蟹工船 [DVD]

  • 15人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571256810010

蟹工船 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カムチャッカで蟹を獲って缶詰に加工する船(蟹工船)では、子どもを含む多くの労働者達が酷使され、時に暴力を受け、非人間的な扱いを受けていた。仲間の命が次々と失われ、彼らは不満を募らせていく。
    小林多喜二によるプロレタリア文学の傑作、『蟹工船』を山村聡が初監督して1953年に映画化した作品。
    小津監督の『東京物語』で長男役を演じていた山村が、こんな骨太の映画を撮っていたのには驚いた。今のワーキングプアでもここまではないだろうと思わせる劣悪な環境と仕打ちに耐え忍んできた労働者が、遂に反旗を翻す展開は、ソ連映画の名作『戦艦ポチョムキン』も連想させる。しかし、本作は単純なプロパガンダ映画ではなく、ましてやハリウッド的なエンターテイメント映画でもない。後味の良さとは無縁だ。『動物農場』で言えば、映画版より原作版に近いといったところか。
    群像劇としては個々の登場人物の描かれ方が不十分で、いまいち消化不良に終わるところもある。昔の映画で音声が悪いためか言葉に訛りがあったりするためか、台詞が聞き取れない部分も多い。
    しかし、一見の価値はある映画だ。安易な希望は、ここにはない。それを受け止める覚悟を持って観てほしい。

  • 和歌山、足利などを舞台とした作品です。

  • ちょい前流行った蟹工船を読んでみた。
    劣悪な環境で働かされるかに缶詰作りの労働者が、奮起使用とする話。
    最後のほうは、プロレタリアの反抗が上手くいったのか、単なる補論なのかよく分からない。。
    そもそも、これが評価されるのは、あの時期に赤を書いたからなのか、言い回しや情景描写の文学的表現が評価されているからなのかが分からない。

  • DS

全4件中 1 - 4件を表示

蟹工船 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする