MI-5 DVD-BOX I

  • 27人登録
  • 3.73評価
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
出演 : マシュー・マクファデン  キーリー・ホウズ  デヴィッド・オイエロウォ  ピーター・ファース 
  • ポニーキャニオン (2008年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013602045

MI-5 DVD-BOX Iの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手記の発表は控えていたが、MI-6が裏切って公表する。実はメイナードは昔CIAにいたことが理由だったというオチ。それだけの回で物足りない。恋人の二人で暮らしてるとこに別の女性が来て険悪になったり、少しコミカルなところもこの頃はあったんだ。

  • 2002年~イギリスBBC
    マシュー・マクファディン、キーリー・ホウズ、デビッド・オイエロー


    余りにも面白くないので、、、、、途中で断念します。
    MI-5 イギリスの機密諜報部ですが、、、本間にスパイ?って思うくらいに何だかのんびりしてて、人間的で、組織は腐敗しきってて、、、
    主人公トム(マシュー・マクファディン)も何か、何か、何かフツーだし、どんどん性格悪くなっていくし、、、
    ま、これはスパイという特殊な職業をしてると自分を見失っていくってことを言いたいんでしょうけど。
    ついていけないので、、、、


    終了!!!!!

  • 『MI-5 DVD-BOX I』[Spooks](2002)イギリス

     英国アカデミー賞受賞のMI-5諜報員たちの活躍と人間模様をTV史上初めて本格的にドラマ化したシリーズ。

     イギリスの国内治安保持に責任を有する情報機関、イギリス情報局保安部“MI-5:Military Intelligence 5”。日夜、イギリス国内でのテロリストや反政府活動に対して諜報活動を遂行する彼らは“スプークス[spooks]:幽霊たち。アメリカのスラングとして、諜報員”と呼ばれていた。

    【収録内容】

    シーズン1

    第 1話「子供たちの価値」

    第 2話「深く静かに潜入せよ」

    第 3話「ダブル・トラップ」

    第 4話「老スパイの引退」

    第 5話「汚職」

    第 6話「IRAの罠」

    シーズン2

    第 7話「テロリストに死を」

    第 8話「熱い国から来たスパイ」

    第 9話「天才ハッカー」

    第10話「マネーロンダリング」

    第11話「非常事態宣言」

    第12話「エイーグルは舞い降りた」

    第13話「共同捜査」

     今回登場するMI-5は、イギリス内務省が所管する国内治安維持に責任を有する情報機関のことで、正式名称イギリス情報局保安部[Security Service=略号:SS]で、職員は約3,800名。司法警察権は有 さず、スパイやテロリストの逮捕は、ロンドン警視庁(スコットランドヤード)が担当。

     ちなみに007でおなじみの、MI-6:Military Intelligence 6は旧称で、現在はイギリス情報局秘密情報部[Secret Intelligence Service=略号:SIS]。外務大臣の指揮下にあり、英国国 外での人間やメディアを媒介とした諜報活動が主な任務となっています。

     異様にリアルな今回のドラマ、調べてみると制作スタッフは、MI-5・KGB(旧ソ連国家保安委員会)・CIAの諜報員OBたちによって運営されている国際的なリスクマネージメント会社「Diligence」に徹底取材を行ったそうで、シリーズ全編の細部に渡りその効果が反映されているということで、思わず納得。

     BBC1で、2002年5月から6週に渡ってOAされた第1シリーズは、平均シェア33%(およそ740万人が視聴)を獲得。その後、毎年新シリーズが制作され、英国映画テレビ芸術アカデミー賞(BAFTA)をはじめ、これまでに数多くの賞を獲得しているのもうなずけます。

  • すべてのお話ではありませんが、BSでたまにみてます
    色々海外ドラマを見ましたが、ハラハラ度でいったらこれが一番
    ロンドンには数ヶ月滞在していたことがあるので、たまに見たことのある風景が出てきて楽しいです
    スパイって本当にこんなことしてるんですね

全6件中 1 - 6件を表示

MI-5 DVD-BOX Iに関連する談話室の質問

MI-5 DVD-BOX Iはこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする