第38作 男はつらいよ 知床慕情 HDリマスター版 [DVD]

  • 32人登録
  • 3.81評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
監督 : 山田洋次 
出演 : 渥美清  竹下景子  倍賞千恵子  三船敏郎  前田吟 
  • 松竹 (2012年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105058705

第38作 男はつらいよ 知床慕情 HDリマスター版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ♪し~れ~とこ~の岬に、ハ~マナス~の咲く頃~、思い出してお~くれ~、お~れたちのことを~、飲んで騒~い~で~、丘に登れば~、はるかク~ナシ~リに~、白夜は明ける~。(森繁久弥)

    1987年、松竹映画。監督は山田洋次。シリーズ第38作です。
    主演は渥美清。マドンナ役は竹下恵子。そして、もう一組の主演とマドンナ役が、三船敏郎と淡路恵子で、W主演のような感じになっています。
    そのほか、この当時の「くるまや」と諏訪家の面々はいつも通りで、おいちゃん役の下條正巳、満男役の吉岡秀隆、たこ社長の娘あけみ役の美保純が登場しています。
    また共演として、次作でも船長役をやっていたすまけい、アパートの大家さん役に笹野高史、この当時たびたび端役で登場していたイッセー尾形らがいます。

    入院したおいちゃん(下條正巳)に代わり「とらや」の跡取りとして店を取り仕切る寅さん。しかし、ここでも失敗の連続でおばちゃん(三崎千恵子)をはじめ皆の顰蹙を買うことに。迷惑をかけたと寅さんが向かった先は北海道。そして、最終的に知床に行き着く。そこで出会った獣医の上野(三船敏郎)の家に泊まることになった寅さんは・・・。

    今回の寅さんは夏ヴァージョン。やっと季節に合った『男はつらいよ』を観ることができました!(笑)

    知床の美しく雄大な風景の数々を見せてくれる作品です。
    そして、その知床に最も似合う森繁久弥の『知床旅情』が挿入歌となっていて、われわれをさらなる知床への旅情へとかきたててくれます。ちなみに予告編の方の挿入歌は加藤登紀子版のようでした。なぜ変わったのだろうな?(笑)

    こうした雄大な大地に似合う男といえば・・・、やっぱり大スター三船敏郎をおいてほかにはありません。
    いやー、やはり風格が違いますね~。(笑)それに過去の名作を思わせるオマージュな立ち回りのシーン。役柄もいつも苦虫をつぶしている頑固親父の医者ということで、これまたイメージにぴったりなんですよね。寅さんの映画なんですが、「三船敏郎」の映画と上手く噛み合うような演出もさすがのものです。
    そして、寅さんだけに恋愛物ということで、三船敏郎にベタな愛を語らせるなんて!
    三船敏郎だけに(?)男の背中で語らせると思っていたのに・・・。(笑)
    よくぞ出演してくれましたといいたいですね。(^o^)

    寅さんのマドンナ役で、かつ、三船敏郎の娘役の竹下恵子はとてもきれいでした。
    2人とも恋愛だけでなく、父娘の葛藤というテーマも一方であって、親子役がぴったりな感じでしたね。
    むしろ、今回の『男はつらいよ』では寅さんは割と引き立て役であり、三船敏郎と竹下恵子の親子の葛藤とそれぞれの恋愛が主であったといってもよいかもしれません。

    今回の寅さんも特に恋に破れたわけでなく、これから!といった時に身を引きます。寅さんは三船敏郎の獣医と淡路恵子のスナックのママの間を取り持ち、獣医に相手への愛を語らせるのですが、自分は語ることができない。人に語らせておいて自分にはできないことを悟った時、寅さんは身を引いていくのです。
    このような結末を情緒たっぷりに演出する監督の手腕に魅せられました。

    さて、前回観た『男はつらいよ』は第8作だったのですが、それからたっぷり16年を経た本作をみると、寅さんは声の張りが消え、さくらも目尻の皺が目立つようになっていました。相変わらず寅さんの仕出かす行状は騒々しいものの、落ち着いた演技の方がすっかり板についています。
    やはり経年は隠せないものですね・・・。
    この頃になると寅さんは主演とはいえテーマとしては裏方にまわることも増えてきて少し寂しいですが、今回は三船敏郎を迎えての堂々たる『男はつらいよ』でしたので、まだまだがんばれ!と言いたくなる一作だったと思います。

  • シリーズの中でも5本の指に入るぐらい好きな作品です。何と言っても女優さんの皆さんが素晴らしい!役柄にハマっていた淡路恵子さん、若さ溢れる演技が良かった美保純さん、そしてヒロイン竹下景子さんの魅力にやられそうでした。三船敏郎さんの哀愁漂う老獣医師もいいです。
    劇中歌として森繁久彌さんがご自身で歌っておられた「知床旅情」の世界観がモチーフになった作品なんですね。訥々とした歌い方が味わいとなっています。お勧めします。
    「"愛してるょ"とその女の前で言えなくちゃ男は惚れてることにはならないのでございます。」

  • 角館の桜祭りからスタート。おいちゃんが入院し、あけみと寅さんが店を切り盛りするも、寅さんは役立たず。そのことを批判されてぶち切れて旅に出る。足を延ばしたのは知床。牛を見て回る獣医の三船敏郎と出戻りの竹下景子。三船は淡路恵子に恋心を持つも言い出せない。バーベキューパーティで寅さんに背中を押されて告白、竹下景子は東京へ戻る――という話。なんといっても三船の存在感が素晴らしい。それと渥美清の軽妙さが何とも言えないコントラストがある。竹下景子は及第点。ちょい役にまた出川が出ていた。

  • 三船敏郎よりも淡路恵子が良い味を出していた。

  • 三船敏郎はやはり立ち居振る舞い、所作が格好いい、男らしい。
    好きな人のことを言われたら怒るというシステムを上野さんから、寅、りんこさんまで適用。

  • 北の国から引っ越してきたような映画。
    竹下景子の描き方や告白場面など、
    監督のセンスにはついていけず。
    知床の風景がきれいだった。
    欲求不満なので、
    倍賞千恵子の「オホーツクの舟唄」を。
    森繁の置きみやげ。

  • 第38作目。コレは良かったぁぁぁ!!!マドンナの竹下恵子。何歳の頃だ!ブチかわいいな。で、ゲストが三船敏郎と淡路恵子。これまたよかったなぁぁ。三船敏郎が頑固な獣医さんで竹下恵子のオヤジ。それが惚れちまってるのがスナックはまなすのママ淡路恵子。今回は最後寅さんが恋に破れるんじゃないんだよねぇぇ。

  • 寅さんが一気に老いてきたなあ

  • 2014年7月12日(土)、読了。

  • 北海道で寅さんを車に乗せてくれた獣医の娘がヒロイン。
    獣医と町のスナックのママとの恋もある。
    獣医の三船敏郎の告白が男気あふれてかっこいい。

全11件中 1 - 10件を表示

第38作 男はつらいよ 知床慕情 HDリマスター版 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする