ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付き

  • 57人登録
  • 3.59評価
    • (8)
    • (10)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
  • マーベラスエンターテイメント (2008年3月27日発売)
  • Nintendo DS
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4969123401742

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小売店で短篇小説小冊子を配布するぐらいの気合いの入った気概を買って予約購入したのに、容量の関係なのか、販売部と制作部のやる気に差が在ったのか知らないが、なにもかもが半端な作品でがっかりさん。

    絵だけは完成された美麗さ。

  • 伝奇ジュブナイル。ストーリーは良いが多少システムに難あり。話が長いのだから、せめて快適なスキップ機能は付けて欲しかった。2周目プレイ推奨。

  • フォートに所属する、シグマと呼ばれる人の心を読むことのできる力を持つ西条アツキと言う青年が主人公。人の心の闇に巣を張り、最終的には乗っ取った人間を破滅に追いやるサイレントと呼ばれるモノと戦っていく。
    基本はフォートの任務により、とある高校に通いながらの21日?を過ごしながらの攻略となる。
    戦闘はかなり地味で、あまり魅力がない。


    背景の設定が細かく専門の言葉が多いため内容理解に時間がかかるが、ストーリー自体はサクサク進む。が、途中でゲームオーバーがあったりストーリー分岐があったりするので攻略が無いと難しい部分も。その分やり込み要素ではあるが、ストーリーが長かったり無駄に面倒くさい。
    シグマで精神を削り相手の心を読むのは今までになかった感覚で、更に人間の心の中をリアルに表現していると思うが重い部分も多々あるので影響されやすい人にはお薦めしない。
    キャラデや学校に通う部分がペルソナ3に似てる。

    次回作に改善の余地がかなりあるが、基本的な設定はおもしろいと思うので次回作に期待したい。

  • おもしろかったんだけど、表情選択のところはいるの?

  • テーマから考えても、携帯ゲーム機とは似合わない気が。
    シナリオをじっくり楽しむか、もしくはゲーム性を楽しむか、どちらかを重視してもらった方が面白いものになった気がする。残念。
    やや鬱ゲー。

  • とても気になる作品ではありますが。

全6件中 1 - 6件を表示

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きはこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きを本棚に登録しているひと

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きを本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きを本棚に「積ゲー」で登録しているひと

ツイートする