1980(イチキューハチマル) [DVD]

  • 13人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
出演 : みのすけ  及川光博  橋本真実  ともさかりえ  田口トモロヲ 
  • video maker(VC/DAS)(D) (2007年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933364210951

1980(イチキューハチマル) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ 監督 2003年作品

    1980年12月8日
    ジョン レノンがころされた

    翌日 学校に 教育実習にやってきた 
    タレントを辞めた 芸名 一之江キリナ 羽柴レイコ(ともさかりえ)。
    その学校の教師として 旧姓羽柴 宇田川カナエ(犬山イヌコ)
    生徒の 羽柴リカ(蒼井優)
    の3姉妹をめぐる ドタバタ学園 ドタバタホームドラマ
    というべきものなのだろうか。

    長女 カナエは 名前をいい加減にしか覚えていないのに
    話しかける教師・・・離婚願望の最中。

    次女 レイコは タレントであったが、1年ほど失踪していた。
    惚れっぽい性格で、第1印象で好きになってしまう。
    教育実習にいったその日に 男子生徒を好きになる。

    三女 リカは 聖子カットをしていて 映画部に所属し
    ヌードになるかどうかを悩みながら ヌードになる。
    蒼井優は、まだ若いなぁ。発展途上である。

    3姉妹の父親は 高校の校長である。
    この父親 ケーキを食べるのが早い・・
    噛まずにケーキを食べるので、娘から『噛めよ』と
    突っ込まれる・・

    一之江キリナの切れっぷりは どうしたもんだろう。
    『大人になっても なかなか大人になれないんだから』
    といって、水族館で大暴れ・・・
    果ては 水族館のガラスを 叩き割って大洪水へ・・

    この3人を 1980年12月9日 という時点の
    時代背景をちりばめて 描いていく。
    テクノカット
    B&B のマンザイ
    ながれる音楽
    懐かしい部分があるが ノスタルジアを呼び起こす力がない。

    この映画はコメディにはいるのだろうか?
    わざとらしく 演じるのが 特徴で・・・
    クスクスと笑うよりも そんな馬鹿なぁ 
    といえるのがいいのかも。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2008/05/post_d24a.html" target="_blank">2008年5月19日</A><br><A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2008/05/1980_9cc1.html" target="_blank">2008年5月19日</A>

  • 2008/03
    3姉妹のダメな恋愛とか。蒼井優ちゃんはさすが。個人的に知っている場所がたくさん登場しておもしろかった。とても好き。映画2作しか知らないけれどケラさんは3人の女性をターゲットにするのが好きなのかしら。

全3件中 1 - 3件を表示

1980(イチキューハチマル) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする