アマデウス [DVD]

  • 241人登録
  • 3.98評価
    • (57)
    • (45)
    • (43)
    • (4)
    • (3)
  • 50レビュー
監督 : ミロス・フォアマン 
出演 : F・マーレイ・エイブラハム  トム・ハルス  エリザベス・ベリッジ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2008年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135597922

アマデウス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1984年公開。天才音楽家アマデウス・モーツァルトの暗殺説に基づく戯曲の映画化。アカデミー8部門受賞の傑作。脚本が素晴らしく天才対秀才の人間ドラマに仕上げているのでクラシックに詳しくなくても全く問題ナシに楽しめる作品です。ここでのモーツァルトはちょっとイヤミなくらい下品で女好きのお調子者(笑)。アントニオ・サリエリのように神を信じ努力あっての才能ではなく、生まれながらの天才って感じに描かれています。自分はこれを観るとどーしてもサリエリの方に同情してしまう。自由奔放な天才より苦悩しながらも努力して才能を伸ばしてきたサリエリの気持ちが分かるような気がします。鬼気迫る二人の役者の熱演と全編に流れるモーツァルトの代表曲は勿論、プラハの美しい風景も必見です。

  • 今じゃ¥500で買える…でも、本当にいい作品だ。アマデウス・モーツァルトの人生をアントニオ・サリエリの視点から捉え描かれた作品。

    「アマデウス」

    こういった芸術家を描いた作品はどこかつまらなく、退屈するのだが、モーツァルトの楽曲に絡ませたストーリー展開はいい流れで観切れる♪

    25年も前の作品ともなると記憶も薄れがちなのですが、アカデミー賞8冠に輝いた実績は四半世紀たった今でも色あせることはなく素晴らしい作品です。

    この作品を見てない人は観る価値ありだと思います。モーツァルトの軽さが少し気になりますが、全体的なバランスを考えれば本当にいいキャスティングですね♪

  • あたしはサリエリみたいな生き方したくない
    自分の憧れをずっと目の前にして嫉妬と敗北感に苛まれながら生きるなんて。
    殺したくなんかない。

    でもサリエリの気持ちが解らない人がこの世にいるの?

  • アマデウスとは、モーツァルトのミドルネーム。今から33年前のアカデミー賞受賞作です。主演のトムハルスの演技が光ります。アインシュタイン風の天才さを感じさせる演技に脱帽。

  • プラハ、チェコ、オーストリア、ウィーンなどを舞台とした作品です。

  • 後述。

  • やはりモーツァルトよりも、サリエリの描写が非常に素晴らしい。
    誰よりもモーツァルトの嫉妬し、嫌悪し、一方で誰よりもモーツァルトを理解している。
    だからこそ、サリエリの行動が確固としている。

    また舞台となる当時の世界観はよく描けているし、
    劇中の音楽も素晴らしい。

    ただ僕には、この3時間という長い時間が、とてもじゃないが耐えられなかった。

  • これはすばらしい!!

  • 凡人であることの苦悩が痛いほど伝わってくる。「あるのは苦しみの神だけ」。神を信じすぎるのも問題だなぁ。

  • 親が何度もみてたから、あたしも何度もみた。
    でもところどころにしか覚えてないのw

    おもしろかったような気はする。

全50件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アマデウス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アマデウス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アマデウス [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする