SIREN: New Translation - PS3

  • 146人登録
  • 3.28評価
    • (3)
    • (14)
    • (31)
    • (5)
    • (0)
  • 14レビュー
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント (2008年7月24日発売)
  • PlayStation 3
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4948872730204

SIREN: New Translation - PS3の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ初見でプレイ。ホラーゲームとして始めたもののごり押しで強行突破出来たりしてホラー要素が台無し。ストーリーは意味不明でアーカイブ全部取らないと分からないみたいです。気持ち悪いと感じるだけでじわじわくるような恐怖はないので少し拍子抜けでした。

  • 途中投げ出して未クリアなわけだが、そこは思い切って本棚に登録してみる。

    屍人の怖さは半端ないけれど、可愛い屍人は本当に可愛く思えるから不思議。でもクリアしたいとは思わない。だって、怖いから。

  • どうあがいても絶望。ただ歴代サイレンと違って多少強引行くことができるのでその辺はありがたい。一番きつかったのはウチのブラウン管テレビでは暗いステージで何にも見えないこと。マップなかったら完全に積んでた。

  • カクレテミヤコサーン!!!

  • 無印の方が好き…。
    映像は美麗で、モーションも生々しくて最高です。
    でも、登場人物を態々米人に置き換えた意味が感じられませんし、見出せませんでした。中身はまんま無印と変わってないしね。
    これなら別に米人じゃなくて、仏人でも伊人でも宇宙人でも犬でも、あんまり変わらない。子供でも良かったかも。
    本当にただの「登場人物を全員米人にしてみた」って感じが手ぇ抜いてんなぁと感じさせる。
    映像は美麗だけど、それだけ。
    まぁ、外人にしたのが単なる海外ユーザーへのおべっかってだけなのかも知れませんが、なにか米人にした利点(生存ルートとか会話とか)を見せてくれると勝手に思っていたので、肩透かし喰らったぞちくしょーって事です。

  • SIREN無印のリメイク…なのですが、私は正直無印のほうが好き。なんかこう、「和製ホラー」というSIRENシリーズの個性が失われている気がしてならないです。あと難易度が低すぎるような。視界ジャックの使いどころがほとんどなくて、頭を使うはずがゴリ押しゲームになってます。ただ、さすがPS3だけあって、グラフィックがとても綺麗でした。犀賀先生がかっこよかったです。

  • 視界ジャックに慣れなくてあたふたしました。
    1をプレイしていたら、すごく簡単に思えます。
    アーカイブ集めが楽しかったです。

  • 現在プレイ中。

  • キリンさん実況で追いかけたよ!
    だもんだから、恐怖は9割がたカットされました。
    屍人がむしろかわいい。
    儀式やら、輪廻やら、訳が分からないのに、
    続きが気になって仕方がない。引き込まれちゃう。

    さいがせんせが好きです。
    「さすがに飽きた…」の衝撃は忘れない。

    だがしかし私のかわいそうな頭では
    真相は8割ほどしか分かっていない…

  • 買っただけ
    積みゲー

    ってか俺じゃないけどな

    多分SIRENが終わったらやるんだろうな
    俺はそれを後ろで見てるw

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

SIREN: New Translation - PS3を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

SIREN: New Translation - PS3を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

SIREN: New Translation - PS3を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする