サンキュー、ボーイズ [DVD]

  • 19人登録
  • 3.36評価
    • (0)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ペニー・マーシャル 
出演 : スティーブ・ザーン  ジェームズ・ウッズ  ドリュー・バリモア 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462046727

サンキュー、ボーイズ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 息子の運転で、自叙伝の出版の訴訟阻止のため、別れた夫にサインをもらいに行く道すがら、彼女の人生の回想が始まる。
    15歳で妊娠し、父に泣かれ、望まぬままレイと結婚し、ジェイソンを産んだビバリー。夢を叶えるため大学に行こうとするも、子育てとジャンキーになってしまった夫のせいでうまくいかず、結局離婚。NY行きの資金を貯めるため行ったドラッグの乾燥で親友と離れ離れになるが…。

    自分の夢をあきらめない女性と、彼女をとりまく警察官の父、ダメ男の夫、夢を託される息子、同時期に妊娠した親友たちとの絆を描いたお話。
    子供にはいい母親じゃないけれど、夢をあきらめきれず、人間臭くもがきながら子供を育てる彼女の姿は立派だと思った。

  • ダメンズに翻弄されながらも、
    自分の人生を生きる女性の話。

    人生は自分次第ですね。

  • これをサクセスストーリーと捉えると評価は低くなる。
    これは、浅はかで浅知恵で自分本位で身勝手な女が
    成功を勝ち得るには沢山の男性(家族)の支えがあってである、
    それに気づきなさいねーっ
    そして、どんな遠回りになろうとも、選択してきたのは自分自身。
    誰のせいでもないのだから!
    人生を遠回りしてしまう軽はずみな時期に良き教訓になりそうな映画。
    そういう意味で星四つです。

  • 親子の話。

  • 15歳の少女ビバリー(ドリュー・バリモア)は、いつかニューヨークで作家になる夢を抱いている。幼い頃からませていたビバリーは、パーティで出会ったレイ(スティーブ・ザーン)と付き合い始め、妊娠してしまう。厳格な警察官の父に決死の思いで告白するが、中絶なんて絶対許してくれない。こうしてビバリーは、ダメ男のレイと結婚し男の子を出産した。母親になっても作家の夢を捨てられないビバリーは、大学の奨学金を得ようと子育てしながら猛勉強に励むのだが…。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする