ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)

  • 129人登録
  • 3.77評価
    • (15)
    • (15)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
アーティスト : レディオヘッド 
  • EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2008年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988006862432

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レンタル

  • 中毒必死! 要注意!!

  • 久々にRADIOHEADを聴いてみた。かっこいいのだが、メンタル次第であったり合わなかったりする感じがいまだにする。UKロックの中でもなかなか自分なりの評価が定まらないバンドのままだった。

  • “クリープ”
    “ジャスト”

  • 聴いてると胸がジリジリする

  • アーティストがいくらアルバム単位でコンセプトを打ち出してリリースしようとリスナーは好き勝手に聴くのだから、バンドの意志と関係なくレコード会社がベストアルバムをリリースしようといいじゃないか、と思うかというと、それで金儲けするのは違うだろうと思っている。
    なので、この曲の次にこの曲がくるのは違うやろか、なんであの曲が入ってないねんとか思うのも筋違いだと思っている。
    図書館で借りました。

  • トムヨーク万歳。43号のsnoozerにトムヨークの10年分のインタビューを再編集している記事があって,それを読みながらなんとなーく不快だった.あるいは嫉妬?明らかに俺にも同じような乖離感・・・・大衆との乖離だったり世界との乖離だったりするわけだが・・・・があって,そういう曖昧な自分を曖昧なまま表現できる(i might be longなんてフレーズはその典型だ.自己肯定も自己否定もしない.)存在がうらやましい.世の中にyesかnoのどちらかで片付くことなんかほとんど無くて,でもシステム上はyesかnoに分類しなければならなくて,現実的にはどちらでもないところに落ち着いているような,そういう曖昧な状況を「対象」に自分は存在している.今の世の中,個体としての「自分」ほど曖昧な存在はいない.だからこそ,曖昧な自分を受容してやっていくことが求められるわけだが,それが受容できずに不適応を起こす人間もたくさんいる.表現という手段は,いい解決策になるわけで,だからといって不適応者全員が表現者になれるわけでもない.迷える「自己」をどこにうっちゃればいいのか,ちょっと考えもんである.
    ライブすっげーよかった♪

  • ほしー

  • ロケットさんの・・・
    http://rocketrecords.jugem.jp/?eid=541

  • 凝縮されすぎ!私個人的にはpacket like sardin 〜が入っていなかったことが心残りである

全12件中 1 - 10件を表示

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)を本棚に登録しているひと

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)のMP3 ダウンロード

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)のCD

ザ・ベスト・オブ(2CDエディション)のCD

ツイートする