ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【通常版】 [DVD]

  • 29人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 松本淳 
出演 : 子安武人  岡本信彦 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530024541

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【通常版】 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *DVD第1~10巻に当たるレビューをまとめてここに。

    【印象】
    現代の日本における架空の都市。
    三兄弟の長男は若いながら警察署長、次男と三男は10年振りに彼の元へ。
    妙な能力と噂、怪事件。

    【脚本等】
    後半の盛り上がりに欠けると感じる人もいるかもしれません。
    登場人物それぞれを巧く活かせていない様に思いました。

    【画等】
    人物に関して少しだけ独特で、口の位置がやや高く、目が離れているように感じました。
    視聴している内に慣れるのではないでしょうか。

    【声等】
    問題なく、よいと思います。

    【備考】
    全26話です。
    原案である「ペルソナ3」をプレイしているならばより楽しめるかもしれません。

  • 全部観終わりました。戦闘シーンがロボットアニメとは明らかに違ってた。ちょっと過激なシーンもあるので注意です。

  • 伏線の多さは作品の良し悪しに大きく関わるんだなあ‥と痛感。
    声優さんの演技や作画の丁寧さもあってグッとくるシーンが多かった。

  • 日本海に面した富山県の新興都市“綾凪市”。10年前から東京の親類に預けられていた神郷慎と洵の兄弟は、兄である諒のいる実家に戻ってきた。

    綾凪市ではいくつかの怪奇事件が発生していた。富山湾の潜水艇の中からは乗組員が姿を消し、市内には10年ぶりに無気力症の人々が現れ、何人もの学生が表裏反転した無惨な死体となって発見された。綾凪警察署長である諒は“ペルソナ”を武器に秘密裏に一連の事件に潜む組織を追う。慎らもまた事件に巻き込まれていく中で“ペルソナ”を発現させる。

    この一連の事件の真相は? そして、三兄弟の運命はどうなっていくのか……。

    第1話から第26話まで全話

全6件中 1 - 6件を表示

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【通常版】 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする