How are you?

  • 119人登録
  • 3.45評価
    • (11)
    • (13)
    • (38)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
アーティスト : NICO Touches the Walls 
制作 : NICO Touches the Walls  Tatsuya Mitsumura  AIR 
  • キューンミュージック (2007年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4582117987857

How are you?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メジャーデビュー後、初の音源となるミニアルバム。
    新曲2曲に加えて、インディーズ時代に発売済みの音源を
    リメイクした3曲が収録されています。タイトルの通り、挨拶代わりの一枚。

    1曲目は新曲の『武家諸法度』です。
    インディーズ時代のアルバムと同じく、最初から斬り込んできますね。
    タイトルからして強烈なインパクトを持った、時代劇を彷彿とさせる曲。
    音もない夜更けに目をギラギラと光らせる狼のような威圧感と、
    畳み掛ける殺陣にも似た激しさが印象的でした。

    続いてはインディーズ音源のリメイクとなる『image training』。
    インディーズ時代は荒削りだと感じていたものが補われて、
    世界観に奥行きができたように思います。
    浮遊感のあるイントロとキラキラしたポップさが心地良いです。

    『そのTAXI,160km/h』も同様にインディーズ音源のリメイクですが、
    こちらは音が軽くなりすぎていて迫力がなくなってしまいました。
    タイトルにはほど遠い安全運転のタクシーなので、インディーズ版がお薦めです。

    『梨の花』も前曲に引き続いてリメイク版です。
    この曲だけではありませんが、音自体がぼやけている印象があります。
    インディーズ音源の方が音に艶やメリハリがあった気がしますね。
    アレンジも間が悪くなっていて、違和感の方が強く残りました。

    そしてラストに新曲『GANIMATA GIRL』が登場。
    ガッツリと踊れそうなライブ感のある一曲で、良い締めでもあったと思います。

    全体を振り返ると良し悪しあるアルバムという印象で、
    入門作ならインディーズ時代なら『runova×handover』、
    メジャー時代なら『Who are you?』等を薦めたいところです。

  • かっこいい!ひたすらかっこいいです。image trainingがとくにすきです*

  • 01. 武家諸法度
    02. image training
    03. そのTAXI,160km/h
    04. 梨の花
    05. GANIMATA GIRL

  • 1. 武家諸法度
    2. image training
    3. そのTAXI,160km/h
    4. 梨の花
    5. GANIMATA GIRL

  • 一曲目の「武家諸法度」にやられた。何だコレ。衝撃的。

全7件中 1 - 7件を表示

How are you?はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

How are you?を本棚に登録しているひと

How are you?を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

How are you?を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする