アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- - PSP

  • 101人登録
  • 4.11評価
    • (20)
    • (13)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
  • スクウェア・エニックス (2008年3月6日発売)
  • Sony PSP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4988601005517

アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- - PSPの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文字通りの「神ゲー」です。
    戦闘システムが面白い。

  • 「お前は死神とどこが違う」
    神様が主人公のRPG

    キャラクターが死んだ時に、待ってましたと言わんばかりに登場して仲間にしてしまうレナスはどことなく人間臭かった。
    2週目へ続く・・・

  • VP一作目。プレステ版からプレイ。
    とにかく時間をかけて全て攻略しました。アクションがマリオでさえ出来ないほど苦手なのに頑張った。それ位面白かったです。
    何回でもやりたくなるわぁ~。

  • 同僚に勧められました。やってみてと。まだいまいち仕組みがわからんです

  • 人生初のRPGで私の中で一番のゲーム。とってもよかったです。人間と神の間であるヴァルキリーの立場やいろいろな人の死、世界観が好きです。一人一人の人間の死に考えされられました。

    PSP版はムービーが綺麗でした。ただAエンドは攻略本がないと絶対いけないです。

  • 高校生の頃やって、よくわからなかった。
    大学生になって、PSP版やったら、ストーリー追うぐらいはできた。
    セラゲ行くには攻略本必須。
    一味変わった戦闘が癖になる。
    レナス+フレイ+レザード+ブラムスのパーティも好きだけど、セラゲ前の、レナス+洵+バドラック+詩音orリセリアorメルティーナのパーティも思い入れ深し。

  • 運命を司る女神、レナス・ヴァリュキュリアが来るべき神界戦争『ラグナロク』のために下界の死した戦士を集める話。

    下界の戦士は死後、ヴァルキリーによってエインフィリアにスカウトされる。
    多くの場合、エインフィリアは自分の死後残された人間の運命をヴァルキュリーに託す。
    ある者は戦に死に、夢に生きそして死に、守る者のために死に、そして多くの者は徒に死ぬ。

    本編のストーリーは邪神を倒せ、というような感じなのだが、メインは下界のエインフィリア集めだと考えるべき。

    テーマ
    『死』
    『何のために闘うのか』
    『自分は何を犠牲に出来るのか』

    続編が出るというので今のうちにレビュっときます。前作のキャラが出てくることを、そしてエインフィリアたちの濃い人生模様を激しく期待。

  • 世界観、ストーリーの重厚さ。高いゲーム性。

    私の中では不動のNo.1。

    北欧神話がベースなのもよかった。

    ヴァルキリー戦乙女による死者の魂の選定。

    どのチャプターで誰の魂をおくるかが大きな鍵に。

  • 決め技がかっこいいゲーム。
    ・・だけではありません。
    かなりやりこめます。トライエースらしい作り、らしいです。
    サントラもアレンジも購入してしまうほど音楽もいいです。

    神話など少し知ってるだけでもニヤニヤできます。
    戦乙女などの単語や決め技、武器がすごく中二くさくて大好きです。
    声優さんもとても丁寧に役を演じていられます。

    PS版では最後(Aエンド)アニメーションになっていましたがPSPでは綺麗なムービーになっています。
    PSPではところどころムービーの追加されていて丁度いい量です。
    きっとこれ以上ならウザかったと思います。
    続編のアリーシャのムービーもスタッフのお遊び程度に入っています。

    うるわしいレナスたんはぁはぁしたかったのでムービー追加版で。
    値段も手ごろになってるよ!

  • これはいい名作

全16件中 1 - 10件を表示

アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- - PSPはこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- - PSPを本棚に「プレイしている」で登録しているひと

アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- - PSPを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする