We Started Nothing

  • 46人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (6)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
アーティスト : THE TING TINGS 
  • SONY MUSIC UK (2008年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0886973145425

We Started Nothingの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年発表。

    ビースティ・ボーイズやレッチリでお馴染みのあの名プロデューサー、リック・ルービンが気に入り
    あれよあれよという間にデビューが決まったという、
    イギリスはマンチェスター出身の
    男女エレポップ・デュオ、
    ザ・ティン・ティンズの
    デビューアルバム。



    いやぁ〜コレ
    ハマったなぁ〜♪

    もうとにかく
    アルバム一枚まるごと
    キラキラPOP?


    80年代のニューウェーブのような
    チープな電子音を散りばめた
    キャッチーなサウンド。
    (パンキッシュでガレージな匂いも)


    キュートでポップな中にも
    怒りや女性の自立を促す歌詞など
    骨太な尖った意志を感じさせるところがまた
    カッコいい♪


    Voでありギターを担当するケイティ・ホワイトの
    キッチュなヘタウマVoは
    なんともクセになります(笑)
    (DIY精神からか、衣装は勿論、振り付けやCDジャケのアートワークもすべて彼女が担当)




    映画「スラムドッグ$ミリオネア」や
    ドラマ「素直になれなくて」でも使用された、
    中毒性あるナンバー
    『Great DJ』


    怒りのフラストレーションをPOPに転換させた
    キラーチューン
    『That's Not My Name』


    カッチンカッチンに聞こえて仕方ない(笑)
    『Fruit Machine』


    なんともキュートな
    ワルツ調のポップチューン
    『Traffic Light』


    フランツ・フェルディナンド風な
    イントロのリフがカッチョいい
    iPod&iTunesのクールなCM曲
    『Shut Up And Let Me Go』


    切なく胸を焦がす
    エモーショナルなナンバー
    『We Walk』



    など、
    『ここ数年で英国が生み出した最も優れたポップ・バンド』
    の評判に違わぬ、


    オモチャ箱をひっくり返したような
    ポップでカラフルで
    理屈抜きに楽しいアルバムです♪



    そしていよいよ真価が問われる、
    Jay-zとタッグを組んだセカンドアルバムも
    今から楽しみです(^_^)(2011年8月発売予定)

  • 音選びとノリが気に入りました。
    ポップな中にもかっこよさがあってすごく聴きやすいです。

  • DIY(Do It Yourself)な中毒エレポップ!2006年、英マンチェスターにて結成された2人組The Ting Tings。地元のパーティ・シーンで火が付き、そのキュートでクールなDIYスタイルが瞬く間に口コミで広がり、The Ting Tingsとしてライブを開始してわずか4回目の公演にして音楽関係者が殺到し会場はパニックになったという伝説を持つ。あのスーパー・プロデューサー、リック・ルービンから直々にラブコールを受け、メジャー契約に至ったという彼らは本気で見逃せない!

  • Shut Up and Let Me Goがとても好きです

  • 2006.07HMVにて。
    GreatDJがやばすぎで購入。
    かっこよいださなつかしPop!

  • このアルバム聴いて通勤したらすごくやる気がでます。

  • 購入。

  • 朝の憂鬱な小田急線をPopにしてくれる曲が詰まった1枚。

全9件中 1 - 9件を表示

We Started Nothingのその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

We Started Nothingはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

We Started Nothingを本棚に登録しているひと

ツイートする