エバン・オールマイティ [DVD]

  • 98人登録
  • 3.49評価
    • (11)
    • (13)
    • (32)
    • (5)
    • (0)
  • 24レビュー
監督 : トム・シャドヤック 
出演 : スティーヴ・カレル.モーガン・フリーマン.ローレン・グレアム.ジョン・グッドマン.ジョン・マイケル・ヒギンズ.ワンダ・サイクス.ジョナ・ヒル.ジミー・ベネット.グレアム・フィリップス.ジョニー・シモンズ 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571264900697

エバン・オールマイティ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノアの箱舟を作れと言われて作り始め、段々浮世離れしていく話。

    神がエバンの妻に言う台詞。
    「忍耐を、と祈れば、神は忍耐をくれるか?それとも忍耐のチャンスをくれるか?」確かにな~、となんだか心に残った。

  • もし現代に神から「箱舟の啓示」を受けた男がいたら、という人を喰った話。いまのこの時代に箱舟を作る男がいたら、それは頭のおかしい男にしか見えないので、コメディ以外の何物にもならないのです。本作のスティーブ・カレルの姿はとにかく滑稽で笑えます。ラストに本当に洪水が来て、スペクタルになるところもまた笑えます。ひたすら陰鬱な話だったラッセル・クロウ主演の「ノア 約束の舟」と見比べるのも一興かも。

  • 元ニュースキャスターのエバンはバッファローを離れ、ノース・バージニアへと家族で引越し、下院議員になった途端、洪水が来るから神に箱舟を造れと言われる。
    世界を変えたいと願ったせいで。
    最初は抵抗するものの、つがいの動物たちに付きまとわれ、ロング議員の法案の共同提案者に推されるものの、まともに登庁もままならず、髭も髪も切っても切っても生えてくる。
    やがて、休職に追い込まれ、家族にも見捨てられそうになるが、箱舟を造りつづけ、周囲に嘲られても戻ってきた家族や動物とやり遂げる。
    洪水が来るという9/22正午、雨が降ってすぐに止んでしまうが、ロング議員の造った欠陥のある人造湖が決壊し、本当に洪水が起こる。

    隣人を愛せよ、そうすれば世界が変わる、という教訓を題材にした物語だった。
    洪水や箱舟が想像より、ずっと本格的でスペクタクルな映像だった。盛大な悪ふざけ感が結構楽しい。
    主役は40歳の童貞男の人で、妻はギルモア・ガールズのローレライの人、神様はブルース・オールマイティと同じモーガン・フリーマン。
    そんなに期待していなかった分、楽しめた。

  • 監督やスタッフもほぼ同じなのに前作と雰囲気が全く違ってびっくりした。エヴァンが神になるんじゃないのかよ!
    スティーヴ・カレルのコミカルなシーン大好きだわー。NG集も面白いし、撮影現場が本当に楽しそう。彼の2005年の主演作『40歳の童貞男』(原題:The 40 Year Old Virgin)にかけて、劇中で『The 40 Year Old Virgin Mary』(40歳の処女マリア)という小ネタもあって笑った。エンディングのダンスも『40歳の童貞男』のパロかなーと思ったけどどうなんだろ?

    動物との撮影メイキングがすごい。腕や肩に鳥乗せてるところってCGじゃないんだね~

  • 神様の教えはメチャ遠まわしなのだという事を学んだ 率直な感想としてはツマンネーだった!

  • 楽しい、この様な映画は楽しめる。

  • 前作の「ブルース・オールマイティ」がイマイチだったので、2作目もどうかな…と思っていたらとても面白かったです!
    エバンの元へ集まってくる動物達(特にサル)が可愛くて仕方なかったです!
    最後は少しハラハラしましたが無事洪水になって良かったです(笑)

  • 若者からファミリー向けというか、世代選ばず楽しめる、
    ハートフルというか動物系というか信仰系というか、色々入ったコメディ。
    ブルース・オールマイティの続編。
    ブルース・オールマイティでアンカーを奪った男、エバンが主人公。

    「世界を変える」をマニフェストに、議員当選したエバン(スティーヴ・カレル)。
    家族とバージニアの郊外に引越し、家族とともに新たな議員生活をスタートするも、いきなり現れた神様(モーガン・フリーマン)に、箱舟作れと言われる。
    まわりに変人扱いされ、モーゼっぽくヒゲも生え、動物に追い掛け回され、
    奥さんにどん引きさ、ちゃめっけたっぷりの神様に翻弄されるコメディ。

    これなんで日本未公開なんだ勿体無い!!
    ブルース・オールマイティも楽しかったけど、今作は全然ちがった作風で、
    かなりよかった。オールマイティシリーズ化したらいいな!

    主人公エバンというか、スティーヴ・カレルがとても好感もてるかんじ。
    ブルース・オールマイティのジムキャリーとちがった、
    心あったまる系の言い回しや動きが良い~!
    モーゼ役に任命されて、超うんざり顔で「洪水がくる」と言って、
    ものすごくドタバタしながら舟つくるエバンはずっと観てたくなるほど、
    なんか微笑ましいお父さんってかんじ。

    動物いっぱいのお話だけど、愛嬌があってすてき。
    画面での立ち位置も動物の演技もすごく可愛い。
    ガーゴイルのように玄関で出待ちしてるにゃんこのつがいに、
    「ここは君らの家じゃないよ」といって出かけてくシーンが好き。
    象のハイタッチも可愛かった~!

    モーガン・フリーマンの茶目っ気たっぷりの神様っぷりはとても良いなあ。
    アメリカ映画の神様役って、大体がすごく可愛いキャラな気がする。

    なんかコメディなのにパニックシーンがめっちゃカッコイイ出来だなとおもったら、コメディ映画史上最高210億円かかってるらしい。
    金のかかったいい映画なのに、なんで未公開~?


    色々展開あって、要素あって、おもしろかった~!

  • 面白いアメリカ映画。ブルースオールマイティーより楽しめました。見終わった後はスッキリ(^ω^)

  • モーガン・フリーマンが「神様」の役って、やっぱりすごく良いなあ

全24件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エバン・オールマイティ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エバン・オールマイティ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする