この森で、天使はバスを降りた [DVD]

  • 30人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (5)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
監督 : リー・デビッド・ズロートフ 
出演 : アリソン・エリオット  エレン・バースティン  マーシャ・ゲイ・ハーデン 
制作 : リー・デビッド・ズロートフ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2007年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135596000

この森で、天使はバスを降りた [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒューマン映画です。なんか好きです。ほっこりする。ほっこりする雰囲気では、バグダッドカフェ的な。でもこちらの作品の方がもうちょと現実的ですね。

  • どこか懐かしさを覚えるような情景描写と主人公の内面が、自分にもどこか潜在的にあるような気がしてツボでした。

  • 人と人との繋がり、不幸、幸せ、思いやり、、
    温かく、あまりにもあっけない終わり方に
    涙が止まりませんでした。普段観る映画がSFや
    サイコホラーやマフィアが好きでもこれは別格。
    何度も見返したいと思うなぁ。

  • 感動する心を思い出させてくれた、独りぽっちの傷ついた天使。ある冬の夜。
    パーシーは、たった1人で田舎町のバス停に降り立った…。

    ***************

    邦題に引かれて観てみた。
    まず、映像と音楽がとても美しい。
    で、ストーリーも感動的な旋律に引っかかりそうな・・感じがするのに、申し訳ないんだけどいまいちピンと来なかったな〜。この町にパーシーが来たことで変化が起こったという感じがどうしてもしなくて。“天使”という表現に私が引っ張られすぎたからかも?
    でも、普通にいい映画だと思う。

  • 原題:THE SPITFIRE GRIL

  • 映画好きな彼から教えて貰った作品の中で
    一番印象に残っている映画。
    痛みや傷を抱えながら成長し生きていく主人公の姿にぐっときてしまう。

  • 【Amazonからの情報】                              ある冬の夜。パーシーは、たった1人で田舎町のバス停に降り立った・・・。古ぼけたレストラン“スピットファイヤー・グリル”で働きはじめた彼女に、住民たちは遠慮のない好奇の目を向ける。グリルの女主人ハナは、1人息子を戦争で亡くし、主婦シェルビーは、家庭の悩みを抱えている。いつしか美しい森にも目を向けなくなった町の人々。だが、パーシーの純粋な優しさに包まれ、傷ついた心も次第に癒されていく。しかし、最も傷ついていたのは、誰にも言えない過去を抱えていたパーシーだったのだ。1996年サンダンス映画祭で観客賞を受賞。誰もが純粋な優しさを思い出す爽やかな感動の物語。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする