第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]

  • 44人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (11)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : 小林俊一 
出演 : 渥美清  倍賞千恵子  前田吟  森川信  三崎千恵子 
  • 松竹 (2008年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105058361

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本のお正月映画はやっぱこれでしょ!というわけで、今回で3回目くらいの鑑賞です。(笑)
    今回は「とらや」が舞台の中心だけあって、寅さんだけではなく「とらや」のおいちゃん(森川信)、おばちゃん(三崎千恵子)、博(前田吟)をはじめ、たこ社長(太宰久雄)の工場の「労働者諸君」、商店街の面々が総出で可笑しく騒がしく、そして時にはしんみりとしながらも、お正月に相応しいドタバタ劇で楽しまさせてくれました!
    監督は小林俊一でテレビシリーズだった頃の演出を担当していたそうです。山田洋次は今回は脚本を担当しています。オープニングのテーマ曲の歌詞もそのせいかあまりお馴染みでない「♪どお~せおいらは底抜けバケツ、わか~あっちゃいるんだ妹よ」が聴けます。
    マドンナ役は栗原小巻です。まっ、今回これ目当てというのも相当ありましたが。(笑)初々しくていいですね~。しかし、これほど「鈍感な女!」というのも当時ならではの役どころなのでしょうか。かなり人物設計に違和感が・・・。(笑)あと今回、さくら(倍賞千恵子)があまり登場しなかったのが残念でした。せっかく「とらや」が舞台だっただけにもっと登場して欲しかったです。しかし、今回大活躍だったというか、一番面白かったのは森川信のおいちゃんですね。ハワイ旅行の話といい、寅さんに語って聴かせる恋愛小説の話といい、初見でないはずなのにこれには爆笑ものでした。あと何気ない仕草もなかなか良く、本当に面白かったです。個人的には森川信の「おいちゃん」が一番好きです。ついでといっては何ですが「とらや」へ泥棒に入る役の財津一郎もふるまいも面白く何気に良かったですね。おばちゃんの膝上スカート姿が見れるのもかなり珍しいのではないかな。(いや、別に見たいわけではないですが。(笑))
    主役の寅さんも元気いっぱいでこれもとても楽しかったです。バカで喧嘩っぱやいが人情深く美女にふらふらする寅さんが存分にみれて大満足でした!
    蒸気機関車が走り、100円がまだお札で、30万円のハワイ旅行が高根の花だった時代に、商店街や家族総出での騒々しいエピソードあり、恋愛物語あり、人情味あふれる話ありで、面白さ満載の第4作でした。

  • 2回目の鑑賞。
    第3作と同じく山田洋次が監督していない作品(山田洋次の共同脚本)。
    歌もシリーズ中この第4作でしか聞くことができない歌詞らしいです。

    ♪どうせおいらは底抜けバケツ わかあっちゃいるんだ妹よ
    入れたつもりがスポンのポンで 何もせぬよりまだ悪い
    それでも男の夢だけは 何で忘れて
    何で忘れているものか いるものか

    監督が山田洋次ではないからか、それほど評価が高くないこの第4作、私は結構好きなんですが。

    寅さんが競馬で100万円を当てて、おいちゃん、おばちゃんにハワイ旅行をプレゼントしようとして旅行会社に申し込み、準備もOKいざ出発という時にトラブル発生というストーリーでヒロインは栗原小巻。

  • 競馬で大穴を当てた寅さんは、おいちゃん夫婦にハワイ旅行を手配。出発の日、旅行会社の社長にカネを持ち逃げされたことが発覚。おいちゃんたちはハワイへ出発できず、その間、とらやでひっそりとくらすはめに。ところがそこに泥棒が潜入、大騒動に。
    一ヶ月後、寅さんは自分の部屋に下宿している栗原小巻に恋をする。恋人がいるのにも気がつかず熱を上げる。
    とにかく栗原小巻がきれい。そしてストーリーがはらはらして面白い一作。監督は山田洋次ではない。

  • 第4作。テーマは、おいちゃんとおばちゃんへの恩返しなのだろうか。
    いつも通りの魅力はあったが、ややテンポが悪い印象。
    個人的には、ハワイ事件後の登と寅さんをもっと描いて欲しかった。寅さんを慕っていて、まっすぐな性格の彼なら、間違いなく寅さんにもっと謝りに行っているはずだ。それなのに劇中での登の登場シーンは、寅さんがとらやを去った後に最後に少しだけ登場するだけで、寅さんに会ってすらいない。登の性格なら、「働いて全額返す」と言いそうなのに、あまりにあっさりしすぎではないか。
    また、おいちゃんとおばちゃんも、事件の一ヶ月後に寅さんが帰ってきたとき、あっさり許し過ぎとも感じた。あれだけの迷惑をかけたのだから、もう少し引きずってもよいのではないか。
    そして、マドンナである春子先生のエピソードも薄かった。父親との確執、彼氏とのやりとりがほとんど描かれていなかった。もっと深掘りされていた方がよいと感じた。

    以上より、本作は、他のシリーズ作品に比べるとやや物足りなかった。
    監督が山田洋次出なかったからなのか、そもそも山田洋次の脚本がよくなかったのか、俺の好みでなかっただけなのか…。
    とりあえず次作に期待する。

  • お笑い芸人が安っぽい。下層労働者への眼差しが冷たそうな感じに。

  • 4作目。マドンナは栗原小巻。

    とにかくマドンナの若さ(20代)が目を惹きますが、映画全体で観るとわりと存在感が薄い。また地方ロケもほとんどなく、もっぱら地元の柴又を舞台に物語が展開。そんな地味そうな作品ですが、実はすごく面白いんですね。ハワイ行きのドタバタや泥棒騒ぎ(財津一郎がいいキャラ!)、おいちゃんの「婦系図」の一人芝居など、小ネタが粒揃い。なかなか佳作です。

  • 旅先で出逢った老婆に、身体大事にしろよと孫から手紙と電気アンカが届いた。
    それを見ていた寅さんは秘かに故郷のおいちゃんおばちゃんを想うのだった。
    後日、競馬で大儲けした寅がおいちゃんおばちゃんを
    ハワイ旅行に連れて行こうとする件で今回の騒動が幕を開ける。

    寅の、さくらの、おいちゃん、おばちゃんの、博の、
    みんなの行動原理が詰まっているシリーズ第4作。

    結局旅行は、寅の責任とは全く関係のないところでご破算になってしまう。
    それでも寅は皆から責められた。それを聞いたさくらは泣いてしまう。

    さくらは何故、やくざな兄をかばい続けるのか。
    それは幼いさくらを全ての敵から庇ってくれた兄のやさしさを知っているから。
    確かに世間ズレしている寅の行動は全てトンチンカンで的外れだ。
    おいちゃんおばちゃんでさえ寅をダメ人間と決めてかかる。
    だがさくらだけは、寅のやさしさを汲み取ろうとする。いやもう一人、博もだ。
    人のささやかなやさしさを汲み取ろうとする共通の価値観がこの二人の絆なのだろう。
    いや、おいちゃんおばちゃんも寅のやさしさは判っているのだ。
    一々センチにならないだけ。ただ売り言葉に買い言葉、
    言ってる内に自分でも何言ってるか判らなくなってしまうのだろう。
    さくら達よりタフとも言えるが、まぁ鈍感な感じが面白味になっていることは間違いない。

    そして孤独な旅路の寅の支えはとらや、つまり帰る場所であることが良く判る。
    だから部屋が貸し出されたり、仲間外れにされると敏感に反応し、極度に怒るのだ。
    シリーズの揉め事の多くがこのパターンだ。今回もそうだった。
    だがりりぃは言った。「甘えるな。いつも温かく迎えてくれるみんなに感謝しろ」と。
    帰る故郷さえ無いりりぃは、帰る場所を寅に求めていた…。

    ベニヤ板を抱えてマドンナを追おうとして柱に引っ掛かる場面は笑えた。
    源ちゃんのベニヤ板に頭をこづかれた時の寅さんのリアクションは最高。
    絶妙の間と動き。流石に舞台コメディアンである。

    失恋して寅がヤケ酒から帰ってくると面倒を避けておいちゃん夫婦は寝たフリをする。
    早い時間に寝てしまった二人を見ながら寅はそっと語りかける。
    「なんだよぉ、すっかり歳とっちまいやがって。
    おいちゃん、おばちゃんよ。毎度の事ながらまた笑い者になっちった。
    おれぁ旅に出るぜぃ。なぁ。
    また今度もよ、何ひとつ恩返しらしいことはしてやれなかったな。
    そのうち必ず、必ず。いい目見さしてやるからよ。勘弁してくれよ。(グスッ)
    身体だけは大事にしてな。二人仲良く長生きしてくれよ。あばよ。」

    今回も、泣いて笑って。いい時間を過しました。
    (110911鑑賞)

  • 久しぶりに見たからか、なんだか寅さんの迷惑ぶりが、1作目に感じたのと同じくらいまでに上がってる気がする。
    なんだかんだでおいちゃん夫婦への思いやりが底にあるのがいい。

  • お約束ネタが最高すぎます

全10件中 1 - 10件を表示

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする