ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]

  • 32人登録
  • 3.32評価
    • (1)
    • (8)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : ジョン・ポルソン 
出演 : ロバート・デ・ニーロ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142598721

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰かは私だった、みたいなデジャヴ。ダコタファニングとデニーロの二人はさすが。

  • ロバートデニーロ主演のサイコスリラー映画で、伏線の撒き方やお話の見せ方が素敵な作品です。特典の別エンディングやインタビューも合わせておすすめします。

  • ダコタファニングの演技がなんとも言えない。
    ラストはそういうことだったのかと(>人<;)

    雰囲気も好きだし
    ストーリーも好きです。

    DVDには劇場未公開ラストがあり、
    あーとなっとく…

  • 友人が褒めていたので、その内に見る予定。
    「シックス・センス」と雰囲気が似てそう。「子役が上手い」との事なので、そこに注目したい。

    ホラーとサスペンスの中間あたりの作品をたまーに見たくなります。
    映画なら「SAW」は痛々しかったけど、ネタは悪くない。展開に救いがないだけで。
    「ラブリー・ボーン」は犯人の演技が巧すぎて微妙にトラウマ。役者ってすごいなあと改めて。
    結局「シックス・センス」が一番薦めやすい。何もかも匠の技。展開が神。

  • オチが分かるまではドキドキだったけど、それ以降は尻すぼみだったような印象。
    もっと捻ったものであって欲しかった〜!

    DVD特典のもう一つの物語は結末だけ観ればよし!


    ダコタ・ファニングちゃんかわいかったなぁ。

    それと、ストーリーには関係ないけど子供部屋のインテリアがステキだった♪

  • 途中でオチが読めてしまった…

    内容はまぁまぁとしても、子役のダコタ・ファニングが演技巧くてビックリ。
    そして今、めちゃくちゃ綺麗になっててなおビックリ。

  • 少女にしか見えないたった一人の遊び仲間…
    それはすべての禍の始まりだった。

    もう、いいかい
    まぁだだよ
    もう、いいかい
    ……もういいよ

  • ロバート・デ・ニーロとダコタ出演の映画。ホラー。ある日、自分の母親の自殺の現場を見てしまったエミリーは心を閉ざしてしまう。それを心配した心理学者でもある父は、エミリーと飼い猫と一緒にニューヨーク郊外に移り住むことにする。しかし、そこでエミリーは見えない友達と遊ぶようになる。

  • 迫り来る怖さは○。
    ストーリーの意外さもぼちぼち○。
    Dakota Fanning ちゃんの演技は◎。
    でも、最後の洞穴のシーンが△。

全9件中 1 - 9件を表示

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする