奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)

  • 49人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (7)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 日本一ソフトウェア (2008年3月6日発売)
  • PlayStation2
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4995506001384

奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なごさーん!!熱烈に日織と和くんのコンビを応援したくなる。
    ドラマCDも楽しかったです、やはり声が入るといいなぁ(ゲーム本編にボイスは無いです)
    日織ボイスに悩殺されるかと…遊佐さんボイス!!
    アルは平川さんでしたりザックが伊藤さんでしたり。
    しかし腹立たしいのが、バグでアルバムが埋まらないらしいことですね(苦笑)それはないよ…。
    内容的には難易度が高いかもです、どこから手を付けていいのかよく分からないので…とほほ。
    でもこのシリーズが好きなんだ自分。

  • 3D酔いが酷かった・・・。でもモチーフは良かったと思います。

  • 積み中。

  • 致命的なまでにバグ多すぎ。キャラクターは相変わらず魅力的だが、オチは激しく賛否両論分かれると思われる。
    謎に関しても暗号文に頼りすぎている感あり。色々と残念。

  • まだ未プレイなのでレビューは後ほど。

  • 真EDさえ見れば評価は★5つじゃ足りない。今回は登場人物たちの個性が強くて魅力あるキャラばかりでした。攻略本が出ないため、攻略サイトにお世話にならないとかなり難しいですがやり込む価値はあります!音楽は「もう架からない」が特に好きだったので今回の特典もドラマCDじゃなくてサントラが良かったです。ドラマCDは全然声優が合ってないので一回聞いたっきりでもう二度と聞かないと思います。ドラマCDいらないから値段下げて欲しい…。ちなみにお気に入りはディートリヒ・ケステン。アルの執事でアレな人です。かっこ良い。このソフトは売らないと思います。ストーリーはなかなか感動しました。そして今回は全く展開が読めないというか犯人が全くわかりませんでした。

  •  ボリュームアップされた続編。二度あることは三度あるということで、三作目も望めるでしょうか。
     推理よりも謎解きの方が多くなっているので、暗号解読等が苦手な方は攻略HPを参考にさせていただいた方がやりやすいかも。話は前回とシチュエーションも被る点もありますが、楽しめます。個性的なキャラの数々、あと、エンディングもキャラ別にあるのでそれもそれで楽しめる要因かと。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)はこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)を本棚に登録しているひと

奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

奈落の城 一柳和、2度目の受難 (「奈落の城ドラマCD 一柳和、混迷の序章」同梱)を本棚に「積ゲー」で登録しているひと

ツイートする