劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]

  • 152人登録
  • 3.76評価
    • (18)
    • (22)
    • (25)
    • (5)
    • (0)
  • 17レビュー
監督 : 野中卓也 
出演 : 鈴村健一  坂本真綾 
  • アニプレックス (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530024893

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 原作の小説をやや先行させつつ、併行してDVDを観ている。難関亜表現の多い原作が、映像によってイメージが湧く。小説の言葉が、解説の少ないアニメを補っている。

    本編は結論が持ち越されるが、式と黒桐の高校時代が描かれる。

  • 色々とあやふやなまま終わってしまったので続きが気になります

  • 時軸が前後。更に理解出来ない。出来そうで出来ない。もどかしい。
    織さん(?)男性性格のシキ格好いい。でもとーこさんのが好きだ。出番一瞬だったけどwww

  • 式と黒桐の出会いの話っぽい。式と織がいたときの話らしい。なんか痛覚残留のときに殺人についてポリシーがありそうな式さんだったんだけどこのときはちゃんとそのポリシーにのっとったやり方だったのかな。そこらへん話どうなってんだろ。今後わかるのだろうか。

  • 時系列的に観るなら、これが最初かな?
    式と黒桐の出会いです。まぁ(前)なのでよくわからないままかもしれませんが。

  • 織の
    「子供の頃ってさ、何も知らないじゃない。会う人全部、世界の全てが無条件で自分を愛してると思ってるんだ。」
    ってセリフで原作読んだ時と同じく悶え苦しむ俺。

    だから!俺そんな純真な子供じゃなかった!
    小さい頃から周りに愛されてるなんて思ってない遠慮がちな子供だった!
    これ以上俺の傷を抉らないでくれ!

  • 血のニオイがする。
    原作よりも引き込まれる世界になった2作目じゃないでしょうか?

    原作ファンには、必見な劇場版に仕上がっていますよ。


    あと、原作知らなくても楽しめる2作目かな。

  • 式と黒桐との出会いが語られることで少しずつ物語がわかってきてますます惹き込まれてきたかも

  • 「この物語はどういうお話なんですか?」と聞かれても、まだよくわからない。
     ようやく二人の出会いが明かされたところで、少しずつ身辺情報がわかってきた感じ。

     第一章は、どちらかというと澄んだ世界観だったけど、この章ではグロテスクや葛藤、カオスといったものが前面に出てきたようだ。

     今回はとことん「式」と「黒桐」ふたりのシーンで、物語の謎に迫りながら、二人の関係の変化を見るのがなかなか楽しい。

     かなりもったいぶってくれている。先を知りたい衝動を駆り立てられる。

  • 第二章も第一章に劣らない高品質な映像美だった。以下印象的な台詞の引用。

    式(注:ヒロインである式の中にいるもう一つの人格)「子どもの頃ってさ、何も知らないじゃない。会う人全部、世界のすべてが無条件で自分を愛してると思ってるんだ。自分が好きなんだから、相手も当然のように自分を好いてくれてるって。でもさ、無知でいることは必要なんだよ。たとえ勘違いだとしても、愛されているっていう実感が経験になって、誰かに優しくできるようになるんだ。人は自分が持っている感情しかあらわせないから。でも俺は違う。生まれた時から他人を知ってた。式は自分の中に俺を持っていたから。子どもの頃に他人がどんなに醜いか知った式は、彼らを愛することができなかった。式が持つ感情は、拒絶だけだ」

    幹也「子どもの頃は、お化けが怖かった。竹林の影が妖怪に見えて、怯えたものだ。けれど、今は人間が怖い。怖いのは、誰かが竹林に潜んでいるんじゃないかという錯覚だけだ。いつから僕らは、正体不明の存在が、ただの見知らぬ他人だと知ってしまったのだろうか」

    幹也「君にあんなことはできない。絶対だ」
    式「絶対って何? お前に私の何が理解できるんだ? お前は、私の何を信じられる?」
    幹也「根拠はないんだ。けど、僕は式を信じ続けるんじゃないかな。うん、君が好きだから、信じ続けていたいんだ」
    式「お前はバカだ」
    幹也「うん、よく言われる」

    第二章は、わけのわからない哲学的な話を延々と繰り広げる橙子さんが出てこない為に、非常にわかりやすい話になっている。しかし、橙子さんがいないせいでわかりやすくなったと思ったのは、錯覚だったかもしれない。何故なら、第三章以降、橙子さんが登場して意味不明な哲学的な話を延々繰り広げた時、なんとなくわかってしまったからだ。第二章を観たことにより、『空の境界』の異様な物語空間に完全に引き込まれてしまったといえる。絵も演出も台詞も役者も音楽も、高品質で独自の風格。名作。

  • ライトノベルとして発行された「空の境界」の劇場版DVD。の第二章。
    表紙がお気に入り過ぎるので本棚入り。

    「小説読むのは面倒くさい」
    「七章も読む時間ネーヨ」

    そんな方はコチラをどんぞ。

  • 「私は、お前を犯(ころ)したい」
    これは高校生だったころ、16歳の両儀式と黒桐幹也が出逢う物語。

    第二章:殺人考察(前)

  •  特にお気に入り。購入は限定版にしたです。

  • 式と織が可愛いo(*≧ω≦*)o
    そして死体から血が出すぎ。噴水だぁー(壊

  • 作画がきれいすぎる。
    コクトーって・・・、こんなだっけ?
    式の声優は、最初不安だったけど、終わってみれば大正解でした。

全17件中 1 - 17件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場版「空の境界」 殺人考察(前) 【通常版】 [DVD]はこんな映画です

ツイートする