京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」 [DVD]

  • 17人登録
  • 3.91評価
    • (4)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : 原田眞人他 
出演 : 阿部寛  篠原涼子  田中麗奈  柄本明  宮藤官九郎 
  • ジェネオン エンタテインメント (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102513832

京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初心者には理解に苦しむ映画だった。
    ということを学んだ映画。
    けど堤真一のかっこよさは十分に伝わった。

  • 「姑獲鳥の夏」について・・・まぁ〜難解な上にどうにも中途半端な感じで特に印象には残らない作品でした。なんで改めて、原作に挑戦しようと思った作品でした。。。−y( ´Д`)。oO○
    「魍魎の匣」について・・・前作からはこれまた趣向がかなり変わってアクション映画な雰囲気に・・・
    かなり強引なかんじなのでは?と原作未読でも思ったぐらい。あと町並みはどう見ても中国丸出しです。雰囲気は嫌いじゃないけどね・・・−y( ´Д`)。oO○

  • うぶめのときに、ああ、京極作品は映画にするのは無理があるだろうなぁ・・・と思い、今回はシリーズの中で原作が好きだからとりあえず見ておこう、というくらいの軽い気持ちで映画館へ。

    そしたらこれが想像外の面白さ。
    原作は非常につめたい、ひんやりとした狂気漂う雰囲気だが、映画は異国情緒あふれる(笑)戦後東京の活気ある雰囲気と、テンポのよいストーリー、よく話す闊達な関口さん(笑)を交えた、主人公陣のウィットの利いた会話・・・などなどで、緊張感は残しながらも非常にコミカルで笑える映像になっている。

    はっきりとしたせりふとはなっていない、たぶんにアドリブと思われる自由な会話が面白い。細かいところまで聞き逃さないように観たい。

    原作では木場さんが中心的役割を担っているが、映画では榎木津さんがステキに活躍をしている。原作でのおバカさがあまりないのは、それはそれで残念だが、むっちゃむちゃカッコよい榎さんは・・・もっとステキ(笑)

    原作とはかなり別物になっているのだが、そこは映画は映画としてみるともうひとつの「魍魎の匣」が楽しめるのではないか。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする