drammatica-The Very Best of Yoko Shimomura-

  • 71人登録
  • 4.23評価
    • (25)
    • (5)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
アーティスト : ゲーム・ミュージック 
  • スクウェア・エニックス (2008年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988601461023

drammatica-The Very Best of Yoko Shimomura-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  下村陽子さんの作品が決定的に好きになったのは、上記キングダムハーツの音楽とPS版「聖剣伝説(レジェンド・オブ・マナ)」の音楽が決定的でした。
     (・・・といっても、恥ずかしながら同じ方とは知らずに、ゲームの「ストII」の音楽もずっと聴いていましたが。)
     
     それだけに彼女の代表作の作品が生オーケストラで聴けるこのアルバムはファンにとってはとても嬉しいアルバムです。
     その他の彼女の代表作、フロントミッションシリーズや、一時期大変なプレミア値がついた「ライブ・ア・ライブ」の曲の一部も収録されているのも嬉しいですね。

  • KHと聖剣LoMお目当てでしたが、知らない作品ふくめて素晴らしい...さすが下村さんと言うべきアルバム

  • 思い出補正かければ★5。下村女史の引き出しの多さには驚かされる。

    とはいえ正直音が薄いというか音質が悪い気がするのでやはりこちらより原曲の方を推したい。原曲を聞き飽きたよ、って人なら試しに買うのもアリかもしれんが、これ単体を買うのはあまりオススメできない。

  • 下村陽子さんがスクエニで担当した楽曲のオーケストラアレンジCD。LIVE A LIVEやLegend of Manaなどから評判の高い曲を中心にが選ばれている。
    オケ収録したにしてはちょっと迫力にかける感じがしたけど、まあ元が古い曲だし、思い出補正もあるのかもしれない。

  • 「LIVE A LIVE」他名曲を手がけた下村陽子さんのアレンジサントラ。

  • ( ゚∀゚)o彡° オケアレンジ!オケアレンジ!!

  • 下村陽子さんのいろんなゲームからのオケアレンジCD。
    私が知っているのは、聖剣LOMだけ・・・だったりしますが、買ってしまいました(笑)。
    だけど、まったく問題なく、楽しく聴かせていただきました。
    下村さんご本人も書かれていたけど、確かに重い曲が多いかも。
    でも個人的には重いの好きなので。
    サウンドも弦ばっかりじゃなくって、管もたくさん聴こえてきて好きです。
    どの曲も良かったので減らすのは難しいけれど、1曲あたりオケ編成だとやっぱり5分くらいは欲しかったかな・・・というのがちょっと残念かなぁ。


    ♪オススメピックアップ

    3. Destati (Kingdom Hearts)
     キングダムハーツってこんな曲がメインなの??
     すごいクラシックよりで大迫力。「ヴェルディのレクイエム」・・・納得。

    4. ホームタウン ドミナ (聖剣伝説Legend of Mana)
     のんびりした曲調がいいですね。原曲を壊さず、暖かくって綺麗。
     途中でマイホームの曲が入ってきておおって感じ(笑)。
     他のゲーム曲は分からないけれど、他の曲も違う曲がまぎれているのかな?

    5. 鳥児在天空飛翔 魚児在河里遊泳 (Live a Live)
     この曲、ツボ!短いのが寂しい。タイトルは読めないけどね(笑)。
     オケなのでもちろん弦が入っているんだけど、響きというか曲が現代吹奏楽って感じ。
     チャイニーズシンバルが痺れる♪

    8. Tango Appassionata (Heroes of Mana)
     ハンドネオンがすごく色っぽいタンゴ曲。初めて聴いた時にはびっくり。
     スピード感あふれる旋律が心地いい。

    9. 彩の大地 (Legend of Mana)
     初めは原曲とあまり変わらないのかな?と思ったんだけどそうでもなくって。
     ほとんど変わらない旋律を使いながらの展開、中間部の木管の掛け合いが素敵。
     そしてかなりのハイテンションで、金管が裏旋律をバリバリやってて好き。

    11. 13th Anthology (Kingdom Hearts)
     入りが暗かったのでどうかと思ったんですが、その後からバトル曲からいろいろ入ってきて好き。
     ピアノもすごく力強くて、この曲が一番ドラマティックかな?最後まで楽しめる曲。

    12. Manifold Irons (Front Misson)
     公式サイトで原曲を視聴して、正直「うゎ、無理。」と思った曲(笑)。
     あの木管のスケールは無理でしょう!弦がやってるのか~と思ってたら、木管も!
     ただただ、すごい!の一言。私は楽譜を渡されたら、謝りますよ?(爆)
     全体的にスピーディーでかっこいい曲です。

    13.滅びし煌きの都市 (Legend of Mana)
     「滅びし」というより「涙色した輝きの・・・」のアレンジって感じがする。
     原曲とあまり変わらないけれど、旋律自体が綺麗だから、弦のソロがとても綺麗で。
     最後の伸ばしの旋律、原曲と同じくオーボエに歌い上げて欲しかったなぁ。

  • 下村陽子ファンならから必ず聴くべき。
    素晴らしく良い。

  • 作曲家下村陽子氏のベストアルバムです。
    もともとPSゲーム『聖剣伝説LoM』が大好きで手にしました。
    このアルバムはただ曲を録音したのではなく、なんとオーケストラの演奏であの名曲たちが蘇ります。
    ただのゲームの添え物じゃない音楽たちが素晴らしいです。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

drammatica-The Very Best of Yoko Shimomura-を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

drammatica-The Very Best of Yoko Shimomura-を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ツイートする