papyrus (パピルス) 2008年 08月号 [雑誌]

  • 14人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 幻冬舎 (2008年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910175970885

papyrus (パピルス) 2008年 08月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トキノオ4話

  • 特集斉藤和義「分かりにくさの向こうに」なので、欲しいですが
    このページ数・内容で\730は割高に感じてしまったので…購入は見送り。

    巻頭白黒でせっちゃん上半身ヌードとかのグラビア!
    新宿ララバイやらなんやらの歌詞解説とか、著名人が語る斉藤和義とか悪くはなかったですけどね。
    つくづく自分は、斉藤和義のビジュアルじゃなくて作品が好きなんだなぁと。
    (風貌含めてカッコイイですけどね。斉藤和義というキャラクターを踏まえた上でのもので、アイドル写真のように単に被写体がカッコイイために撮っているわけでもないのは分かっているけど、グラビアにはあまり興味がなかったわ)
    被写体としての斉藤和義も大好物!という人には買い!だと思う。

  • 「大文字納涼天狗合戦」

  • たぬきシリーズ第2部の第三話 「大文字納涼天狗合戦」

  • 顕さんの連載。第一回。どう転ぶのか。

    そして、文学作品を知らない人間としては、雑誌の中で「今はやり」とか、「のってる」とか、そういうひとたちの文を見るのが役立つ、というか、面白い。
    それにしてもこういうの書く人たちは、悩みがつきないのでしょうなあ。人間はそうあるべきなのか。

    それは「ぶんがく」と呼ばれるものを読むと常に思いますね。

全5件中 1 - 5件を表示

papyrus (パピルス) 2008年 08月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする