い。登場人物は表情に乏しく、セリフも棒読み。原節子がとにかく良い嫁役、それ以外の子供世代は薄情者みたいな描かれ方をしているけれど、それぞれ生活があるのに押しかけてくる親2人も結構迷惑だと思うけどなぁ‥
    なんとなくもやっと、いらっとしてしまった。

  • レンタル>(山田監督版,「東京家族」のリメイク元。)1953(昭28)年。小津監督の代表作。(初)やっと鑑賞wしみじみ~。と沁みる映画でした。東京家族が割と忠実にリメイクされてたんだと納得。でも…今作の方がノスタルジーを感じ、とても味がありましたねぇ^^。父と母がいい。長女杉村さんの身勝手な言動と意地の悪さにやっぱりイラッと来る。原節子さんが綺麗。親が生きているうちは、後から後悔しないように何か親孝行せにゃあかんねぇ…と思う。独特の撮り方;小津調に見ててちょっとまだ慣れないとこがある。

  • なんとなく食わず嫌いで小津作品初めて。
    寝そうなぐらいの超スローというイメージだったのだけど、ものすごくテンポよい。
    副音声で解説付きがあったので連続して2回鑑賞。
    昭和28年。敗戦から8年後の世界。

  • うーん、なんとも陰惨な物語であります。もちろん、ここに出てくる人たちは何も異常な性格の持ち主などではなく、「普通の感覚」を持っているのですが、それを外から見たら「ひでーなー」という思いが浮かんできて、その次に「でも俺も同じように思うよな」とも思うし、いずれ自分もこうして疎んじられて死ぬのかと思わないわけにはいかない。だが、「これを映画として見せられるのはどんなものよ?」という気持ちもぬぐえないですなぁ。もうちょっと希望のかけらでもほしかったですわ。

全89件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

東京物語 [DVD] COS-024を本棚に「観たい」で登録しているひと

東京物語 [DVD] COS-024を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

東京物語 [DVD] COS-024を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする