ドレスデン・ファイル DVD-BOX 2

  • 11人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
出演 : ポール・ブラックソーン  ヴァレリー・クルス  レベッカ・マクファーランド  テレンス・マン 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2008年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427641419

ドレスデン・ファイル DVD-BOX 2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハードボイルドな魔法探偵もののファンタジー小説を
    そのまま映像にしたみたいな。

    近年の映像って主人公がやたらカッコ良すぎるものが多く
    リアリティ的になんか・・・という感じでしたがコレは
    王道的に汚らしくてダメっぽい主人公なので変な感動を覚えました。

    さすがニコラス・ケイジ製作、というのもあるのでしょうか。。。

  • 『ドレスデンファイル』[ THE DRESDEN FILES ]BOXⅡを見終わって、シリーズを通してのお気に入りは主人公ハリー・ドレスデンではなくて、相棒のボブ。

     ボブこと“ベインブリッジのロスベルト”は、かつては知らぬ者がいないくらいの大魔法使い。その彼が、魔女ウィニィフレッドを愛してしまったことから悲劇は始まることに。
     ウィニィフレッドが魔女ということだけで人々から忌み嫌われ、はてには“聖なる矢”によって射殺されてしまうことに。
     それを知ったロスベルトは悲嘆にくれ、ついにその哀しみに耐え切れられなくなり、禁じられた黒魔術を用いて愛しきウィニィフレッドをよみがえらせてしまいます。
     それを知った最高評議会は容赦なく地の果てまでロスベルトを追いかけ、ついに彼を捕らえ審問会にかけます。
     下された判断は、モーニングウェイによって死よりもつらい自らのドクロに封印されてしまうこと。
     そのボブがモーニングウェイ一族の末裔ハリー・ドレスデンと巡り合い、彼の育ての親代わり・教師、成人してからは、彼のよき相談者・助言者・相棒となり、不可思議な事件を解決していくことになるのです。

     彼の佇まい、イギリス人っぽい独特の喋り方・言い回し、存在自体がこの作品の絶妙なアクセントになっていて、重要な位置を占めています。

     しかしこの髑髏、後頭部に大きな傷があります。ブレナン博士ならこの傷から凶器を割り出して、殺された?時の状況がわかるはずなんですが、そういうのって無理なんですよねぇ。

     BOXⅡに収められている6話を簡単にまとめておくと、

    第7話「壁」;ハリーの目の前で、轢き逃げされたナンシー。彼女の手帳には“ケイレブ”と書かれた写真が。ナンシーの部屋には、彼女には似つかわしくない高価なネックレスが。

    第8話「魔を呼ぶ嵐」;心臓は爆発していたが、とくに外傷もない2つの遺体。調査をした最高評議会は、第一容疑者としてハリーの名前をあげる。

    第9話「もうひとりの自分」;今後も捜査に関わるら私立探偵免許を取れと、ロス市警に求められたハリーは、免許取得のため私立探偵ブレナンの講習を受けることに。

    第10話「不慮の死」;ボブが封印された髑髏を盗まれ、慌てふためいているハリーのところへマーフィーが殺人容疑で現れた。

    第11話「自己防衛」;ハリーの事務所にマーフィーがやって来たのと相前後して、最高評議会の執行人モーガンが負傷した魔女を抱えて事務所に入ってきた。

    第12話「第二の街」;街中で元ギャング団の男の遺体。死因は溺死だが、近くに水のある場所はなく、胸部には五芒星の焼印が押されていた。

     豆狸には、ピッタリとハマッた『ドレスデンファイル』、ジム・ブッチャーの原作のほうは現在シリーズ10巻までハヤカワ文庫FTより出版されているところから、ネタ的には大丈夫とは思う物の、シーズン1の視聴率が低調だったせいか、制作費の問題、キャストとの契約のトラブルか、ハッキリとした理由はわかりませんが、シーズン2の話がまったく聞こえてこないのは寂しい限りです。

     コレで今のところ海外ドラマでは、犯罪捜査物では『ボーンズ-骨は語る-』。対テロ物では、『スペシャル・ユニットGSG-9 対テロ特殊部隊』。SF物では、『ギャラクティカ』。戦争物で
    は『バンド・オブ・ブラザース』。怪奇物では『ドレスデン・ファイル』。医療物では『ER』ってトコが、豆狸の不動のナンバー1になっています。

全3件中 1 - 3件を表示

ドレスデン・ファイル DVD-BOX 2はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする