赤川次郎ミステリー 夜想曲 ~本に招かれた殺人~

  • 47人登録
  • 3.64評価
    • (4)
    • (7)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • マーベラスエンターテイメント (2008年2月28日発売)
  • Nintendo DS
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4535506300805

赤川次郎ミステリー 夜想曲 ~本に招かれた殺人~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作に比べて、新機能つき!DSということで、時間が少しでもあればすぐ出来るのがいい!(`・ω・´)

  • 赤川先生作品が好きなのでこちらもGET。
    こちらもコンプしたいです…///
    ボリュームはあると思います。こういうサウンドノベル的な作品が好きなので、もっと増えて欲しいなぁ…。
    果たして自力コンプできるかどうかは全く自信がありませんが(おい)
    原作小説も是非。

  • 本を読むみたいな感じなので購入。イラストと効果音でちょっと恐かったような気がします。いいエンディングに行けなかったような…。

  • サスペンス、ホラー、ミステリーとさまざまなシナリオが用意されていて、怖いのはちょっと…という人にも安全な話がなくもない。

    大まかに六つのストーリー、それぞれに選択肢によって十数話のマルチエンディングが用意されている。
    マルチといっても、「事の真相」が小分けにされているので、ある程度エンディングを見まくらないと、「真相」が分からないままなので(それでも次のストーリーに進めはするが)、他のシナリオを見ようとする意欲は他のサウンドノベルに比べて高いのではなかろうか。

    主人公を男・女から選べ、選ばなかった性別がパートナーとなるのが面白いが、これは入れ替え可能にしない方がよかった気がするなぁ。
    「主人公:男→パートナー:女」だと違和感がないが、「主人公:女→パートナー:男」にすると、えらく頼りない男性パートナーとなり、主人公は女性でも容赦なく殴られ蹴られの暴行に合うことに。微妙だ。

  • 最初の方はちょっと怖かったけど後はサクサク進んだ。
    舞台である建物が旧古河庭園の屋敷にそっくりなのに噴いた。

  • DS版。個人的にテレビでやるゲームが好きなのですが(PS版で持ってるのですが)サウンドノベル布教で購入しましたww。

  • プレステ時代からずっと好き。でもPSPで出して欲しかったなぁ

  • プレイ開始。さてどうなる?

  • プレステで当時全シナリオを出して大変お気に入りの作品の一つでした。やり込みまくったけどDSで出ると知って新品で購入しました。このシナリオの女主人公がとても好きです。可愛いし勇敢だし(笑)嫌味のない子。今回は登場人物たちの人物相関図が作れます。またシナリオ全部出そうっと。ノクターンの曲が合ってて◎。

全9件中 1 - 9件を表示

赤川次郎ミステリー 夜想曲 ~本に招かれた殺人~はこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

赤川次郎ミステリー 夜想曲 ~本に招かれた殺人~を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

赤川次郎ミステリー 夜想曲 ~本に招かれた殺人~を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする