マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]

  • 183人登録
  • 3.73評価
    • (23)
    • (22)
    • (39)
    • (4)
    • (0)
  • 41レビュー
監督 : 猪股隆一 
出演 : 船越英一郎  松本明子  広田亮平(子役)  佐々木麻緒(子役)  高嶋政伸 
  • 東宝 (2012年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104048110

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 猪股隆一監督 2007年作品

    2004年10月 中越地震をテーマにしている
    ということで見てみた・・・

    新潟県長岡市に近い山古志村・・・
    錦鯉と闘牛の村・・・
    (闘牛は沖縄だけだと思ったのですが・・
    亮太(広田亮太)と彩(佐々木麻緒)の兄弟がいた。
    兄弟が散歩している時に・・・柴犬の子犬にめぐり合う。
    彩に、子犬がついてくるのだった。
    問題は お父さん(船越英一郎)は 犬が嫌いなことだった。

    彩の誕生日に 贈り物が何がいいのか?
    おじいちゃん(宇津井健)に言われて
    おじいちゃんは 『70余年 嘘をついたことはない』
    と見栄をきり、彩は 犬をゲット。
    父親も納得せざるを得ない状況だった。

    2004年 子犬は マリと名づけられ 
    子犬を3匹 生んだのだった。

    地震がおこった。
    この地震は 何度も起こることになる。
    おじいちゃんと彩が、家具の下敷きに・・・
    それを救援に来た 自衛隊員に マリが教える。
    マリのよって救出されたのだ。

    しかし、避難場所まで マリを連れて行くことができない。
    マリを置き去りにして 避難生活が始まる。
    亮太と彩は 二人して、マリと子犬を救出するために
    出かけるが、途中 雨と彩の怪我のために
    避難せざるを得なかった。
    父親が二人を救出して、事なきを得た。

    亮太と彩には、マリと子犬のことが忘れられない・・・
    ついに 自衛隊機で、山古志村に
    亮太と彩は行くことになり・・・。

    地震をテーマとした 愛犬との強い絆・・・・
    ふーむ。
    実際にあったという話であるが・・・
    地震被害という悲惨な部分が軽く流されているのが残念。
    マリが 最後の場面で出てくるが・・
    あまりうれしそうではないのが ちょっともったいない。

  • 涙・・・

  • 映画「日本沈没」の地震や災害の描写は非常にご都合主義でムカつくものがあったが、
    こちらは、新潟県中越地震のエピソードをもとにして作られたから、なんか、
    こどもにもわかりやすい、シンプルなストーリーでも、細部に説得力があった。
     
    どこか、被災者に寄り添う気持ちが映画作り全般の基礎にあっる。
    建物の様子や派手な揺れ方や、壊れ方、
    現実はもっとひどいのかもしれないけれど、
    ちゃんと取材して作っているんだなっていう感じがした。

    音楽:久石譲も映画に寄り添っていてよかった。

    子役の演技もうまかった。
    子供がいぬのことをおもうきもちほど、純粋な気持ちは無いと思う。

    東日本大震災の時、人間も動物も救われずたくさん死んだし、
    いまだに希望も見えないひともたくさんいる。
    マリと子犬の物語はわりとハッピーエンドにしてあったが
    それでも、被災者の気持ちを尊重して作ってる真摯な感覚がかんじとられたので
    それがある限りは、素直にいい映画だと思えた。

  • 子役の泣く演技に唖然。
    うますぎる。逆に怖い。
    しかし、その演技力で泣いてしまった。
    犬と子役の別れるシーンは号泣。

    地震の怖さとゆうより、大切な存在
    (犬)を失う怖さをを感じた。

    心に残る名作でした。

  • 珍しく泣けなかった。子供に「諦める」ことを教えるのは難しいなと感じた。女の子の演技はとっても上手。
    ただ思っていた通りに話が進みすぎて意外性はまったく無し。フィクションらしい。すごいな。

    新潟県中越地震にあった中越村の被災者と飼い犬の感動話。地震により犬を置いて避難した。しかし戻ったら犬が待っていてくれた。

  • イヌだネコを使うとすぐ泣けてしまう・・・・嘘だとわかっても(笑)

  • 当時映画館で観たとき、子役の演技力と、わんちゃんの場面に合った表情にびっくりしました。
    『マーリーっ』のところはもう涙を止めることはできないですね。

  • 子役の、特に女の子の演技が半端ない。号泣するシーンはあまりにも半端なさ過ぎて、逆に興ざめ。
    (2011.12.5)

  • 「子供」「老人」「動物」の泣ける三大要素が上手く使われてる!
    最初なめてかかると激しく泣かされます。

    製作関係者の方々の本気を思い知らされた秀作。

    子役の演技も半端なくて、船越さんが食われかかってたのも必見です。

  • 救助ヘリから見下ろした時のマリと子犬の姿が可哀想で泣けました・・・(涙)
    ラストシーンには感動! ^^

    【ストーリー】
    新潟県中越地震の実話を描いた絵本「山古志村のマリと三匹の子犬」を元にした感動ドラマ。
    2004年10月23日、新潟県を突如襲った中越地震。マリと3匹の子犬は、村民が避難した山古志村に取り残されてしまう・・・。

全41件中 1 - 10件を表示

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする