マリア [DVD]

  • 65人登録
  • 3.61評価
    • (9)
    • (13)
    • (15)
    • (2)
    • (2)
  • 16レビュー
監督 : キャサリン・ハードウィック 
出演 : ケイシャ・キャッスル=ヒューズ  オスカー・アイザック  ヒアム・アッバス  ショーン・トーブ  ショーレ・アグダシュルー 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2008年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988064268009

マリア [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マリアの結婚からキリストの誕生までを、リアルに描いた作品。比較的最近の映画なので、衣装や建物、当時の風俗の作り込みが細かく、興味深かったです。

  • 内容も全然ダメ出し、雰囲気もダメ出し、思い出としてもダメ。

  • キリスト誕生までを描いたヨセフとマリアの苦難の物語。
    産む子が偉人であれ、誰であれ、子供の誕生の無事を願う母の思いに胸が熱くなりました。

  • クリスマスの本当の意味を教えてくれる。マリアとヨセフの素晴らしい夫婦愛と絆。信仰の深さ。
    イエス様、私たち人間のためにうまれてくっださってありがとう!
    アドベントの日に、いい映画を観られてよかった。

  • この作品はキリストではなく、キリストを産むまでの母マリアと夫ヨセフの夫婦を描いた物語です。

    内容はとてもシンプルで、聖書に書かれていることを映像で描いたような作品です。

    そのため、現実的には有り得ないということもあります。

    それでも、夫婦としてお互いを信じあい、救い主の降誕を願う世のために、二人はあらゆる苦難を乗り越えます。

    夫婦が互いに信じ合う。

    どんなことがあっても互いに信じあう。

    マリアとヨセフは信じ合う事を貫きます。

    救い主の誕生は預言者によって予言されたため、多くの人がその誕生に興味を持ちます。

    その中には、それを望まない人もいて、妨害しようとする人も出てきます。

    それでも、二人は導かれるように歩んでいきます。

    聖書の世界感ってこんな感じなんだな~って思いました。

    いつの時代も人は救いを求め、希望を持ちます。

    この作品には人の想いの歴史の一部が描かれていたように思います。

    今の時代に生きる僕にはぴんとこない部分もあるけど、当時の人たちはそこに強い希望の光を見たんだろうなって思いました。

    そんなことを気付かせてくれる作品でした。

    それでは、また!

  • 思った以上に良い映画だった。
    イエスの父母について掘り下げて撮った映画。
    ヨセフ役オスカー・アイザックが男らしく優しい男を演じてる。
    オスカー・アイザックは要チェックや~!ワラ

  • 宗教の授業で使った教材の中でも一番のヒット☆
    聖書に忠実、かつ当時の習俗や時代的背景も丁寧に描かれていて勉強になります。
    しかもマリアとヨゼフが大変に魅力的。
    ごく普通の田舎大工と平凡な村娘が、様々な困難に立ち向かいながら次第に絆を深めてゆく姿は、クリスチャンじゃなくても感動出来る筈。
    クライマックスの出産シーンは何度見ても泣けます。
    羊飼いや三人の博士など聖劇には欠かせない人々の活躍にも注目。最高に後味の良い映画です。

  •  内容は聖書にかなり忠実で、当時のユダヤ社会を知る上でとてもいいものでした。
    ユダヤ人たちがどれほどひどい仕打ちの中で耐え、救い主を待ち望んでいたのか。
    結婚前の少女が子を宿すということが、どれほど大変なことであったのか。
    ナザレの町からベツレヘムまで、身重のマリヤをつれての長旅がどれほど大変だったのか。

     聖書では本当に数行でしか書かれていないけれど、そこにはもっともっとたくさんのことがあったんだなと思いました。

     日本ではあまり話題にならなかったのはとても残念。
    まぁ、派手なアクションもないし、すごい俳優さんが出ているわけでもないし、意外な結末があるわけでもないので、エンターテインメントとしては物足りないのでしょうね。

  • 厳かで美しい讃美歌の音色が、テーマがぴったり合っているはずのこの映画で違和感を感じるのはなぜだろうと考えたら、描かれているのがユダヤ教の世界だからかな、と。
    イエス・キリストの物語といえば、あまり父ヨセフに焦点が当てられないことが多い中、夫婦愛ということで、ヨセフの夫らしく父らしい大活躍を描いた映画として評価。

  • 神の子を宿したマリアと、彼女を受け入れたヨセフの、苦悩と葛藤を描いた、イエス誕生までの物語。
    当時のユダヤ社会からはじき出され、蔑視され虐げられていた羊飼いたちが、救い主の御子の誕生を天使から知らされ、岩屋を訪れるシーンでは、涙があふれてとまりませんでした。

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マリア [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マリア [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする