CSI:科学捜査班 シーズン1 コンプリートBOX-1 [DVD]

  • 131人登録
  • 4.18評価
    • (34)
    • (23)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
監督 : ジェリー・ブラッカイマー 
出演 : エリック・スマンダ  ロバート・デヴィッド・ホール  マージ・ヘルゲンバーガー  ジョージャ・フォックス  ジョージ・イーズ 
  • 角川エンタテインメント (2008年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111285287

CSI:科学捜査班 シーズン1 コンプリートBOX-1 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 観たらハマるのは目に見えてるからあえて観ないようにしてたのにふとしたことで観てしまいやっぱりハマってしまうシリーズ

    グリッソムがかっこかわいすぎて辛いです
    ウォリックもかっこいい
    あとサラのすきっ歯が気になってしょうがねぇ

    個人的に好きなのは 第7話 「惨劇の家」
    やられたぁああ!!と叫んでしまった!

    科学技術すごいなって毎回思うし関心するんですが
    この人達は一体いつになったら一回の採取で証拠を見つけられるようになるのか?と思ったり
    んなわけねーだろ、とか、何言ってんの?とか思う事もないわけじゃなく そのあたりがテレビドラマでいいんじゃないでしょうか
    (特に"ガラスの破片の断面を見れば内側と外側どっちから割られたかわかる"というクダリは、そんなの顕微鏡覗かなくても現場のガラス飛び散った方向みればわかるじゃねーか!とコーラをぶっかけたくなりますね!)
    あと母親から25歳の子供を作るシーンは吹いたねwwwwwまあしょうがないんだけど!!

    でもとにかくグリッソムがかわいくてかわいくて
    出てくる人全員がキャラを持ってて、あーアメリカン!OhYeah!
    ポップコーンが欲しくなる!
    10年以上前のドラマにこんなに興奮する自分がくやしい

  • 今までで1番ハマッた海外TVドラマ。
    これは本当に面白い。

    「科学捜査班」と聞くと日本の2時間ドラマみたいなイメージが
    あるかもしれないけど、CSI:はなめてもらっちゃ困る。

    現場に出て現場写真とって証拠集めて分析して解析して
    容疑者とお話して犯人を割り出して…。
    ポリスドラマにはよくある、銃撃戦!とか犯人との格闘!とか
    そういったものは、はっきりいってない。
    やってることは地味かもしれない。

    CSI:をなめちゃいけない!w
    事件発生から証拠集め、分析、解析、謎解き、事件解決までの
    テンポがとてもいい。

    だらけることがなく、グッと引き込まれます。
    行動が地味なぶん、会話が面白かったり、CSI:メンバーの個性や背景がしっかりしていて
    最先端の科学捜査だけでなく、人間味という部分でも楽しめる。

    リアルな科学捜査のドラマです。
    基本的に1話完結型だから観やすいと思う。
    子供っぽいドラマや非現実的なドラマに飽きてしまった方
    海外TVドラマへの入り口を探している方、それ以外の方にも、
    とにかくオススメ。

    余談:遺体もリアルです。
       解剖シーンももちろんあるので、その手のものが苦手な人はご注意を。

  • 記念すべきファーストシーズンの1話目を見たくて。
    それぞれのキャラが、今とは少しずつ違ってる。
    キャラづけがまだ固まってないとも言えるし、方向性を変えたとも考えられるけど。
    チームの中での対立構造を全面に出してるところが違うかな。
    ニックとウォリックは競い合ってるし、新人の子はなかなか受け入れられなかったり、ブラス警部はわりとワンマンでチームから嫌われてたり、科学捜査班自体も署からは邪魔者扱いだったり。
    2話から登場のサラは、内部スパイみたいで煙たがられてたりとか。
    けど、今では一丸となって事件を解決する同士として描かれてるよね。
    グリッソムはオタクっぽさをのぞかせてるけど、これからこんなものじゃなくなるんだよね……さらにマニアになっていく(笑)。

  • s9を観終わったのでs1から観直してるんですけどひっさしぶりに観たら色々悶えました。
    10年近く前に観たものなわけで、記憶よりずっとグリッソムが痩せてるー!とか、死体役の人まだぴくぴくしてるー!とか。解剖あんま映さないようにしてるー!とか。

    それに、もっと後々の話だったように記憶していた、私が今作品を好きな理由の核とも言えるエピソードが、既にs1のものだったと気付いてそれにも驚きました。根幹は最初からあるのだなー。

    事件は”解決”しても持ち帰る”澱”があるときに、ジェットコースターに乗るグリッソムとか。欠陥ニンゲンだと言い切るところとか。最近のものに比べると、少し若くて熱し易いキャラになってるけど。ニンゲンの不完全さ、狂気に寄り添いがちなところはじわじわと強くなっていくようにも見えます。

    キャサリンとの揺るぎない相棒関係やギルのニヒルさなど、各キャラクターの強さ弱さもはっきり出ていて、サラとのフラグも既にあるように見え、びっくりびっくりでした。

    じんわり全てのsを観直す楽しみです。やっぱりすきだ!

  • たまに見える人間関係にドキドキ・・・
    グリッソム~~~~となってしまう

  • 最初に主人公かと思ってた新人の警官の女の子があっさり殺されてしまってびっくり。
    だいたい一話完結だし、気軽に見れておもしろい。

  • 海外ドラマって、日本のドラマとは違って全体のストーリー性とかが分かりにくいというか入り込むまでに時間がかかってしまう。
    これもその1つだったドラマ。
    まぁ、そもそもの趣旨や創りが違うのだと思うけど。

    1話2話くらい観たくらいじゃ良さは分からない。
    ものすごい推理もアクションも無くて地味に感じるけど、観てるうちにだんだんハマっていく面白さ。

    続きも是非観たい!

  • どんどんシリーズが進むにつれて人間関係も面白くなります。

  • CSIの中でもこのシリーズが一番面白いと感じています

  • CSIシリーズの原点にして頂点。たまに入るチーム全員で捜査する回が好き。飛行機内での殺人の回とか。
    犯罪ドラマにラブロマンスなど要らぬ・・・!

全19件中 1 - 10件を表示

CSI:科学捜査班 シーズン1 コンプリートBOX-1 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

CSI:科学捜査班 シーズン1 コンプリートBOX-1 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする