黒帯 KURO-OBI(通常版) [DVD]

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 長崎俊一 
出演 : 八木明人  中達也  鈴木ゆうじ  小宮孝泰  諏訪太朗 
制作 : 飯田譲治 
  • バンダイビジュアル (2008年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569632142

黒帯 KURO-OBI(通常版) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和7年(1932)のお話。

    場所はどこかわかりませんが、関東の山村の近くのようです。

    伝統派空手を描いてるんですが、この当時は伝統派とかいう区別もなかったんじゃないでしょうか。

    全部「唐手」っていうイメージしかないです。

    昔の空手着って、もっと裾の短いイメージしかなかったんですが、出てくる人たちが本物ばっかりなんで、多分間違いはないでしょう。

    伝統派空手も沢山流派がありますが、極真系フルコンではないというくらいのくくりで、これはプロモーション映画化と解釈して良いのかな。

    昔は東映商業映画で千葉ちゃん独壇場で作られてました。

    考えてみたらJJサニー千葉は凄いですね。

    大概仲悪い噂しか聞かないマス大山と宗道臣の両方の役をやってるんですから。

    そういうメジャー系の武道映画ではない、地味なプロモーション映画という位置づけでしょうか。

    そういうのジャンルで(あるのか?)好きだったのは合気道を描いた「AIKI」ですね。主演の加藤晴彦よりも、師範役の石橋凌が良かった。石橋凌って、あのスッパマン体型でもカッコイイんですよね。

    それはともかく、こちらの映画は空手のできる俳優ではなく、演技のできる空手家を起用しています。

    主人公の3人の内、メインの2人は空手の実力者・キーパーソンです。

    故・真樹日佐夫先生を筆頭に、極真系にもそういう人たちは多々おりましたが、どうも梶原一騎臭が漂って、そういうカラーに持っていかれてしまうんですよね。
    いや、それはそれで大好物ですけどね。

    伝統派空手の人たちなので、マッチョ的なアプローチではなく、型の綺麗さで魅せてくれます。

    あと、セールスポイントの一つである速さとか。

    結構、本作のアクション(擬闘)は、初弾の突きで終わらせるパターンを多用してます。

    それと、当ててます(w オイ!

    メイキングでは口から血出てるし。

    演出的に謎な部分も多いですね。

    なんで、そんないきなり憲兵隊と対立するのかわからんし。

    やられ役のヤクザもおかしい。

    3人組なんですが、全員着流しでド派手な赤・青・黄の着物です。

    吉本新喜劇やないっちゅねん。

    しかも、ヤクザのくせにやたらとフライングニールキックとかヘタしたらカポエイラみたいな蹴り技出すし。

    伝統派空手からの挑発メッセージなんでしょうか。

    ラストの立ち回り。

    なぜか、モノクロ画面になります。

    昔のピンク映画はさわりのシーンになると、それまでモノクロだったのが総天然色(パートカラー)になったらしいのですが、その逆ですね。

    意図がわかりませんが。

    全体的なストーリーとしては、なんだか香港カンフー映画みたいです。

    やはり、主役が俳優としての魅力にかけるので、イマイチ感が残ります。

  • 空手映画です。

    メインの役柄が俳優の起用ではなく、その道を極めている方のご出演なので、なによりまず実演に感動しました。

    素人目にも画面越しからすごい迫力と威圧を感じましたし、多々ある格闘シーンでは、次の一手がどこからくるのか予測出来ないほどの早さと無駄のない動きに感慨無量というか、ため息しか出ませんでした。

    ただ演出には若干無理があるというか、おそらく空手は刀にも負けないよ、と提示するためなのでしょうが、神社の境内で殺生ざたがあったり、生身の人間にいきなり刀を向ける軍の隊長達に違和感はぬぐえませんでした。

    映画としてのストーリー性もあるにはあるのですが、終着点が義龍と大観の二人の生き方の物語なので、彼ら二人以外の登場人物たちは最後までただ巻き込まれての終わっているので、この辺せめてもうちょっと丁寧に練り込んで欲しかったですね。

    演技面に関しても違和感はなく、特に大観役の方は俳優さんではないはずですが、場慣れしてるのかかなり自然でした。

  • 空手アクションとしてはかなりいいと思います。

    戦闘シーンは圧巻です。

    昭和時代前半にそんな派手な飛び廻し蹴りはないとか

    ヤクザが上段突きで突っ込んでこないだろとか

    そういうツッコミは「一切」取っ払って見て下さい。

    私にとっては空手映画の中ではベストかな。

    メイキングも中先生達三人の解説が入っていて

    かなりイイです。

全3件中 1 - 3件を表示

黒帯 KURO-OBI(通常版) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする