フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]

  • 57人登録
  • 3.61評価
    • (3)
    • (12)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
監督 : トニー・ビル 
出演 : ジャン・レノ  マーティン・ヘンダーソン  ジェニファー・デッカー  ジェームス・フランコ  タイラー・ラビーン 
  • ジェネオン エンタテインメント (2008年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102483739

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • WWIの米国義勇兵航空隊の若者たちの物語。
    ドイツのフォッカーDr.Ⅰがカッコいい。「黒いタカ」以外のドイツ機の塗装が全部レッドバロンなのは、流石にWWⅠ詳しくないけどおかしいと思う。考証が甘いというのは他でも言われているようだ。
    複葉機の空中戦を描いた映画としては貴重かもだけど、物語としては勇気と友情で宿敵のエースを倒すという、この手の映画にはありがちな感じでそこに見るべきところはない。
    人を殺す苦悩も戦争の悪の本質も見せず、悪役ドイツを倒しフランスを救った若く勇敢なヒーローたちっていう単純でわかりやすいだけの話は、映画としてはアリだし、昔は流行ってたけど、今日優れた戦争映画として受け入れられるものではない。その点で、自分にはカッコいい複葉機を眺める以外のこの映画の楽しみは無かった。でも、ストーリーの弱さとか見ても、多分製作者としても単純に複葉機の戦いを映像化したかっただけで、他に重きは置いていないのだろう。その意味ではアリな映画とは思う。
    ベトナム反戦運動以降、戦争のリアリズムや負の面にクローズアップする戦争映画が目立つなかで、この時代でこんな能天気な戦争ヒーローものが出来たっていうのがある意味貴重。知らないだけで本当はもっといっぱいあるのかも。
    そういえば、ヒロインが可愛かった。

  • なかなかわくわくさせてもらいました。

    面白い

  • 当たるなよー当たるなよー当たるな……あー!当たっちゃった!
    敵機の弾が飛んでいるシーンでは祈りっぱなし
    本当の戦争ではもっとあっさりみんな死んじゃうんだよなあ
    それにしても、ドッグファイトって格好いい!
    特に敵エースとの決着にはしびれました
    黒いやつ、余裕かましてっから負けちゃうんだよ~

  • 飛行機の対戦シーンとBARでのやりとりが好き!

  • 上官ジャンレノとのブリーフィングで「何か質問は?」「ランチの時間までには戻れますか!」「戦略的な質問だけにしろ」「すみません、緊張をほぐそうと」「そういうのはいらん」という会話があり、ああ、これ私の人生の縮図だ、と思った。

  • 『フライボーイズ』[Flyboys]( 2006)アメリカ/140分

     “1916年初頭のヨーロッパは第一次世界大戦で荒廃し、900万を超える人々が犠牲になっていた。発明されたばかりの飛行機は、すでに主要な兵器として戦争に組み込まれていた。
     飛行機、中でも戦闘機を飛ばすパイロットは若者の憧れであり、新しい形の英雄が生まれ始めていた。

     アメリカ テキサス州アバディーン、ブレイン・ローリングスは代々続いた牧場が銀行に差し押さえられ、銀行員を殴り倒した一件で逮捕状が出ていた。逮捕されるよりはと心機一転志願することに。
     アメリカ ネブラスカ州リンカーン、ウィリアム・ジェンセンは代々続いた軍人の家系に連なる人間として志願。
     フランス マルセイユ、ユージン・スキナーは、アメリカより差別が少ないとしてフランスにやってきた黒人ボクサー。フランスで受けた恩を、戦場で返したいと志願。
     アメリカ ニューヨーク、ブリッグス・ロウリーは、ハーバードを退学して以来父親から家名を汚す一方として、ロウリー家の名にふさわしいことをなせと志願を強要。
     若者たちは、それぞれの思惑をもってフランスのパリに到着。さっそく航空兵の制服を新着して一路ヴェルダンに駐屯しているラファイエット戦闘機隊にやってきた。
     さっそく隊の副官から、現在この基地の現状の説明を受ける。イギリスの飛行隊はブリストル、ソッピース、RAF S.E.5a。フランスの航空隊は、ニューポール11を使用していることを聞く。
     ジョルジュ・セノール大尉の訓示は、フランス語で始まった。志願してきた新兵たちがフランス語がチンプンカンプンな様子を見てあきれるも、英語に切り替えてふたたび訓示が始まった。
     我がフランスは、敵国ドイツの攻撃を受けて以来戦いを続けている。これまでにすでに100万人の前途ある若者の命を失った。君らの国アメリカは、戦争に背を向けているにもかかわらず、君たちは勇敢にも志願してこの自由の戦いに加わることとなった。諸君に戦争に勝てとは言わない。己の良心と勇気の命ずるところに従って行動してほしい。諸君の訓練期間は2ヶ月、その後諸君の隊で初のエースが出ることを楽しみにしている。
     大尉の訓示中に被弾しながらも無事着陸した20機撃墜のスコアを持つ先任搭乗員のリード・キャシディーは、ここの戦闘機隊飛行士の平均寿命は3~6週間。命のあるうちに帰れと、釘をさす。
     掘立小屋を創造していた新兵たちにとって、ロウリーの父親が借り上げていた宿舎は豪勢なもので、目をみはるばかりだった。
     ウィリアム・ジェンセンとヴァーノン・トッドマンは1号室、ブリッグス・ロウリーとエディー・ビーグルは2号室、ブレイン・ローリングスとユージン・スキナーは3号室と部屋割りも決まり、いよいよ基礎訓練が始まる。
     ローリングスが初飛行一番乗りを果たした1ヶ月後、ついに愛機ニューポール17を受領し二日後いよいよ初出撃と決まった。
     ドイツ軍は、パリ侵攻の一環としてムーズ川目指して進撃をつづけていた。我々の地区で進撃を阻止するため、明朝0600ドゥルコン上空にてハンドレページ爆撃機2機と合流。そのまま撃機の護衛としてジャメに向かう。目標はドイツ軍の武器弾薬集積所、当然敵も警戒していて阻塞気球でケーブルが張り巡らされ、高射砲陣地も6ヶ所確認されている。
     飛行隊の指揮はキャシディーが執る。決してまっすぐ飛んではいかん、動きを読まれるな、先に敵のケツにつけ。
     早朝0400、初陣に胸が高鳴る新人アメリカ兵搭乗員達が出撃。だが待ち受けていた百戦錬磨のドイツ軍の反撃を受け、なすすべもなくヴァーノン・トッドマン、ディウィット、ナンの3名が戦死するという手痛い洗礼を受けるのだった…”

     は~い★ 今回は、第1次世界大戦中フランス空軍に実在した中隊“ラファイエット戦闘機隊”の実話に基づき作られた『フライボーイズ』です。

     中隊に冠されているラファイエットとは、19歳の若さで周囲の反対を押し切り私財をなげうってアメリカの独立支援のため義勇軍を率いて1777年7月27日アメリカ・フィラデルフィアに到着した、フランスのラファイエット侯爵のことです。

     ドイツ軍機として登場するフォッカーDr.Iのほとんどが赤色っていうのはどうかと思いますが、ゴータ G.IVとの空中戦、ツェッペリンとの空中戦、ハンドレページ爆撃機など見どころ満載で、特にILMが担当したツェッペリン爆破のシーンは秀逸で、あとにも先にもこれを越えるシーンはいまだにないと思います。

  • 複葉機ってロマンがありますね。それだけの映画。あとヒロインが超かわいい。

  • 解説:

    第一次世界大戦時、義勇兵としてフランス空軍に加勢した“ラファイエット戦闘機隊”の実話を基に、アメリカ人初の戦闘機パイロットとして活躍した勇敢な若者たちの愛と正義の物語を、複葉機による迫力の空中戦満載で描いた航空機アクション大作。

    第一次世界大戦真っ只中の1916年。

    中立を守るアメリカでは、テキサスの農場に暮らしていた青年ローリングスが土地を追われ、新天地を求めてフランスへ渡る。

    そこで、戦闘機パイロットの活躍を知ると、自分の未来を懸けて“ラファイエット戦闘機隊”に参加する。

    そして、同じように事情を抱えてアメリカからやって来た仲間たちと共に、司令官のセノール大佐の下、訓練に励むローリングスだった。

  • レシプロ機とWW1時代の飛行機乗りについて知りたくて購入。
    参考になる部分も有ればならない部分も。

  • すこしセオリー通りで俗物的な展開かもしれないけれど一次対戦の飛行部隊に焦点とあって、これウハウハじゃないか、と。個人的には。好き!

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする