アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

  • 920人登録
  • 2.95評価
    • (25)
    • (100)
    • (238)
    • (115)
    • (30)
  • 168レビュー
監督 : フランシス・ローレンス 
出演 : ウィル・スミス  アリーシー・ブラガ  ダッシュ・ミホック 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2008年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135707840

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨日のWorld War Zをまた観ているのか!?と錯覚してしまうところ多々あり。大きな違いは主人公が一人っきりで荒廃したニューヨークに住んでいること。野生化(?)した人間を何とか元に戻そうと研究を重ねるのが主人公なんだが、誰もいなくなって雑草はびこるニューヨークの景色が一番心に残ったかも。

  • 感染すると人でさえも猛獣になっちゃう伝染病…
    そんなウイルスができる日が
    いつか来てしまうのでしょうか><

    治療法がなければ死を待つか
    これ以上の感染を防ぐために逃げるしかない
    今まで難病に対してワクチンを作ってきた名医師の偉業を
    改めて感じさせられました。

    人って弱い。
    弱いけど強い。

    Will Smithの演技とすばらしい演出で
    私が彼のような、もしくはその現場をリアルで見ているような
    とにかく感情移入させられてしまいます!
    テーマが重いからすっごいつらいです(笑)

    アクションシーンはニガテだけど、
    興味深いテーマと上記の演出で私も観ていられました!
    ですが、私みたいにうっかり夜中に一人で見ると
    本気で寝れないです…;

  • 別エンディング版の方が公開されてればこんなに叩かれずに済んだのにねえ……。全体的な作りはそんなに悪くない。

  • ウイルスで人類のほとんどが死に絶えた世界で、ワクチンの開発を目指しながらサバイバルを続ける主人公を、ウィル・スミスが演じるSF大作。

    人がいないニューヨークの街並みが自然に覆われ、動物が群れをなしているのを見るだけでも、わくわくして楽しいです。なぜ人がいない街で、電気や水道が通じているのかなど、突っ込み所はいろいろある世界ですが、映像としての面白さは十分。闇の住人たちとの戦いも迫力があり、見応えがあります。

    ストーリーも、冒頭で現在の世界の原因を暗示し、ストーリーが進むにつれ、細かな状況が徐々にわかってくるようになっており、見せ方として王道。主人公が「退化している」と判断していた闇の住人たちが、実際には「進化」しており、主人公に迫ってくるのも面白いです。一方で、主人公が"LEGEND"になる肝心のラストシーンは、果たしてあの行動が必要だったのか、疑問に感じます。

    元々、遺伝子操作によって作られた特効薬が、人類を破滅に追いやったウイルスに変異するなど、ストーリーには、人が生命に介入することへの倫理的な問いかけがあるようでいて、劇中ではほぼそういったメッセージ性は見られません。細かな設定や、一部ストーリーには不満がありますが、映像面や世界観は面白い映画だと思います。

  • (全力でネタばれしています)


    別エンディングが存在するらしいですね。
    見ていて、藤子F不二雄の『流血鬼』を思い出した。ネットで調べてみたところ、『流血鬼』はこの作品のオマージュだということで。
    ちなみに『流血鬼』は昔チラッとだけ通った習い事の教室にあったのを偶然見かけたので読んだだけ。

    見ながら『流血鬼』のタイプの結末にはならないでくれ、とそればかり願っていた。どんな形であれ、『流血鬼』の結末にはならなくてよかった。あの結末はないだろう、と今でも思っている。
    別エンディングも『流血鬼』じゃなくてよかった。というか、普通にハリウッド。ハリウッドにしては結末以外の部分がよかったので評価を一引きあげます。

    以下、『流血鬼』を交えた感想。
    別々に存在する集団がわかりあうのはとても難しいことで、例えば白人と黒人がわかりあうには、平等になるにはどうしたらいいのか。作中で主人公が娘に付けた名前の由来として挙げた男性歌手は黒人運動をしていたらしいですが(うろ覚えなので表現を間違っているかもしれない)『別々の人種がわかりあうにはどうしたらいいか』ということを主人公も考えていて、そしてその運動に誠心誠意を傾けていたその男性歌手を好きだった、という描写が出てきます。そこに目を向ければ、『流血鬼』のように、皮膚の色を白から黒にしたから当然、「白人万歳!」やめて「黒人万歳!」という思考回路になるんですよっていう結末というかメッセージなんてありえないし、胸糞悪い(好きな人ごめん)。安易すぎる。ドラ○もんもそうですが、なんだってあのストーリーは敵と味方を完全に分けて敵=完全な悪という図式で展開するくせに、仲間には恐ろしく甘っちょろいんでしょうか。くれよん○ちゃんの方が好きです。

    テレビで放映されたバージョンでは、結局両者は敵対したままで、勝ち残ったのは昼日中でも生きられる人間。主人公が最後の決断をする直前、神の声が聞こえてきたのがいかにも西洋らしくて癒されました。愛犬を失ったところとか、ものすごく泣いてしまって、以後涙なしでは見られなくなった。でも、愛犬の首を主人公が自ら折った』カ所は偶然にも別のことをしていたので見ておらず、それを見ていたらまた印象が変わったのかなあとも思う。だって最初私は、愛犬はその場に残して感染犬として生かしていくのかなあ、と思ったから。

    冒頭、ライオン親子から食べ物を奪えなかった主人公。自分だって肉を食べたいだろうに、彼にはどうやら他のグループの幸せを奪えない心が存在するらしい。

    主人公が犬やらマネキンやら相手にかなり『痛い』会話をしている部分、脳内で想像して作り上げた人間としかコミュニケーションできない次世代の人間という印象がありました。これが何十年も前に作られた話だというのだからすごい。そして、家に住みついた猫と幽霊が友達な青年が主人公の話「しあわせは子猫の形(著者:乙一)」が脳裏に浮かびあがる。乙一作品の中で一番好きな話です。

    いるのかいないのかもわからない生存者へ無線で「あなたは一人じゃない」と主人公たびたびが訴えかけているのは、主人公自身が自分が一人だと思っているからなのでしょう。だから、自暴自棄になって感染者の群れに突っ込んでいって死にかけたとき、助けてくれた女性が息子を伴っていたのを見て動揺しただろうし、また女性が神に告げられて知っている「人間のコロニー」の存在も否定する。神なんていない。そういう考えもあるかもしれませんが(一神教圏でこの主張とはなんだか考えてしまう)、もしかしたらコロニーの存在への恐怖みたいなものもあったのかも、と思う。ベーコンを食べられたのも、やっぱり嫌だったのかなあ。主人公がセリフを覚えるほど何度も見たアニメのなかにも「一人」というフレーズが出てきた。あそこは記憶力がよかったら丸暗記したかった。

    ちなみに、小野不由美の『屍鬼』もこんな感じのストーリーですね。文庫バージョンでは、結局両者ともわかりあうことなく、そして互いをせん滅しあうこともなく、ただ夜を生きるものは夜の世界へ、ヒルを生きるものは昼の世界へ戻って行くという結末。私はこれは結構納得できる落とし方だと思っています。さて、マンガ版ではどうなることやら。


    以下、別エンディングの内容をネットで調べた上での感想。
    主人公が「ダークシーカーには知性がない」と言っていたのに、みていると知性が合ないというには賢すぎるし、集団の中にはリーダーが存在するし、そこだけものすごく違和感があって最後は流していた涙が消えてあぜんとするほどだったのですが、別エンディングの内容を調べて納得しました。主人公が感染者をただの「モルモット」としかとらえていなかった、というのが問題で、だから彼の感染者のレポートと、現実の感染者の間にズレがあった。彼がもし感染者も一個の生き物だと気づいていれば、ワクチンを作るための研究はしていなかったでしょう。知らず知らずのうちに見ている私が主人公目線になっていた、ということにも気付かされました。ところで、『私は神話』というタイトルには『少年よ神話になれ』というフレーズがかぶさります。本エンディングを感染者視点で見ると、「歴史ってこんな風にして歪むんだ」「歴史は強者が作るんだ」ということがひしひしと伝わるというか。とんだ伝説もあったものだ、という。


    総括して、ともかくこの作品は個人的な『好き』の傾向にベストマッチです。ベストマッチすげて何やら長々と書いてしまいました。後私が映画を見るときはいつも脳内で紙媒体の作品を索引しているということがよくわかる結果でもあるという。私のホームグランドが紙媒体だということがよくわかります。私のことなんかどうでもいいですね。

    ストーリーとしては普通の英雄ものです。
    別エンディングバージョンだったら高得点だったろうなあ。
    主人公は完全な免疫能力を持っていて、どう頑張っても感染者にはなれない。だから、感染者と完全に分かりあうことはできない。相互理解の難しさを感じることのできる話になっていたと思うのだけど。この作品をいいな、と思った割には感想もまとまらずダラダラしているのは、本エンディングでは途中で主題がどこかに消えて行ってしまったからだと思いたい。



    突っ込みどころ。
    人類が滅亡して長いのにインフラがしっかり完備されていた点。主人公が軍人で研究者だし、何らかの手を打っているのだろう、と思うことにします。
    生存者が一千万人、という部分には特別引っかかりませんでした。むしろ、主人公だけパーフェクトな免疫保持者ということのほうが物理的に不自然に近く、一千万人は完全な免疫保持者だが彼らは生き残るすべを持たず感染者に捕食されたという流れを支持します。

  • 地球最後の男 が原案とのことですが、近所のTSUTAY●で確か別の映画のリメイクになっていたんですが。。。(タイトル思い出せずw)
    そのリメイクの基があまりにひどい映画だったので、こちらも期待しなかったのが功を奏したのか、なかなか面白く観られました。
    それにしてもゾンビ系のメイクってどうしていつも皆同じような感じなんでしょうかねぇ。

  • ガンの特効薬のはずが失敗して、次々とウィルス感染して、ニューヨークに一人となる。荒廃としたニューヨークをリアルに延々と映すという前半は少しかったいるけどなかなかいい。デッドマン・ウォーキングの世界だ。ところが、最後の一人の孤独は分かるが、敵の挑発に乗って最愛の犬を亡くす結果になる。さらに実は生存者はいて、「君は一人ではない」という呼びかけに現れたのに「他に生存者はいない」とキレまくりがっかり。さらにそのことでヤケになって敵に向かっていったり、ほぼ登場人物は一人しかいないのだから、その人に感情移入できず自滅に向かうとつらい。展開はどんどん悪い方向に向かってしまう。
    電気がなぜつくのか。サバイバルを詳しく描く街中ロビンソン・クルーソーのようにできなかったのか。戦闘機の上でゴルフしてる場合ではないだろう。敵はどうやって家をさがしあてたのか。地下の入口は厳重なのにどうやって突破できたのか。省略してるシーンにおいしいところがあるような気がする。
    アクションシーンは「デッドマン・ウォーキング」のとろいゾンビと違って容赦ないのがよかった。それだけに主人公サイドも体調バッチリで対峙できるといいラストになったと思うのだが。

  • 再鑑賞。以前はTV放送で観ました、個人的には好きな映画です。
    最初観た時から「これじゃあ He is legend じゃん」というエンドには違和感がありました。その後調べて納得したんですが、やっぱりもう一つのエンディングのほう(調べて内容を読んだだけで映像では見ていません)が腑に落ちるものだと思います。

  • ウィルスミスの主人公としての迫真迫る表情が、とてもよかった。愛犬を自らの手で、というのは科学者から一己の人としての愛だろうね。派手さはないのに、退屈のない映画。

  • 機内にて

全168件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする