歌謡曲だよ、人生は [DVD]

  • 25人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
監督 : 磯村一路  七字幸久 
出演 : 青木崇高  伴杏里  六平直政  下元史朗 
制作 : 斉藤幸一  磯村一路  林祐介  桝井省志 
  • ポニーキャニオン (2007年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013395244

歌謡曲だよ、人生は [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歌謡曲をモチーフにしたオムニバス映画です。
    個人的には、「逢いたくて逢いたくて」が一番面白かった。さすが、矢口史靖監督作品エンタテイメント作品として成立している。五郎丸という苗字がでてくる!
    そう今ラグビー選手で有名なあの五郎丸です。
    昔同じ会社にやはり〇〇丸という人がいました。
    「先祖は武士ですか?」と尋ねたら
    「船です」とまじめな顔で答えていた。
    まあ冗談なんでしょうけど・・・
    次に好きな作品は「これが青春だ」です。
    エアー・ギターがかなり良い出来。
    その次に好きな作品は「女のみち」唄ってる本人が出演していて、歌詞を思い出すきっかけが・・・
    工夫されています。
    残りはまあ、あまり面白くなかったです。
    でもそもそも私は、オムニバス映画の見方を誤っているのかもしれません。とにかく鋭いオチを期待してしまうのです。そうでないとダメみたいな・・・
    でもたぶん違うでしょうね。

  • 歌が古いからもっと昔の映画かと思ったけど、吉高ちゃんが出てきてそれほど古くないと分かった。

    清水よし子かと思ったら、烏丸せつこだった。

  • いとしのマックス…赤いドレスで踊った二人

  • エアギターのとか、蛭子さん監督のとか、吉高さんと余さんのとか、妻夫木くんと伊藤さんのとか好き。歌謡曲題材にしたオムニバス。あっさりシュールめ。

  • これであってるのか、わからないけど。

    映画のことー

    ねちゃった 

  • 全然期待してなかったんですが、意外と楽しめましたけど
    好き嫌いはハッキリするでしょうね。

    お勧めは出来ないですけど、TVで放送するのであればまた私は観ます。

  • 結構、わたしははまりました。オムニバス形式で、せりふはあまりありません。
    私は「乙女のワルツ」が気に入りました。
    あなたは?

  • 昭和歌謡好きとして見逃せない1本。
    「ダンシングセブンティーン」 「僕は泣いちっち」 「これが青春だ」 「小指の想い出」 「ラブユー東京」 「女のみち」 「ざんげの値打ちもない」 「いとしのマックス」 「乙女のワルツ」 「逢いたくて逢いたくて」 「みんな夢の中」 「東京ラプソディ」 それぞれの歌謡曲をベースに映像をつけた完結型短編。 「いとしのマックス」が一番よかった。 武田真治の豹変ぶりとラストのダンスがまらず。 「遭いたくて遭いたくて」は王道ながらキュンと。 ありきたりの話を胸に打つ話で撮るのってさすが。
    「みんな夢の中」は自分と重ねてしまってうるり。 多感な時期をあのような木造校舎で過ごしたので。 「小指の思い出」もちょっとゾクとした。 でも中には1本通して観て 「これどんな内容だったっけ?」ってのもチラホラ。 長さも丁度よいけれど続けてこれはちょと疲れるな。 休憩をはさんで観るとよろしいかと。 俳優さんも有名どころばかり使うのではなく、 ちゃんと話の雰囲気にあった人たちで好感。 とはいえほとんど知らない人たちだったけど。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする