バンテージ・ポイント CE [DVD]

  • 626人登録
  • 3.62評価
    • (60)
    • (156)
    • (134)
    • (28)
    • (5)
  • 134レビュー
監督 : ピート・トラヴィス 
出演 : デニス・クエイド  マシュー・フォックス  フォレスト・ウィッテカー 
  • ¥ 930 (参考価格 ¥ 4,104)
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462050809

バンテージ・ポイント CE [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 8人の視点で構成された見事なスピード展開は圧巻の一語!

    最後までぶれずに、観ている者の心を牽引していくテクニックは素晴らしい。

  • 面白かったなー!8人の登場人物たちのそれぞれの視点から構成されるサスペンスは見応えがあった!作品のテンションがずっと高いままでキープされているのもよかった!エンタメとして見せ場が用意されているのも好き!カメラの手ブレを使った演出も効果的!

  • 時間の設定、視点の設定が面白く
    それでいてストーリーがちゃんと成立しているのがいい。
    部分、部分でスーパースローが効果的に入っているのがすぱらしい。

  • 大統領暗殺&爆破事件を8人の視点から観るため、物語が進んでは戻って進んでは戻る。違う視点からいろいろ見るうちに真実が分かってくる。画面が揺れて光って目が痛くなったけど、スピード感があってハラハラしながら一気に見れる。

    実は途中で観たことある映画だった!と気が付いたけど、ストーリーは全く覚えていなかった。見終わって納得。事件の前後関係も時代も大統領を拉致した意味も良くわからない。でもストーリーじゃなくてこの映画は展開を楽しめればいいのかも。

    弟を誘拐されて脅迫されて犯罪を犯した人は巻き込まれて可哀想に。恋人に騙されて?運び屋にされた警察官も可哀想に。そしてシガニー・ウィーバーは何処に行った・・・

  • 見たことあったが、ついまた見てしまった。
    巻き込まれた黒人はただただよい人だった記憶しかなかったが、今回もその感想しか持てなかった。
    犯人の動機が明らかになる前に全員死亡で事件終了だし。
    次見てもそう思うんだろうな。

  • 3回目でさすがに飽きてきて、4回目を観終わったところで一旦視聴を止めた。映画館で観なくてよかったと思う。
    (同じ繰り返しのタイプで最近観たのが『ミッション:8ミニッツ』だが、こちらは飽きなかった)

  • グランドホテル方式で8人の視点を組み合わせていき真相に至っていくタイプのサスペンス映画です。作り込みが凝っていて思わず中盤で「ここか!」と手を打つ方も多いのではないかと思います。

  • すごく面白かった。
    群像劇であり、「24」的でもあり・・・
    1人1人の視点が、全部が全部いいところで終わるから、先が気になってしょうが無い。
    また、物語の整合性も完璧。見直してみたけど、あらは見つからない。(ちょっと移動早すぎじゃねとかは思ったけど。)
    最後はなんとなくさっぱり終わりすぎな気もするけど、これくらいの方がいいのかも知れない。
    サスペンスが好きな人には、おすすめの映画でした。

  • テンポだけで進んでいく映画。テロリストが道路に飛び出した子供を轢かないようにするためにハンドルを切り、そのせいで転倒してしまう場面には少しほろっときた。
    フォレスト・ウィテカーの演技ってやっぱり、ワザとらしくて見ていられない。

  • この作りは斬新。群像劇と時間軸っていう斬新さを出そうとするときのよくある二要素が合体して、本当に新しい斬新さが出来上がってる。

  • 構成が面白い。同じ時間軸を何度も繰り返すんだけど、展開の寸止め感、ストーリーのバラし方がちょうどよくて見入っちゃう。ストーリーに深堀り感がないのは否めないけど、90分で短いし、何も考えずスカッとする映画なのでそれはそれでよし。

    それにしても弟殺されちゃったお兄ちゃんがかわいそう。あんまりだ。

  • 何度も同じ時間に巻き戻って、何度もそうだったのかと納得する。

    ハラハラドキドキしながら見てたけど、最後あっけなかった。

    そして主人公、不死身すぎ。

  • 映画の謳い文句から
    「羅生門」の洋画verといったイメージで臨んだら
    全然違いましたわ(笑)

    うーん、、悪くはないけど
    そんなにひねりはなかったように感じられた。

  • 【徒然】
     とにかく爽快!の一言に尽きます。テロリストの目的や関係などが一切明かされないにもかかわらず、最後まで画面に釘付けになるほど、終始スピード感に溢れていて、画面を追っている内にあっという間に映画が終わってしまう。
     この爽快さとアップテンポなストーリー運びは96時間やアンストッパブルが好きな方であれば、引き込まれるはず。バーンズの執念深さも96時間のお父さんにどこか似ているし…!
     ストーリーの詰めが甘かったのだ残念だけど、難しく考える思考の暇を与えないトリッキーな映画なので、見終わった後もずっと「面白かった!」の熱が冷めないところでカバーしている。
     個人的にはもうちょっとテレビ局のカメラを軸にストーリーが進んでもワクワクしたなぁと思った。ハワードのカメラ視点も、後半トリックに使われていたら良かったなぁ。
    【今回の車】
    オペル・アストラ:バーンズが街中を疾走した車。フォルクスワーゲンに見えたけど、違う車種だったらしい。パトカーを追跡できるほどの馬力にびっくり…!

  • 同じ場面を何度も見せられるのに特に飽きることもなく、むしろ見せられる度にスッキリしていきました。
    うまくつくってるんですね~。

    テレビ局の方々はフェードアウトしちゃいましたね。

  • 8人の視点からものごとを描写していく映画。
    いろんなところにストーリーがあり、
    つながっていく。ドラマがあり、非常におもしろかった。
    最後が若干あっけなかった。

  • 90分の映画なのに、濃厚。そして、重厚。

    普段はアクション映画とかサスペンスとこ見ても、どこか引いた視線で見ていて、感情移入や、雑念を持ちながら見ている。

    が、この作品は、雑念を考える隙がないぐらい引き込みが強く、
    久しぶりに映画を見て冷や汗や鳥肌が立った。比喩ではなく。

    オムニバス的な形式で進んで行くのだが、全ていいところで時間が戻り、別のキャラクターの視点で描かれるのも良かった。

    これはまた観たいところである。

  • スペインの野外で起こるアメリカ大統領狙撃事件の1時間にも満たない時間を複数の人間の目線でなんども繰り返し見せる映画。ひとりの人間の目線ではどこで何が起こっているのか関係性が見えない。たったひとり、以前に大統領の代わりに銃弾を受け最近やっとシークレットサービスに復職を果たしたひとりの男だけは、全貌がみえており、この度も大統領を自らすくい出す快挙を成し遂げました。

  • 息をもつかせぬ展開。 11:59という時刻を何度見たか。8回か。
    米大統領狙撃事件の全貌を、同時刻8人の視点で明かしていくサスペンス。
    あの警官はなんでテロリストの女性とつきあうことになったんだろ。
    まんまとだまされちゃったのね。
    大統領役はウィリアム・ハートだっだのね。替え玉とふた役?
    カーアクションすごかった。仲間内にテロリストのいちみひそんでいたのにはびっくり。
    確かに同じシーンを何度も見せられた感はあるけど、展開のスリルと面白さでひきつけられたわ。

    Vantage Pointo 2008 年 米  90分
    監督 : ピート・トラヴィス
    出演 : デニス・クエイド マシュー・フォックス フォレスト・ウィッテカー

  • BS字幕。2度目。よくできてる。気になるのは観光客の体力がすごいこと。普通のお父さんはあんなに走れません・・・。

  • これもamazonで意外な拾い物、との声が多いので見る

    前半は大統領狙撃と爆弾事件
    これを羅生門スタイルで見せる

    TV局の中継車(シガニー・ウィーバー)
    シークレットサービス
    女にほれている刑事
    観光旅行中の黒人米国人のカメラ
    米国大統領
    弟を人質に取られた男
    あとアイスクリームの女の子

    後半はカーアクションでの追跡
    スペインが舞台だが、ロケ地はメキシコみたい。
    メイキングを見ていたら道路封鎖のはずが、
    一般人がどんどん入ってくる、とのこと

    おかげで迫力?のあるシーンに

    倒れた救急車が滑ってくるシーン
    救急車の中に別の車を入れる?
    予算と撮影時間の都合でトラックで押してデジタル処理

    爆発シーンは本当に撮ってデジタル処理

    アナと黒人男性カメラの部分は???が多いけれど
    90分くらいだから勢いで見せる

  • SPvs暗殺組織。…以上(笑)
    うーん、シンプルイズベスト♪
    多視点、巻き戻しぃ〜巻き戻しぃ〜で徐々に明らかになる展開。
    後半のカーチェイスがド迫力。走る、走る、避ける、避ける。ぶち当たるわ。スピンするわ。久しぶりにワイヤー臭くない痛快なカースタントを観た。
    面白かった♪

    ただ…、主役がオジ(イ?)サンっ!( ̄▽ ̄;)シツレイナワタシ

  • テレビドラマ24並みのハラハラドキドキ。それが最後まで止まらない。構成が素晴らしい。事件を次々と様々な登場人物の目線で見ていくのだけど、今まで見えてたものが違って見えたり違う意味を持ってたり。オチは偶然に頼ったものだったけど、大満足。

  • 大統領狙撃を狙うテロリストとSPの攻防という、
    ありがちな話ですが、
    構成が凝りにこっているので面白く見れる。

    色んな登場人物の視点がジャンプして、
    事件の謎が少しづつ明らかになっていくザッピング形式の展開。
    これで単純な話が凄く面白くなってる。

    ほんとに事件前後の数時間に絞っているのも思い切りが良くていい。
    登場人物の背景とか事件の背景とかすっぱり削って、
    展開と構成の面白さで勝負するっていうのが伝わってくる。

    3日後には観たことすら忘れてそうですが、
    スカッと見れるという意味ではいい映画なのでは。

全134件中 1 - 25件を表示

バンテージ・ポイント CE [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

バンテージ・ポイント CE [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

バンテージ・ポイント CE [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする