ドッジボール (特別編) [DVD]

  • 28人登録
  • 3.06評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ローソン・マーシャル・サーバー 
出演 : ベン・スティラー  ヴィンス・ボーン  リスティーン・テイラー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142679826

ドッジボール (特別編) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見る価値なし

  • アメリカ映画のコメディ俳優の演技は、過剰気味なんじゃないかと思うことがままある。ベン・スティラーは、もちろん過剰だ。張り切りすぎて、その真剣さが怖い。でもそれがおかしいんだけど。


    ドッジボールといっても、日本のルールとはかなり違っていて、とってもアグレッシブ。こんなのを小学校でやっていたら、間違いなく泣いていたと思う。スティラー以外の俳優もなんだかとっても個性的な外見の方がそろっていて、おかしさを盛り上げる。大体、審査員になぜ、チャック・ノリス!? 日本人チームに、角田信朗が、しかも相撲の格好でいるのはどういうこと!? SMのコスチュームは、ただただそれを着たかっただけなんじゃないか?


    時々シリアスなセリフが語られて、おバカなだけじゃないと思わせられるのだが、くだらない場面が多すぎるので、あっという間に、シリアスなメッセージなどは忘れてしまう。それから、ヴィンス・ボーンが、テンション低めに演じているのも印象的。

  •  ぶはははは、なんだこの映画(笑)。

     以前レビューした映画『逆境ナイン』のようなおバカなコメディ映画。個人的にはこっちの方が好きです。だって、『逆境ナイン』以上に何も考えなくてもいいから(笑)。テンポもサクサクしているので、ほんとに30分番組を見ているくらいの感覚で、気づいたら90分が過ぎていました。思わず声を上げて笑ってしまったシーンもあります。なんだよ、「サンキュー、チャック・ノリス」って(笑)。反則だろ……。まあ、コメディ内容には、ちょっと変態チックなものも多くあるんですけどね。
     それでいて、熱いシーンもあり、感動のシーンもあり……。なんかよくわかんないけど、最後のシーンにはジーンとくるものがありました。ほんと、よくわかんないんだけど。

     あ、あとクリスティン・テイラーがすごくかわいかったです。


    【監督】ローソン・マーシャル・サーバー
    【出演】ヴィンス・ヴォーン、ベン・スティラー、クリスティン・テイラー 他
    【制作国】アメリカ
    【公開年】2004年
    【公式サイト】 http://movies.foxjapan.com/dodgeball/

  • こりゃひどいなー。良い意味でも。悪い意味でも。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする