フリー・ゾーン~明日が見える場所~ [DVD]

  • 45人登録
  • 2.96評価
    • (2)
    • (5)
    • (13)
    • (4)
    • (3)
  • 12レビュー
監督 : アモス・ギタイ 
出演 : ナタリー・ポートマン  ハンナ・ラズロ  ヒアム・アッバス 
制作 : アモス・ギタイ  マリー・ジョゼ・サンセルメ 
  • 彩プロ (2008年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013409743

フリー・ゾーン~明日が見える場所~ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリア、サウジ、イラクの間に広がるヨルダン内のフリーゾーン
    そこではイスラエル人、パレスチナ人、アラブ人が明日を生きる為に民族を超えて共生している。現実では男共が商業を交わしているが、それを女が行っていたらどうなるのだろう、というアモス・ギタイ監督の着想から映画では女が主役に。
    ナタリーポートマンの演技やっぱり好き。
    現実を切り取ったドキュメンタリーとは一線を画し、理想を加えるとどんな世界が拡がるだろうという新しいメッセージ、映画。
    冒頭のナタリーの演技とバックに流れる不条理を謳った歌が印象的。

  • なんの話かさっぱりわからない。

  • ナタリーポートマン最初の号泣シーンよかった。 

  • 製作年:2005年 製作国:イスラエル=フランス=ベルギー=スペイン 時間:92分
    原題:FREE ZONE
    監督:アモス・ギタイ

    (3.0点)

  •  ユダヤ人の父を持つアメリカ人のレベッカ。婚約者の母に「ユダヤ人じゃない」と言われて家を追い出され、途方に暮れていた彼女は、乗り込んだタクシー運転手のハンナと一緒にヨルダンを目指す。

    冒頭に10分間ほどレベッカが延々と泣いている横顔からスタートします。流れている歌も悲しく歌詞もなかなか意味が理解できません。ですが、美しい横顔にとても引き寄せられますし、歌も覚えてしまいました。
    「父さんが市場で子羊を買ってきた・・・」というインパクトがある歌詞です。

    このレベッカという女性をナタリー・ポートマンが演じています。合作とはいえイスラエルの映画にまさかナタリーが出るなんてという衝撃があります。日本では劇場未公開ということは採算が取れないと考えたからでしょうか。確かにその通りだとは思います。
    ナタリーがタクシーで隣国のヨルダンへ向かい、そこで何を求め何が解決されたのかが全く分からず首を傾げたくなりますがまたいつかもう一度見たいと思わせる作品でした。

  • 恋人の過去を責め、別れたユダヤ系アメリカ人が、あてもなく乗り込んだタクシーの運転手である女性は、負傷した夫と子供のためにイスラエルからパレスチナの自由貿易区へお金を取り戻しに行く最中だった。
    お金がないと主張するパレスチナの女との果てしない口論は政情をそのまま描写している。

    ナタリー・ポートマン見たさで鑑賞。

  • 冒頭の泣きのシーン見入ってしまう。
    子羊が猫に食べられその猫が犬に食べられー  
    ついでに背景の曲も覚えてしまう。

  • 全く意味不明の映画だった。。。

    最初から最後まで感動のない映画。
    結末に期待をしたけど、全く裏切られた。


  • 冒頭から
    5分間の

    泣くだけの無言のシーン




  • オープニングに流れる歌がとっても印象的。

全12件中 1 - 10件を表示

フリー・ゾーン~明日が見える場所~ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

フリー・ゾーン~明日が見える場所~ [DVD]を本棚に登録しているひと

フリー・ゾーン~明日が見える場所~ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フリー・ゾーン~明日が見える場所~ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ツイートする