Live

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
アーティスト : Jacksons  Michael Jackson 
  • Sbme Special Mkts. (2008年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0886972394121

Liveの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • its cool!!

  • 絶頂期のマイケル(と、兄弟達)のライヴ・パフォーマンスが聴けるのが、1981年の全米ツアーの模様を収めた、それまでの12年間のキャリアで初となるライヴ盤"Live"です。
    ジャクソン5時代の曲、マイケルのソロ曲も含んだ全14トラック(メドレー有り)は、彼等が視覚的な部分だけでなく、音楽的にも素晴らしいことを見せ付けてくれます。

    "Opening〜Can You Feel It"の時点から、歓声が凄く、いかに人気があったかが分かります。
    ノリノリで踊れる曲が多く、中でも"Things I Do For You"〜"Off The Wall"は生で観たかったな〜と思わずにはいられません。
    この後、マイケルのメンバー紹介が入り、"Ben"が演奏され、その後"This Place Hotel"、"She's Out Of My Life"の後に、ライヴでも上映された映画(ジャクソン5の回想で、"I Want You Back")が流れ、それを止めるマイケル。
    "Never Can Say Goodbye","Got To Be There"が少しだけ演奏された後、本作、最大の聴きどころ、ジャクソン5時代のメドレー("I Want You Back〜ABC〜The Love You Save")になります!
    モータウン・サウンドの1つの頂点がここにある、と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。
    不満なのは、メドレーでなく、1曲毎にちゃんと演って欲しかった、という点ですが、それでもこのアルバムの価値が損なわれることはありません。
    この後、"I'll Be There"もあります。
    マイケルのヴィブラードをかけまくりの歌声が、曲に合っています。
    数多くのアーティストがカヴァーしていますが、この曲は、マイケルが1番、魅力的に歌いますね。
    "Rock With You"からは、またダンス・ナンバーが続きます。
    "Lovely One"聴くと何故か、ドリフを思い出してしまう・・・(笑)
    "Working Day And Night"は、最初の"ドゥドゥ・・・・"が、聴きどころですね。
    "Don't Stop 'Til You Get Enough"も裏声が上手いこと出てますが、たまに疲れているのか、声を伸ばす最後に、ハッ・・という呼吸が、結構聞こえます。そこがまた、ライヴ感を出していて、良いです。
    最後は、"Shake Your Bady"。
    観客との"ホ〜ウッ","ヒェ〜ッ"の掛け合いは、聞いてて楽しいです。

    全体を通して、ジョナサン・シュガーフット・モフェットのドラム、ビル・ウルファーのキーボードがでしゃばり過ぎず、良かったです。

    どの曲も、テンポが良いので、あっという間に聴き終わってしまいます。
    車で聴きたいアルバムですね。

    ただ、やっぱり、マイケル・ジャクソンという人は、圧倒的なダンスによる視覚的な魅力が凄まじい人なので、音だけ聴くのでは、魅力が半減してしまうのもまた事実です。
    そういう意味では、映像でなければ、駄目なのかも。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

LiveのCD

LiveのCD

ツイートする