センチメンタルマキアート

  • 115人登録
  • 3.63評価
    • (15)
    • (11)
    • (29)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
アーティスト : シド 
  • デンジャー・クルー・エンタテインメント (2008年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4538539002852

センチメンタルマキアートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 証言

     何か、1番好き。
     しかも、曲調が盛大になる手前が好き(ぁ)
     要するに「…して」までの曲調が大好き。(何か、エロいね、こう書くと)
     全部このまんまの曲調で流してくれたら、落ち込んだ時に、僕は一人で延々とこれ垂れ流して聴いてそうだけど、その曲調の変化で、暗いだけの曲じゃなくなってる気がする。

     歌詞は。
     マオ君だなぁ……って思う。
     最後の。
    「あなたでも あなたでもない 私を 選んだ朝」
     ってのがすごいと思う。

     だって。
    「最愛を選んだ日」に
     選んだのが。
    「私を」
     なんだもんね。

     つか、ぅちのスピーカーだけかもしれんが、最初のときに。
     小さく「ブ ブ ブ ブブ」みたいに聞こえる音が気になる(苦笑)

     だって、携帯のバイブ音に聞こえるんだもん……orz


    夏恋。

     何かこの並びにいると恥ずかしいよね(爆)
     普通にラブくて(死)

     何か聞き慣れた安心感があるのはいいけど、カラーがこの曲だけ微妙に違う気がする。
     今回やたら、微妙にエロい歌詞が多い気がするのに、これだけ、ピュアピュア☆

     だから、微妙に恥ずかしい(爆)


    右手のスプーンと初恋とナイフ

     ……どうしちゃったの、シドさん?(爆)

     ぅん。つかもう、これ歌う曲じゃないよね。歌えないし。
     何言ってるかもわかりません(ぁ)

     つか、あれだ。
     最近、シドはっちゃけたよね。何でもありになりつつある。
     何となく過去っぽいのも出しつつ。
     ジャズっぽいのとか、スカっぽいのとか、新しいことも取り入れて行く。
     いいと思うよ。(偉そう)

     ただ、もう一回でいいから、憐哀みたいなとことん暗いアルバム聞きたい(ぁ)


    蜜指~ミツユビ~

     うん。ザ・エロ(爆)

     この曲から、誘惑コレクションの流れがとんでもなくえろいです(ぁ)

     ちなみに、実は「右手の~」にも、狂ったエロスを感じてる僕は、多分ちょっと頭がおかしい(爆)

     言葉遊びが好きです。


    誘感コレクション

     多分、シングル除いて、アルバムの中で2番目に好きなのはこの曲だと思います。(シングルで1番は、多分、涙の温度)

     やっぱり、しんぢ曲より、明希曲が好きな僕(苦笑)

     言っておくと。
     明希君好きだから、明希曲がスキなわけじゃないよ!!(爆)

     多分ね。
     マイナーコードの量だと思うんだ。
     基本的に明希君の曲の方が暗いよね。
     その差です(苦笑)

     にしても、この曲。

    「単純で不透明な人」

     が。

    「単純で太目な人」

     に聴こえる。
     ダメだ、自分。
     ダメ過ぎる(爆)

     えっと、曲は入りの音が好きです。
     多分、これ、ドラムじゃなくて「コンガ」? か、何かそっち系の楽器叩いてるよね。

     そういう民族楽器的な音が好きです。

     それともう一つが。
    「弾いて」って。
    「はじいて」って読むんですね。
     歌詞カード見てたら「ひいて」って読むんだと思った。

     今回の歌詞、全体を通して、言葉遊び多いなー。

     好きだけどね、そういうの。

     ただ、そういう技巧的なものにばっかりこらないで欲しいなぁ……。
     個人的には「古今和歌集」より、「万葉集」のが好きな人なので。(意味不明)

     ちなみにこれ、「誘惑」じゃなくて。
    「誘感コレクション」なんですね。
     最初、間違えてたよ。紛らわしいな!(爆)


    and boyfriend

     何か、すごく。
    「ゆうやの曲」って感じがする。

     僕のゆうやのイメージってこんな感じ(笑)

     まぁ、実際は。
    「小さなしあわせ」みたいなのもあるわけだから。
     ゆうやんは、ゆうやんなりにいろいろあるんだろうけど(何、えらそうに)

     でも、こんなイメージかな。
     こんな感じでいてほしい。

     でも、曲、ノリノリな割には歌詞暗いっすね。マオさん。

     天邪鬼!(爆)


    orion

     最初、何かタイトル見て。
    「aiko」思い出しました。(苦笑)
     何か深い意味があるわけじゃないんだけれども。

     でも、切ないね。中身は。
     でも、曲調とかノリがそんな感じ(ぇ)
     全然、声違うから、そーでもないんだけど、何となく連想してしまった。
     こんな恋愛関係になったことはないので、よくわかりませんが、なる予定もないです(爆)

     三角関係だけは、人生で避けたい。


    マスカラ

     何となく、大人の別れな感じがする(苦笑)
     でも、こういうの好きじゃないよなぁー。
     引きずってる感が嫌だ(爆)

     でも、ちょっと本当に。

     マオ君、今まで付き合ってた人のことずっと覚えてそうだよね。

     とか、考えてしまった。(余計なお世話)

     それって、ちょっと怖い。なんとなく。

     バイト先のAB型の人も言ってた。

    「AB型は執念深いって」

     本当かどうかは知らない。


    smile

     好きだけど、あんまり好きじゃない曲(何だそれ)

     んっとねー。
     前向きになりたい時に聴くのはすごいいいし。
     助かる(爆)

     でも、すげぇー、後ろ向きな自分に浸りたい時にはうざったい(ひたるな)

     個人的に、後者の方が多いので。
     好きだけど嫌い。
     という複雑な気持ちになります(病)

     それとは別に、一時期この曲、目覚ましにしてたんだけど、もう、目覚ましにならなくなったという因縁の曲でもある。(ぁ)

     人間の意識の力って結構すごいらしいよ!(違)


    Dear Tokyo

     何ていうか……。
    「smile」→「Dear Tokyo」→「涙の温度」の流れは。
     連作ですか?
     と、問いたくなる(苦笑)

     夢を探して、それでもとにかくがむしゃらに進んで。

     見つけて歩き出したけど、時につまずいて転んで。

     そして、最後にたくさんの人に支えられて感謝して。

     更に先を目指して歩き続ける。

     的な(苦笑)

     実話だよね(爆)

    「east boy」だし。

     いいと思う。
     そうやって進んでいって欲しいと思う。
     それと同時に、遠くなっていってしまうのは、ちょっと悲しいけれど(ライヴの席的な意味で)

     それにしても「オーオー」的なのを言ってるのが誰なのか。
     どんな顔して録ってたのか。

     ライヴでは言ってくれるのか。(言ってくれそうだけど)

     ものっそ、気になる(ぁ)

     ライヴ楽しみになってきたなぁー♪


    涙の温度

     うん。好きだよ。

     優しくて。

     傲慢で(笑)

     すごい、マオ君らしいいい曲だと素直に思います(苦笑)

     優しさと傲慢さが同居しているのがマオクオリティ(褒めてます)。

     聴くたびに泣きそうになるのは、何でだろうね……。

  • 友人がカラオケで歌った「夏恋」の歌詞が印象的だったので。
    他の曲も大変楽しめまして。

  • 蜜指~ミツユビ~が昔の曲調を思い出して一番好き。やたらJ-POPっぽい爽やかな曲が多いからなあ…仕方無いんだろうけど。声的にも無理がないし。誘惑コレクションもクセになる。

  • このツアー楽しかった

  • シドにどっぷりハマった一枚

  • 【通常盤 CDのみ】
    ●シド “コレクションカード” 封入!!◇全12種類
    表 メンバーソロ写真(各3種)
    裏 12枚並べると1枚のメンバー全員写真
    初回生産分のみコレクションカード9~12のうち2枚をランダム封入

  • (4. 蜜指~ミツユビ~)
    友達がカラオケで歌ってて気になったので。

  • この曲にはちょっとした思い入れがあります。そのおかげでハマったシドなわけです。証言や夏恋、smileが好き。

全11件中 1 - 10件を表示

センチメンタルマキアートはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

センチメンタルマキアートを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

センチメンタルマキアートを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

センチメンタルマキアートを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする