魍魎の匣の箱(初回限定生産) [DVD]

  • 46人登録
  • 3.28評価
    • (2)
    • (4)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 原田眞人 
出演 : 黒木瞳  椎名桔平  谷村美月  荒川良々  宮迫博之 
  • ジェネオン エンタテインメント (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102513733

魍魎の匣の箱(初回限定生産) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うん?うーん。

    まずメインの配役があってません。京極堂のみそれらしい感じが出てるなってだけ。阿部さんはどうして榎木津をこう、渋いキャラにしてしまったのか。関口は何故、こんな図太そうな似合わない役者に変更されたのでしょう?宮迫については問題外です。
    ストーリーのまとめ方もいまいち。変なところで笑えるシーンがありましたが、「京極」としては原作の雰囲気を破壊してしまっています。

    なんでこんな雰囲気を壊すようなシーンやら(そもそも雰囲気が作れてない)、キャラの性格を変えるようなことをしたのか?
    そこで私が見たあとにたどり着いた結論といえば
    「まったく別のものとしてみる。そしたらまあまあ楽しめる」です。
    監督はこの映画化から初めて原作を読んだとか。それじゃあこうなるのは目に見えてましたね。
    そもそも映画化が無理だったんです。それをここまで(いろんな変更があっても)マシな作品にできたんだからいい方じゃないですか。よって星3つ!

    と、姑獲鳥の夏を思えば、こっちの方が断然マシと思えるから恐ろしいです。
    もしあの分厚い原作を読みたくないけど、内容は知りたいという方がいたら、この映画より漫画の方をお勧めします。

  • 映画館でこの映画を観た時はまだ原作の「魍魎の匣」に拘っていたのだなと本編ディスクを観ながら思い、これは映画版「魍魎の匣」という作品だと思ってしまえば箱館の終わり方もまぁいいかという気分にようやっとなりました。
    そういう気分になったのは時間の経過もあるのでしょが、特典ディスクを観たからこそそんな気分になれたのかもしれません。
    そんな拘っていた気分を解きほぐしてくれた特典ディスクの内容は非常に面白く、中でもメイキング映像はこんなに大変だったのかぁこんなにお金かけていたのかぁこんなところでロケをしたものがあんな映像になったのかぁとひたすら驚き、上海の撮影所の大きさとエキストラの人数にも圧倒され(10人逃げたとか…笑)、小道具に対しての細かい拘りやVFXの力などにも感心し…と撮影の裏舞台を知ることで映画の見方がまたひとつふたつと増えるようで非常に面白い特典ディスクでした(にこにこ)。
    ただ、本編を観ていて美馬坂と久保の関係性とその後の経緯がややはっきりすっきりとしないなと思いました。ちょっと新たな不満点。

  • もっとこういう邦画増えればいいのに、と思う

  • 京極夏彦原作、原田眞人監督&脚本。
    ストーリー以外でも映像に隠されたこだわりが面白かったです。
    監督がいかに映画好きかよくわかる作品。
    また、出演者がそれぞれ個性派ぞろいでみていて飽きません。
    堤真一がやっぱり上手いなぁ・・・。
    普段は関西弁の兄ちゃんなのに・・・(笑)。

  • 京極堂が堤サンで良かった…。
    あの4人のワイワイ感が大好きです。

    途中ちょっとドキッ!!とさせられます。
    お馬鹿にも2回も映画館に足を運び、その度ビクッ!!としてました。

全5件中 1 - 5件を表示

魍魎の匣の箱(初回限定生産) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

魍魎の匣の箱(初回限定生産) [DVD]を本棚に登録しているひと

魍魎の匣の箱(初回限定生産) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

魍魎の匣の箱(初回限定生産) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする