Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]

  • 860人登録
  • 3.35評価
    • (70)
    • (123)
    • (251)
    • (56)
    • (14)
  • 164レビュー
監督 : 筧昌也 
出演 : 金城武  小西真奈美  富司純子  光石研  石田卓也 
  • VAP,INC(VAP)(D) (2008年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021131469

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファンタジーな感じなのでダイナミックな展開はないものの、見た後にちょっとほっこりする作品。
    OLとヤクザと床屋のお婆さんの人生が少しずつリンクしていく様子は、映像化すると先が読めてしまうのがちょっと残念だけど、ストーリーはちょっと優しくてちょっと悲しくて。その絶妙なバランスが好き。次は小説で読んでみたいと思った。

    それにしても、一人一人にとって「死」というものは色んな意味を持つんですね。辛い思い出だったり、生き様だったり、当たり前だけど特別なものだったり。私にとって「死」って何なのかな?って少し考えてしまった。とてつもないインパクトを残す作品じゃないけど、ほんの少し余韻が残る良い映画だと思います。

  • 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ……。
    「Yahoo! Japan 映画 あらすじ」より

    たまたま手に取った映画.原作は読んでない.
    死神の千葉が歳とらないから途中までつながっていることが分からなかった.最後にいろいろつながって、ああ、面白い映画だったなと思った.最後の方の時代の描き方が、、え、そんなの出す!?と後から思うけど、まぁ、時間が経っているということを表現したかったのかな、と.
    死神がその生死を判断するときにその人に問いかけることばと、その人の答えがいい.人によって年代によって答えが違う.当たり前のことかもしれないけれど、その答えは同じ人でもきっと問いかけられる年齢や時期によっても違うだろう.
    死神が「実行」ためらうような何かを自分はもっているかな、と自分の心に問いかけてみる.
    死ぬということを考えることは、つまりは、生きるということを考えること.原作ではきっともっと具体に掘り下げてあるんだろうな、と思う.

  •  原作が好きすぎるので映画化は不安だった。ストーリーは結構変えられてたり端折られてたりして、やっぱり原作のほうがいいんだけど、でも、この映画は好きだな。
     金城武の死神・千葉がすごくよかった。なりすます人間に合わせて、がらっと雰囲気が変わるけど、でもやっぱり死神の千葉なんだ。
     俳優さんってすごいなあと思った。

  • 昔、原作の小説を読んで感動したんだよね。
    だからDVDになってすぐ借りたんだけど最初の予告で寝ちゃって・・。
    それ以来すっかり疎遠になってたんだけど思い出して今頃観てみました(遅)

    金城武・・・意外といいね(笑)
    ただ犬の字幕・・・しょぼくない?
    あと伏線が大げさすぎ。
    もっとさりげない方が面白かったような。
    それとも原作知らないで観たらやっぱりもっと面白いのかな?
    伊坂さんのあとからどんでん来て驚く感じが基本的に好きなのでちょっと物足りなかった感はある。

    好きな役者さんが多く出てたから★4でもいいかなと思ったけど結果泣けなかったからやっぱり★3で。

  • 何年も前に伊坂幸太郎を読み漁っていたときに読んでた小説の映画化作品。正直あらすじを読んでも全く記憶に蘇らないほど内容を忘れてた。
    最近よんだ、魔王に出てきた千葉、なんかの作品の登場人物だろうと思っていたらこれだった。魔王の千葉出てくるところだけでもまた読み直したくなった。
    小西真奈美も金城武も魅力的だったし、いろいろと忘れてた分だけ新鮮で面白かった。
    気分が沈んで仕方ないときに、励ますんじゃなく包んでくれるような作品。死ぬことを否定とか肯定するのではなく、大切なことって考えるのは良いなと思う。

    あくつの生き様に与えた、母親、兄貴分の影響を想像するに本当にひと1人が持てる人生という限られたときを超えるものってあるなと思う。ミュージックだってそれこそときを超えるものだし。死生観がちょっと変わる、というかいろいろ考えさせられる。

    以下気になった言葉。


    あんた、自分を信じているか?ああ、信じてるよ。俺はいつだって、自分に期待してんだ。死に様はそのまま生き様なんだ。
    さあな。死ぬ気で生きるんじゃないか。
    死ぬってことについてどう思う?特別なことじゃない。けど、大切なこと。
    特別じゃないけど、大切なこと。

  • 原作を数年前に読んでの鑑賞
    以下ネタバレ

    金城武!!金城武の喪服!!
    どんな格好も恰好いいよ。
    小西真奈美の暗い演技はやっぱりいい。
    ありふれた世界観なのに、
    金城武が感情が芽生え始める時が素晴らしい。
    富司純子無双!!それまでの全部を持っていかれた!!
    最後のシーンが美しくて劇場で観てよかった。

    ●総括
    本のイメージより、SweetRainというだけあって甘くなって、女子好みになっていたと思う。(私はめちゃくちゃ良かった)
    こにたんのCDを買うくらい好きな映画

  • 伊坂原作の映像化作品の中でまぁまぁかなと思えた1つ。
    情報本部を犬にしてみたり、美容室のお話が結構改変されていたりっていう違いに加えて何より、千葉のキャラクターが人間くさかった印象。もっと浮世離れ感があっても良い気がする。

  • 原作をかなり前に読んでいますが、あまり記憶に残っていません。ですから、新鮮な感じで見ることができました。なるほどなあと言う感想です。一番感じたのは小西真奈美さんが、愛おしいことでしょうか。

  • 【見どころ】
    聞けそで聞けないSunny Day

    【あらすじ】
    不慮の死が予定されている人の7日前に現れ、その人が死に値するか観察→『実行』か『見送り』の判定を下す死神・千葉が出会った3人の予定者。ちなみに人間界に登場するときはいつも雨。1人目―家族、恋人、と愛する者が皆死んでいく不幸で顔が地味なテレホンオペレーター・一恵。しつこいクレーマーに悩まされる暗く孤独な日々。2人目―昔気質で情に厚いヤクザ・藤田。兄貴分を別の組に殺され、仇討ちをしようとしている。3人目―人里離れた海辺でロボットと暮らす老美容師。千葉を一目で死神と見破る。

    【以下ネタばれあらすじ】
    1人目のオチ―会いたいとしつこかったクレーマーは実は著名な音楽プロデューサーで一恵の声にほれ込んでいた。音楽好きな千葉は興味を覚え『見送り』に。

    2人目のオチ―舎弟・阿久津は母親に捨てられDQN化していたところを藤田に拾われ藤田を尊敬していたが、別の組に藤田の情報を売るという板挟みに悩み、別の組側を裏切る→しかし千葉ごと拉致→藤田が助けに来て別の組全滅。実は千葉が『実行』に判定したため藤田は千葉が来てから7日間は死なないのだ!普通に交通事故死。

    3人目のオチ―死期を悟った美容師は千葉に7歳くらいの男の子の客を大勢連れてきて欲しいと頼む。実は千葉が来る前、昔捨てた息子が孫を見せに来ると連絡があった。愛する者が皆死んでいく事実に息子を手放した過去があるため、実の孫と対面し愛してしまうことを恐れたためだった。つまり美容師=一恵、息子=阿久津。

    藤田の意思を受けて阿久津も真っ当な仕事でがんばっていた。一連の事実に気づいた千葉の前に青空が広がる。

    もともとこの映画は予告編でちょっと気になっていたのと、オチが意外な映画を見たいと思って『アヒルと鴨~』を続けて見たのだが、どちらも原作者が同じ伊坂幸太郎でしたね。

    死神~の方はうまいことつじつまが合っていくのがほんのり面白かったですが、オチが意外というほどでもなかった。

    原作(6話オムニバス)では微妙につながりが違うらしい。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 原作を久々に読んだので映画のほうもかなり久々に再鑑賞。
    ほぼ記憶に残ってるんだけど、死神と老女だけまったく記憶になかった。
    まあ最後の改変は恋愛で死神がエピソードに入ってないから仕方がないけれど、あのロボットみたいな女子はなんなの?アレ必要?
    まあキャスティングもかなり良かったし、コニタンがMAXかわいい時の映画なのでそれだけでよし。
    しかし富司純子がすごいのかコニタンがすごいのか監督がすごいのか分からんが、コニタンと富司純子が完全に同一人物だった。
    すごいわ。続編も金城で映画化してくんないかな。

全164件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする