1303号室 DTSスペシャル・エディション [DVD]

  • 21人登録
  • 2.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (5)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : 及川中 
出演 : 中越典子  古田新太  深田あき  大谷直子  板谷由夏 
  • 角川エンタテインメント (2011年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111285102

1303号室 DTSスペシャル・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雰囲気はこわいけど・・・それだけ(;´▽`)
    なんかこわがらせたいだけだろっていう
    無理矢理な感じだった。

  • 怖がらせ目的の作品。

    多少びびる箇所はありますが、ストーリー的には矛盾がいっぱいで微妙。。。
    しかも途中から、チープ・・・。

    髪の毛。。。長いし!!!ありえないから~~!!
    なんか、アメリカっぽいホラー。しかも怖さが半減する。

    中越典子の服がはだけることのほうが、怖さに勝って、注目シーンでした。なんであそこではだけるのが必要なの?

    ストーリー性重視な人は見ないほうがいい。

    ***

    2008.04.28

  • わりと安心して見られるホラー。
    前半は中々良かったが後半は完全にお笑い。
    分かりやすいけどもったいないなぁ。
    まあこういうのもありって事で。

  • 邦画(制作韓国?)ホラー、なんだけどSF作品なのかもわからん。

    登場する人々は、ドッグフードやお骨やペットボトルをまるでスナック菓子のような感覚でポリポリ食べてみたり、ドラえもん化してみたりと、非常にファニー。
    見所の終盤は、スーパーロングヘアーエクステともビオランテともつかない正体不明の何かが登場するシーンが最高。ラストはケイオスやら言動不可解やらでとりあえず理解不能。


    J-ホラーは今や完全にネタ切れしていると確かに思いますが、だからといってここまでハッチャケて良いものでしょうか。
    CG合成も酷いもので「アジアのB級ホラー映画もこのレベルまで…フフ」と、謎の感動を禁じ得ません。ツッコミどころ満載で久々に愉快な映画でした。笑いが止まりません。まったく怖くはありません。ポロリもあるよ。

    それにしても昨今のオバケは、携帯電話だの写メールだの、完全に現代社会に適応していて感心する。

  • http://www.verycd.com/topics/201749/

    aviです。少々難解な部分も。

  • 制作年:2007年
    監  督:及川中
    主  演:中越典子、古田新太、大谷直子、深田あき


    海の見える高級マンションの最上階に位置する1303号室に引っ越してきた沙弥香は、明日から始まる恋人・健一郎との同棲生活に胸を高鳴らせていた。しかし、友人を招いてのホームパーティの後、沙弥香は突然ベランダから身を投げてしまう。
    その死を目撃した健一郎の言葉から、沙弥香の死に不審を感じた姉の真利子は、部屋の整理も兼ねて一人で1303号室を訪れる。
    そして明かされるのは、悲哀と残酷に呪われた過去だった…。

  • ホラー映画でした。知らずにタイトルだけでみてしまった。こわっ!と思うところもあるけど、大概、こういう話はなんかの祟り?なので、そちらのほうを知る楽しみというのもありました。まあまあかな?なんか、みんな飛び降りちゃったなぁ〜。という映画。

全7件中 1 - 7件を表示

1303号室 DTSスペシャル・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする