ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 245人登録
  • 3.45評価
    • (16)
    • (54)
    • (63)
    • (13)
    • (3)
  • 55レビュー
監督 : アントワーン・フークア 
出演 : ダニー・グローバー  マーク・ウォールバーグ  ローナ・ミトラ  マイケル・ペーニャ  ケイト・マーラ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113759052

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2度目の視聴。原作は「このミス」で1位になってて、すごく面白かった記憶があります。やはりこの映画も原作の魅力に負うところが大きいですね。

    捜査に協力した凄腕スナイパーが逆に嵌められて容疑者として追われてしまう。序盤のこの急展開は衝撃でした。彼が追跡をかわして逆襲に転じる展開は予定通りとはいえますが、主人公が狙撃だけじゃなくてサバイバル能力も高くて、まぁなんと楽しいこと。

    マーク・ウォルバーグは男前でかっこいいし、なりゆきで相棒になってしまうマイケル・ペーニャもいい役どころ。これで敵役にもっと魅力があったら…(ダニー・グローバーじゃちょっとねぇ)

    「極大射程」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/4102286063

  • 主人公の強さが、ボーンシリーズっぽい。

    遠距離が得意かと思いきや、
    接近戦も、罠も、戦闘全般で強い。

    ボーンシリーズが好きな人は、
    それなりに楽しめる。

  • スナイパー物
    雪山の狙撃対決が良かったです

  • 友人の死、裏切り、など展開が早く見応えがあります。
    敵に回してはいけない人を利用してしまった。

    雪山のシーンは鳥肌たつくらいカッコいい。

  • 字幕: 岡田壮平

    可もなく不可もなく。物語の展開がきっちりしてると思ったら、人気の原作があったらしいことを後で知った。

    ダニー・グローバーだけ演技が"二昔前"なのが気になるくらい。最近観た『ランナー・ランナー』のベン・アフレックと同じで、悪役にしてはどこか軽いんだよなあ。

  • スティーヴン・ハンター原作のポリティカルアクションです。

    過去のトラウマから自分の軍人の能力を封印した主人公が、それを解き放ち無双する熱い展開が魅力です。相棒を演じるマイケル・ペーニャもいい感じです。

    しかし何よりの見所はダニー・グローヴァーとネッド・ビーティのザ・悪役感ですw
    思想犯であったり、深い動機があったりするわけじゃない、ガチのクズw 金と権力が大好きで、平気でコマを使い捨てにし、自分たちが助かる抜け道だけは常に用意している狡賢くて同情するところのない醜い悪。
    このブタ二人に主人公が完膚なきまで決着をつける、勧善懲悪をきっちり見せてくれるところがこの映画の魅力でしょう。

    個人的好みで言うと権力悪には暴力ではなく社会的制裁を与えて欲しかったところではありますが、見応えのある作品です。

  • 主人公はスペシャリスト→陰謀にはめられ→逃げる→陰謀の内情を知る→逃げながら解決方法を探る→仲間に協力を依頼→陰謀の全貌が分かる→証拠などを見つけて陰謀を明らかにする
    という良くある流れ・・・主人公がやはり強すぎ

  • BS103録画>なかなか面白かったです笑。主人公のM.ウォールバーグ扮する狙撃手、スワガーが不死身過ぎるww身体能力はジェイソン・ボーンのよう+都会派ランボーといった印象wwストーリーもテンポ良い。D.グローバー,マータフって悪役やるのね♪大物の非道な所業、暗部が垣間見える…現実にもありそうで怖い。自国の商業的利権ばかり追い求めやがって…法で裁けないのも許せん!ENDはすっきり爽快だが仕返しした所で諸悪の根源は断ち切れてない=問題は解決してない気がした汗。。

  • 『アメリカンスナイパー』のように、スナイパーについてもっと丁寧に描いてほしかった。冒頭のバレットM95をヘリに打ち込んで墜落させたり、ペットボトルで作ったサイレンサーは興奮したけども。その後のストーリーは単調。



    【ストーリー】
    アフリカの小国エリトリア。海兵隊の特殊部隊に所属する狙撃の名手ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)は、相棒のドニーと岩山での偵察任務を遂行していた。そこへ武装車両の隊列が現れ銃撃戦がはじまる。応援を要請するが無線はつながらず、愛する妻を故郷に残してきたドニーが命を落としてしまう。

    それから3年、軍隊をリタイアしたスワガーは、世間との縁を切り、ワイオミングの山中で愛犬のサムとひっそり暮らしていた。そんなある日、名誉勲章に輝く退役軍人アイザック・ジョンソン大佐(ダニー・グローヴァー)がやってきた。大佐は、全米各地を遊説する大統領に対し暗殺の動きがあるため、880ヤードに渡って敷かれる警戒網の外から狙撃を行う可能性のある場所を特定してほしいという依頼に来たのだった。

    依頼を引き受けたスワガーは早速各地を検証、フィラデルフィアにある独立記念会館前の広場を割り出した。演説当日、スワガーは監視にあたり、アイザック大佐の指揮する部隊が犯人グループを取り押さえる手筈になっていた。演説がはじまり、極度の緊張の中、スワガーの監視スコープの中にライフルの先端が浮かび上がる。無線で突入の指示を出すが、ライフルは大統領に狙いをつけたまま微動だにしない。

    おかしいと思った瞬間、2発の銃声が響き渡る。1発は大統領に向かって、そしてもう1発は、スワガーの背後から彼に向かって放たれたのだった。しかも狙撃されたのは大統領ではなく、その隣にいたエチオピアの大司教だった。しかも、スワガーが狙撃犯だという証拠が続々と発見される。

    巨大な陰謀に巻き込まれたことを知ったスワガーは、非常線をくぐり抜け、独り立ち向かうことを決意する。

    元アメリカ海兵隊のスナイパーが国家的陰謀に立ち向かうサスペンス・アクション。スティーヴン・ハンター原作による“ボブ・リー・スワガー”シリーズ第一作『極大射程』の映画化。監督は「トレーニング・デイ」のアントワーン・フークア。出演は「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグ、「クラッシュ」のマイケル・ペーニャ。

  • まるで、ゴルゴ13が思い出される様な、スーパー狙撃能力だった!

    ストーリーは違うが、実写版ゴルゴ13と言っても過言ではなかった。

    ゴルゴ13のファンであれば、ぜひとも見ておいたほうがいい作品だと思った。(それを期待して見たんだが、大正解だった)

    スワガー(主役)は、マット・デイモンなのかなと思ったが、見終わった後、別の人だと気付いた(笑)

    1回目に見たときは気づかなかったが、左で銃を撃っていた。

全55件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする