クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]

  • 2092人登録
  • 3.62評価
    • (194)
    • (405)
    • (459)
    • (62)
    • (16)
  • 406レビュー
監督 : 松尾スズキ 
出演 : りょう  内田有紀  蒼井優  宮藤官九郎  大竹しのぶ 
  • 角川エンタテインメント (2012年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126205607

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2007年公開。


    いやぁ〜コメディかと思いきや

    芯がしっかりした
    シリアスなストーリーで
    深く考えさせられる内容でした。


    クワイエットルームとは、
    閉鎖病棟内にある
    命を粗末にする患者を
    閉じ込めておくための部屋。


    フリーライターである主人公・佐倉明日香が、
    ふと目を覚ますと
    そこは閉鎖病棟の白い一室。

    しかしそこにいる理由が思い出せない。

    観る者は
    明日香と一緒に
    途切れた記憶を辿りながら
    一見普通に見える主人公の闇に自分を重ねて、

    実は誰もが
    クワイエットルーム予備軍だということに気付かされる
    脚本の巧みさ。


    しかし、ぼさぼさ頭でスッピン姿にも関わらず、
    主演の内田有紀の美しいこと(^O^)

    コメディエンヌとしても
    いいもの持ってるし、
    体を張って汚れ役に挑んでます。


    “言われるがままの男”こと(笑)
    彼氏の鉄ちゃんには
    宮藤官九郎。

    半ケツ姿で泣いてるシーンに爆笑やし(^O^)


    過食症の西野を
    強烈なインパクトで演じるは
    大竹しのぶ。


    食べたくても食べれないミキに
    役作りのため7キロも体重を落として挑んだ
    蒼井優。


    鉄仮面な、
    りょうのナースより、

    個人的には
    淡々と業務をこなす
    若いナース役の
    平岩紙が
    いい味わいだったし、

    他に松尾作品常連の
    庵野秀明や塚本晋也の怪演も見ものです(笑)


    ストレスを溜め、
    夜眠れず
    お酒でうさを晴らす、
    自分たちの周りにもいる
    「普通」と呼ばれる人々。


    精神を病んでると判断された人と
    そうでない人の
    境界線なんてものは
    本当に曖昧で、

    いつ自分たちが
    クワイエットルームに入れられても
    おかしくない現実。


    狂っているのは
    どっちなんだろ?

    もしかしたら
    人が正常でいられなくなる
    こちらの世界の方が
    おかしいのかもしれない…。



    患者たちと心通わす日々の中で
    真実に気付く明日香。

    ありのままの自分を受け入れて
    なお生きることを選択する
    明日香の決断には、
    激しく心揺り動かされました。


    しかし、本気になった松尾スズキは
    やっぱ
    スゴいわ♪

    笑いとシリアス加減が絶妙だし、
    重いテーマを
    飽きずに見せる力量は
    もっともっと
    評価されていいと思います☆

  • すきなセリフ「おーい、おーい」

  • 宮藤官九郎と妻夫木聡のノリが最高。
    大竹しのぶの演技に感服。

    精神病院という設定は面白いけど、ストーリーはそれほど響かなかった。

  • 17歳のカルテを思い出す

    こんなふうに自分の気持ちを抑えきれずに出すのと
    人の迷惑にならないように生きるのは
    どっちが苦しいのだろう


    どこにだって社会は存在して逃げられない

  • 『リリス』『カッコーの巣の上で』『17歳のカルテ』などの精神病患者を扱った傑作をなぞっただけではない。
    精神病棟という閉鎖された舞台劇として秀逸なのだ。これは舞台の世界で名を上げた監督ならではといえるだろう。また一言では到底語れない主題とコメディのバランスが絶妙だ。

    「救いがない」のは映画において、その作品の優劣を決めるセンテンスにはなりえない。そもそも、このような主題を救えるのならば、映画なぞ撮らないでよろしい。ラスト5分の、ずっしりとした空気こそ、この映画の本質であろう。「救いがない」のかもしれないが、それ以上に監督は「認識」を我々に迫らせているのだろう。

    正に体当たりという表現がしっくりくる内田有紀が抜群に良い。役者としての力の高さをお釣りがくるほどに証明している。
    大竹しのぶの監督の意を汲む演技はさすがだし、宮藤官九郎も作品にユーモアをもたらしている。蒼井優、りょうも役を物にしている。松尾スズキ監督の役者を「操る」手腕は確かなものがある。

    『リリス』や『カッコーの巣の上で』などと比べると、主題を乗り越えるカタルシスが不足していたので、★は-1としておくが、傑作であることは変わりない。

  • 「病院」という空間で、遊びに来ている人なんかいないはずなのに、苦しんでいるのか、楽しんでいるのかがわからなくなるくらいそれぞれの自分勝手さがはちゃめちゃに暴走していて、あまりのカオスさに感覚が麻痺して、口元が緩んで、終いには笑ってしまいました。

    登場人物は「この人にこんな役をやらせて、こんなことをさせたら面白いだろう」と言わんばかりの配役で、凄く演出が生き生きしていていました。

    面白かったです。

  • つまんね

    蒼井優もいまいち

  • 精神科病院の風景が結構誇張されているけども,患者同士が影響を与え合ったりするのとかは,病院ならではの感じがうまいこと出てたように思う。
    エッシャーの無限回廊のパズルを作るとか,ちょっと皮肉というか,うまいことテーマを重ねているというか・・・。

    なにより,内田有紀がやっぱり可愛かった・・・。

  • 酒と睡眠薬を大量に摂取してぶっ倒れた女は自殺未遂と疑われ、精神病院のとある一室に“監禁”された。
    そこではフツーに生きることを目標にした人たちがわんさかいる。
    自分はそんな連中とは違うと主張する女だったが。。。。

    人が大きく方向転換するときは、一度「死」を経験する。
    死ぬことでこれまでの殻を脱ぎ捨て新たな生命体へと再生するのだ。

  • ザックザック色んなモンが突き刺さる映画だった。面白かった。笑えた。泣けた。
    内田有紀演じる鬱陶しくてメンドクサイ女が自分にカブり過ぎて痛かった。痛女!!

    居場所を求めていた。というより、誰かにすがって、しがみついて、そこに居て良いのか確認しようとしていた。

    なんというまぁ、卑屈な態度で。

    何にそんな不安になっとったんだろう。すがりつかなきゃ立ってらんない位アタシの足元はゆるかったのか?自分で崩してきただけじゃなかろうか…。

    物凄いタイミングで観てしまったせいで、かなり深いとこまで抉り取られた気分だったけど、全体的に笑える要素が多かったのが助かった。松尾スズキ凄すぎ。


    そして終始クドカンに萌えまくり。

全406件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]に関連するまとめ

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする