転々 プレミアム・エディション [DVD]

  • 1612人登録
  • 3.89評価
    • (239)
    • (345)
    • (284)
    • (25)
    • (1)
  • 311レビュー
監督 : 三木聡 
出演 : 小泉今日子  オダギリ ジョー  岸部一徳  岩松了  三浦友和 
  • ジェネオン エンタテインメント (2008年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102491734

転々 プレミアム・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三木監督のぶっ飛びも少々加えつつも、ゆるやかなストーリー

    各登場人物の個性の強さがとても三木監督らしいです。


    寝る前のホットミルクのような温かさが、終わった後に残る感じ
    エンドロールで何故かほろりと一筋の涙が頬を伝いました。


    ー きっと肛門の筋が1本少ないのよ ー
    って人たちのお話です。

  • 目的なく歩く。ただそれだけで、いろんなことが見えてくる。
    いろんな生活があって、いろんな人生がある。
    そんな当たり前のことを知っているからこそ人は人にやさしくできるんだと思う。人が生きていることをきちんと想像できなきゃいけないと思う。

    最後に、福原が「いいことあったか?」と聞いて、ふみやは100万円を手にしながら「あった」と答えていたけど、きっと100万円のことなんて「いいこと」には含まれていなかったと思う。お札追いかけたところは人間らしい行動だとして置いておいて(笑)

    スーパーの三人組がすごく良かった(笑)あんな人たちがたくさん増えることこそ平和だと思う。なんでもない日常を楽しみ、笑う。目的はもっていても、寄り道したっていいじゃない、と思える。寄り道こそ人生なのではと。

  • 「歩けばわかる、やさしくなれる」

    「幸せは、きていることに気づかないほど、じんわりやってくる。

    でも不幸は、とてつもなくはっきりやってくる。」


    日常を楽しくするヒント、特別なものにする知恵がつまっている。
    思い出って、人生を充実したものにしてくれるな、とつくづく思った。

  • コメディ色が強いかと思いきや、ゆったりとした作品。ひょっこり顔をだすシュールな笑いは、時効警察の空気感。ジェットコースターに乗るシーンとカレーを食べるシーンでは、うるうるしました。家族って、いいね。思い出を共有出来る誰かがいるって、いいね。これに尽きる。何度も観たい。

  • 初、三木監督作品。
    随所随所に笑いが散りばめられてて飽きない!
    ラストよかったなじーんとしたな。
    短大のすぐそばの線路沿いとか
    知ってる東京の風景がでてきてすごくよかった
    それにカレーたべて泣けるって幸せだよね
    みーんな大好きなものだからこそ
    見た人それぞれに色んな思いがあるだろうし。
    なんか家族の象徴な気がするな、カレーって。

  • 3回目のリピート観賞。
    三浦友和さんってどういう役柄でも良い味出してる。
    今回は気の荒い取り立て屋の役だけど、妙に気さくで空気がゆるい。
    借金を取り立てられるオダギリジョーのとぼけた感じと相まって良かった。
    何度めでも、じっくりみたいポイントがあって、
    じっくり聞きたい言葉があって、楽しめる。
    かといって最近の日本映画のようにメリハリのない
    淡々とした調子ではなく、ところどころスパイスが効いてて
    見ていて飽きない。

    内容は、
    借金取りが借金分の100万円やるから俺と一緒に東京ぶらり散歩を
    しろというなんとも奇妙な取引を持ちかける。
    それでオダギリと三浦友和の東京散歩がはじまる。
    昔偽夫婦になって披露宴に参加したという、偽妻役が
    キョンキョンで、姪っ子がぶっとんだ天然風の吉高由里子で
    東京のふるい日本家屋での偽家族生活もほのぼのしてて良い。

    最後もさらっとさっぱり終わって、後味も良く、良かった。

    時効警察の名コンビふせえりと岩松了のとぼけたやり取りが
    合間合間に入り、それにまたふふっという軽い笑いを多く
    誘われた。時効警察のオダギリとの名コンビの麻生久美子も
    婦警さんの格好でちらっと出演してて洒落がきいてた。

    また観たくなったら観る。空気感の良い映画。

  • 安心感。

  • 時効警察の三木聡×オダジョーコンビを三浦友和と小泉今日子が脇をがっしりかためてます。こういう、ゆるいんだけど、最後ふんわりさせてくれる邦画が大好物。やりすぎない感じもいいし、まだブレイク前?の吉高由里子が出ているけど、いいキャラかましているし、大満足。

  • 84万円の借金があるオダギリジョー、返済期限を前日に控えたある日、
    借金取りの三浦友和から借金をチャラにする方法を提案される。
    それは東京を一緒に散歩してくれということだった。
    監督三木聡、主演オダギリジョーという「時効警察」コンビが贈る、
    心が温かくなるお散歩ムービー。
    ゆるくて、笑えて、なんだか愛が溢れてる、とてもいい映画。

  • まったりほっこり東京散歩~・・・ではないけど、(散歩している理由が理由なだけに)でも、じんわり心温まるストーリー。
    岸部一徳を町で見かけるといいことがある。とか。笑
    お店の名前とか、細かいところに三木監督の小ネタ満載。
    オダギリジョーの語りもよいなぁ。
    三日月くんも出てた!(by時効警察)

全311件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

転々 プレミアム・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

転々 プレミアム・エディション [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

転々 プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

転々 プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

転々 プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

転々 プレミアム・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする