GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1

  • 35人登録
  • 4.26評価
    • (12)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
出演 : エドワード・ジェームズ・オルモス  メアリー・マクドネル  ジェイミー・バンバー  ケイティ・サッコフ  グレイス・パーク 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2008年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427640436

GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 超SF大作ドラマだけれど、見始めるとハマります。テンポがいいので見飽きないし、カメラーワークも臨場感あり。それぞれのキャラクター設定が絶妙。バルター博士とスターバックがお気に入り。

  • 24につぐヒット作です。

    話の展開が秀逸で一話終わる度に次の一話が見たくなります。

    また、登場人物一人ひとりがドラマを背負い、それが格好良すぎる!

    いや~
    楽しいっっ!!

  • 『GALACTICA/ギャラクティカ【起:season 1】DVD-BOX 1』[Battlestar Galactica](2004年)

    【収録内容】

    序章;「ジェノサイド」
    #101;「33分の恐怖」
    #102;「ウォーター」
    #103;「囚人ザレック」
    #104;「悔恨の祈り」
    #105;「帰還不能」
    #106;「魔女狩り」

     2003年12月に、序章となるミニシリーズ「ジェノサイド」がアメリカのSF専門チャンネルSci-Fiで2夜連続放送。高評価を得たこともあって、さっそくTVシリーズ化が決定。

     あらすじは、“自らの意思を持った機械サイロンと人類との戦いが膠着状態に陥り、お互いに手詰まりのままついに休戦。
     協定を結んで40年、見せかけの平和になれてしまっていた人類の前に、人類と見分けがつかないくらいに進化した“生体ロボット”とでもいうべき新型サイロンの登場。
     静かに人類世界に侵入し、防衛システムを築いたバルター博士を取り込んだサイロンは、防衛システムを無効に。その結果、サイロンの核攻撃に人類はなすすべもなく、12のコロニーは一瞬で壊滅。
     人類に残されたのは、わずか50,298人の生存者と、廃艦ゆえに防衛システムに換装されなかったおかげで生き残った宇宙空母ギャラクティカ。人類の生き残りをかけて、安住の地を求める過酷な旅が始まる”というお話。

     スターバックことカーラ・スレイス中尉が女性になっていたり、人型サイロンが登場したりするものの、オリジナルシリーズ『宇宙空母ギャラクティカ』[Battlestar Galactica](1978)をほぼ忠実にリメイクされて いるといっていいと思う。



    ちなみに豆狸的には、ケイティー・サッコフ版スターバックの方が好き★

  • 1978年に放送開始したTVシリーズをリメイクした『リ=イマジニング(再創造)シリーズ』
    シーズン4で完結。

    キャラクター設定が驚くほど細かく作られている。
    カメラワークにもこだわって、観る人の目線を捉えて離さない。
    まるでギャラクティカの船内で生活しているよう。

    完成度の高いドラマ。

  • 今、猛烈にハマっています。
    何気にDVDで序章をレンタルしたら面白くて、続きを借りようとしたら、何故かseason2の1話〜4話が届いてしまいました(涙)
    (DMMの月額レンタル利用中。いまいちシステムをよく理解していなかった自分が悪いんだけど)
    でも面白かったし、続きが気になったので、そのままseason2を見続けていますが、あまりに好みなので、観てないseason1をいっそ購入しちゃおうかと猛烈に迷い中。

    (一気に観たい。何度も観たい。飽きるほど観たい。ついでに序章を観なおしたいー!)

    マニア体質がちょっとあるので、どこかで大きく失望させてくれないとDVD全部揃えたくなるのでなんとかしてほしいです。(切実)

  • スタトレの2番煎じぐらいに思って見始めたが、自分が生み出した機械に滅ぼされそうになった人類と創造物との愛と憎しみの設定が小憎い。極限の状況下で軍隊による民主主義や個人主義の否定かと思いきや、理想主義や感情のもつれがテンポ良く描かれ、下手な感傷を入れずに小気味良く描かれている。映画並みの努力をテレビシリーズによくぞここまで注ぎ込んでくれたという感がある。また、宇宙を彷徨う艦隊や戦いのシーンのCGは美しく、凄い。アイデアと情熱の産物だろう。

  • 海外ドラマ。一言で説明すれば宇宙を舞台にしたとても優れたSFものだが、現実の人間世界が抱えている(もしくはいつか直面するであろう)様々な問題を巧みにドラマに取り込んでいて色々と考えさせられる上に、かなり面白い。SFが苦手だというひとでも割と楽しめるはず。ドラマ内に漂う緊張感も良い。
    艦長とその息子"アポロ"(英国ドラマ『ホーンブロワー』でアーチー役をやっていたあの人が好演)が好きです。

  • 敵との戦いだけじゃなく、味方の中で陰謀が起こったり、
    各キャラの葛藤や人間関係も描かれていて、
    とても見応えあるSFシリーズでした!
    軍服姿のキャストも格好いいです♪
    続きが楽しみ〜

  • ジェイミー・バンバーが出ていたので見始める。思ったよりはまった。暗い、でも人間をしっかり描くSF

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1に関連する談話室の質問

GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1を本棚に「観たい」で登録しているひと

GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1を本棚に「観終わった」で登録しているひと

GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】DVD-BOX 1を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする