英雄伝説 空の軌跡 the 3rd - PSP

  • 165人登録
  • 3.97評価
    • (19)
    • (28)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 14レビュー
  • 日本ファルコム (2008年7月24日発売)
  • Sony PSP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4956027124747

英雄伝説 空の軌跡 the 3rd - PSPの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『空の軌跡』シリーズは、殆ど全部同じ時期に購入。
    できればFCから順にやり込みプレイしていきたいと思って買ったものでした…///
    そして未ださっぱりプレイできていないのが申し訳ないです…。
    FCやSCとはだいぶ違った様相ですとか?

  • 神作
    まさに王道RPG
    個人的に好きなシーンは空の聖槍ウルの発動シーン

  • 『空の軌跡』シリーズ第3作目。
    前2作はエステル、ヨシュアのダブル主人公でしたが、本作は主人公が交代され、『SC』で加入したケビン、新キャラのリースがダブル主人公になっています。
    これまではリベール王国が舞台でしたが、本作では異世界が舞台となっています。イメージとしては『SC』の第7章「四輪の塔」における四輪の塔・異世界verのみでフィールド構成されています。そのため町や村がなく、操作メンバー以外のモブキャラは一切登場せず、『軌跡』シリーズの醍醐味の一つでもあった住人との会話もできません。
    ストーリー内容としては『SC』以後の各人物の後日談や過去話など断片的なエピソードを描きながら、ケビンらが異世界から脱出することがメインとなっています。操作キャラは過去最多となっています。『SC』までの操作キャラ10人に加え、新主人公のリース、『FC』ボスのリシャール、執行者「殺戮天使」のレン、王室親衛隊中隊長のユリア、オリビエの付き人にして帝国軍人ミュラー、『SC』でスポット参戦したアネラスが追加されています。
    そして本作ではついに父カシウスと戦うことができます。劇中最強キャラだけあって、そう簡単には倒せません。また執行者の3人(ブルブラン、ヴァルター、ルシオラ)、デュナン侯爵とフィリップらとも戦えたりと、何気にファンサービスが多いです。
    本作はファンディスク要素が強い作品であり、また主人公の交代や延々と異世界を彷徨うことになったりするため、前作までのイメージでプレイするとガッカリするかもしれません。
    しかし前2作をプレイした人には、『空の軌跡』シリーズを補完するためにも是非プレイすることをお勧めしたい。ただし初めて『空の軌跡』をプレイするという方は、かなりネタバレが多いため『FC』からプレイすることを推奨します。

  • ファンのためにあるようなゲーム。
    しかし、謎が明らかになる部分や次回作以降の伏線となるようなものも含まれていて楽しめた。
    新しく使えるようになったキャラもなかなかよかった。

  • ファンディスクのようなものと思えばいいかな。お祭り系。
    FCやSCのようなドキドキはないけど、後日談どっさり。悪くなかったです。

  • 最初は「ケビンの不思議なダンジョンやめろー」だの「街の中もっと歩かせろー」だの不満があったわけですが、終わってみれば特に気にしてなかった。

    ただ、扉イベントは大半がSCに収められたでしょ…という気がしてならない。内容に関しては不満ないし良いものばかりなんだけどね。あと、エステルとヨシュアの物語は一応終わった(一区切りついた)んだから空の軌跡を冠すべきじゃなかったように思える。

    新作の置き土産的な伏線はいらない…というか空の軌跡というタイトルはここで終わるんだからビシッと締めてほしかった。

    某大佐が強すぎる…敵から味方になったキャラは弱体化するのがRPGのお決まりみたいになっている昨今、ここまで強化されたキャラはそうはおるまい。真・光連斬→真・光連斬→(ry

    主人公が教会に属す人間に変わったからか、楽曲の雰囲気もそれっぽいのが多い印象。個人的に気に入った曲は前作までより多いかも。何となく今までの空の軌跡よりはガガーブに雰囲気近いなーと思ったり思わなかったり。

    一般的な評価は良くないみたいだし自分でも不満言ってるけど、何だかんだで好きよ。最後にはこう思わせてしまうファルコムさんさすがだ。


    …しかし、仮面付けてる人たちがことごとく序盤で正体ピンときちゃうのどうなの?w

  • 発売から何年か経っているので、いまさら「えっこれファンディスクなの?」と肩透かしを食らう人はよっぽど事前に何も調べなかった人です
    「空の軌跡」の続編、「零の軌跡」が発売済みで、「碧の軌跡」も発売日も刻々の近づいている今プレイすると、本当に複線いっぱい張ってたんだなあと感心します

    私のクリアデータでのプレイ時間は約78時間だったので、ファンディスクというにはちょっと長いような。
    壮大な次作の前フリというか……あ、こういうのをファンディスクっていうのか

    「空」で主人公だったエステルとヨシュアが主役の座を離れ、SCですらそれほど出番がなかった(という印象の)ケビンが主人公になったことで、「空」をより客観的に見れて、私はケビンが主人公なのはかえって好印象でした
    前作でほとんど語られなかった分、今回のでケビンのこともわかったし満足です

    ただ、終盤の全員のレベル上げはわりと辛かったです
    ラスダン前で早く次に進みたかったので余計に。

  • 一般的な評価あんまり良くないんだけど
    私はこのぶっ飛んだ設定のお話、割と好きでした◎

    なんだか浮世離れした音楽も心地よくて。

    釣りのゲームがちっとも攻略できませんでした…

  • 空の軌跡シリーズでは一番楽曲が好きだった。
    ファルコムゲーといえば音楽、
    それ以外にあるのかっ(

    やりこみ要素は難易度以外には思い当たらないが
    不思議と何度となく繰り返して遊んでるゲーム。
    たまに音楽聴きたくなるからかもしれん。
    戦闘も戦略性が高くなって楽しい。
    恋愛要素がいっぱいあるようで実はあんまりないってのも個人的に◎

    3rdはネギが主人公でやけに不満な奴が結構いたようだが
    ネギのたれ目には結構癒されてた自分がいる('A`)
    そしてライブアライブ級に不幸な主人公を久しぶりにみたな。


    次回作はぜひフィリップさんを主人公にしてくださ…ゲフン

  • 持っているのは相変わらずPC版です。
    純・続編と期待すると肩透かしかもしれませんが、ファンディスクとしては実にいい出来かと。
    ま、立ち位置的にはデジタルミュージアムなわけですし。

    本編のボリューム、サブエピソードも充実しておりますが、
    総勢16人のパーティメンバーと言うのが中々。
    「チート」「無難」「要らない子」などなど、
    この人数でちゃんと個性分け出来てるのが大したもんだと思います。

    SCの終盤息切れ感があって、その分物足りない部分がありましたが、
    うまく補完できたと思います。いいデザートでした。

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

英雄伝説 空の軌跡 the 3rd - PSPを本棚に「プレイしている」で登録しているひと

英雄伝説 空の軌跡 the 3rd - PSPを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする