ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 245人登録
  • 2.81評価
    • (3)
    • (23)
    • (76)
    • (33)
    • (12)
  • 49レビュー
監督 : ジョエル・シューマッカー 
出演 : ジム・キャリー  ヴァージニア・マドセン  ローガン・ラーマン  ダニー・ヒューストン  ローナ・ミトラ 
  • 角川エンタテインメント (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111285171

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジムキャリー主演のサスペンス映画。アニマルコントロールで働くウォルターは、ある日仕事で妻との約束に遅れてしまう。ウォルターを待つ妻のアガサは、古本屋で一冊の本を手に取り、読みながら彼を待っていた。その本に書かれていたのは、23という数字に人生を狂わされていく1人の刑事の物語だったー。

    ジムキャリーはやっぱりコメディの印象が強すぎて、シリアスな刑事パートも何か笑ってしまうし、サックスが似合わなすぎて…笑 どんでん返しではありましたが、何となく物足りないというか。最後にもうちょっと怖い感じで終わって欲しかったかなー。

  • ジム・キャリーさん、大好きなハリウッド俳優の一人なのですがこの映画、残念です。。。ジム・キャリーさん演じる動物保護官・ウォルターはやたらと23という数字に執着して、身の回りの出来事を何でもかんでも23という数字に結びつけちゃうのですが、そこにはウォルターが背負う暗い過去が。。。サスペンス/ホラー好きには興味を誘う内容なのですが、なんかパッとしないんですよね~。ゴールデンラズベリー賞の最低主演男優賞にノミネートされてしまった事もうなずけます。

  • ジム・キャリーハンサム~目の保養になりました♪ ベタですね。でも、「父親が教えたい正義とは違う」「ハッピーエンドではないが正しいラストだ」ってセリフが心に残った。あと、ラストのジム・キャリーの表情も。

  • ジム・キャリーの中で一番つまらなかったかな

  • 一応どんでん返しなんだけど なんだこれ
    まず100ページぐらいの本 全部読めと

    死んだ女の子の名前がローラってところと
    怪しい男として登場する人がツインピークスのローラのお父さんやってた人だった気がするんだけど
    デヴィッド・リンチがすきってことなのかしら

  • 周りにある23にまつわる事実に次第にとらわれ、その数字の意味を求め、探し始める。車のナンバーから、誕生日、時計にいたる様々なところに23が隠されているので、目を凝らしながら謎解きを一緒に進めてゆく。次第に明らかになる真実とともに、ラストまで一気に進むストーリー展開。23の意味の部分が、歴史などとも合わされた深いものであればよかったかな。

  • 予告編に魅かれて観ました。
    オチが残念ですが、結構楽しめました。

  • 期待してたんだけどなぁ〜
    全体的に作りが甘いなぁ・・
    もう少しドキドキ感を煽る仕掛けが必要やね〜

  • [2007年アメリカ映画、TV録画鑑賞]

  • なんで本なんか残したの?

全49件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする