NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD]

  • 17人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 山本肇  長谷川勝彦 
  • NHKエンタープライズ (2008年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988066160769

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近代史を学び直す必要と強く感じて、あれこれ探していった際に出会ったNHKのドキュメンタリー。
    シリーズで6作あるが、戦史の出来事や経過のみを語るのではなく、それが何故起こったのか、その時、どのような人々が、どのような考えで、どのように判断していったのかなどが丁寧に検証・分析され、さらには指導者たちの経歴にも踏み込んだ、現代への警告に満ちた、いずれも名作。

    同時に、同じNHKのドキュメンタリー「証言記録 兵士たちの戦争」も見ると、太平洋戦争の各地の戦闘が、いかに無計画で悲惨なものなのかが、さらに良くわかる。
    ことに疑問に感じるのは、環太平洋の各地の戦地で起こったことが、どれも似通っていることに気づく。同じ無計画、同じ補給計画の軽視、楽観的な見通し、判断の遅れ、国際情勢の無理解、同じ無謀かつ無策な作戦(斬り込み)の繰り返しだ。
    そして、嘘の報告、間違いの無訂正、情報の無共有など、戦時体制下とは考えられないような事実が続く。
    また、これらによって起こった結果への反省や学びがない。それは、同じ愚策が繰り返されていることによってもわかる。
    一度、手にした栄光・成功に固執し、奢り、他者を見下し、そのやり方にしがみつき、進歩することを拒み、結果として時代の趨勢が読めず、愚かな敗退を繰り返している。
    甘い予想と古くさい戦術・戦法・戦力(兵器)を、精神力と気合いのみで押し進める態度を見ていると、日本人というのは本当に「頭が悪い」のだな、と思うに至るしかない。時に、理性的に現状を理解して意見を述べる人がいても、彼らは孤立し、意見は取り上げられず、愚策が繰り返され続けた。そして、そのたびに何千・何万人もの人々が死に続けた。

    日本人は愚かなのだろうか。
    島国に住んでいるためなのか、客観的かつ理性的な判断ができず、他国との関係性や他国人の感情を配慮する感性にも欠け、いたずらに高いプライドだけを持ち、また、一番問題なのは、過ちを認めようとせず、反省と修正が行えないということだ。
    よく「日本人は気持ちを察することに長けている」という評価があるが、それは同じ考えの者同士にのみ通じることに過ぎずで、他国や他の考え・文化などには、限りなく不寛容なのではないだろうか。想像力に欠け、思いやりに欠けている。愛国心や同胞愛には富んでいるかもしれないが、自分と違うものには冷淡かつ残酷で、軽蔑心を持って、受け入れようとしない。これでは交流は成り立たない。
    当初、そう思いながら見始めたのではなかったのだが、見ているうちに、その愚かさが際立ってきて、これまで思いもよらなかった「この人たちは、頭が悪いのだな」という結論を確信するに至ってしまった。

    これは、まさに今の東日本大震災と原発事故の対応と酷似している。つまり、日本人は太平洋戦争から、何一つ変わっていないということだ。
    日本人は愚かな上に、過去の歴史・出来事から、何一つ学んでいないのだろうか。戦争に限らず、公害に対しての対処にも同様のことを感じる。
    そんなことから類推するに、日本人の特徴が見えてくる。

    ・甘い見通し、希望的観測に傾斜しがち
    ・精神力に過大な価値を見いだす
    ・過去の栄光や成功にしがみつき、さらなる進化を怠る
    ・過去の栄光によるプライドが高く、奢り高ぶりが強く、
     他者を見下す傾向が強い
    ・過ちや負けを認めたくなく、正しい自己評価ができない
    ・客観的、理性的、長期的なデータに基づく判断が苦手
    ・変化、変更が苦手で、転換、挑戦を嫌う
    ・互いに意見を述べて、公正な議論をすることができない
    ・そもそも自分の意見を述べることが苦手
    ・根拠のない強硬な自信に対し、理性的な反駁ができない
     また、反対意見に対しての不寛容性が強い
    ・立場や制度、階級に弱い

    書いていると悲しくなってきますが…。
    でも、こういった特性を理解し、自覚して、そこから始めないと、日本人は国際社会においての信頼を損ない続け、孤立を招きかねない。
    日本は島国なので、自覚症状が大きく不足してしまいがちだが、当然、日本も地球の上で生きている。他国、他者との関係性を重視し、尊重し合い、助け合ってしか生きていくことはできない。それらを理解し、対応することこそが「外交」ではないのか。

    PS:
    それから、政治に対しての無知・無理解と無関心も、そろそろ脱却しなければ。他人任せにしていると、太平洋戦争に突入した時のような固定観念から一歩も変化できない驕り高ぶった「上層部」が、また愚かな舵取りをすることになるだろう。
    これまでは、それでも、政治に関わる人たちは、頭の良い人たちの集まりだと思ってきたところがあったのだが、考え方を大きく変えなければならないのかもしれないと思っている。

    ドキュメントは以下で、無料で視聴が可能です。
    http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/list.cgi?cat=special

  • マルチメディア室 : 210.75/NHK

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 BOX [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする